So-net無料ブログ作成
検索選択

Uボート [戦争映画の本]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ロータル=ギュンター・ブーフハイム著の「Uボート」をやっと読破しました。

あの、映画「U・ボート」の原作です。
2年前に購入したものの、ノンフィクションのUボートものばかり読んでいたので
すっかり本棚でお休みになっていました。
いま、読了後にDVDでディレクターズ・カット版も久しぶりに見直したところです。

Uボート.JPG

この映画をはじめて観たのがいつだったかは憶えていませんが、
「ネバーエンディング・ストーリー」をロードショーで観た時に「コレがあの監督の映画?」
とビックリした記憶があるので、だいぶ昔になりますね・・。
それ以来、TVシリーズ版も含めて、何度となく観ては「脱力感に襲われる」という
大好きな映画です。
良い映画の要素にはサントラも大いに関連しますね。
この映画のテーマ曲も大好きです。



映画も長いですが、この原作もボリュームたっぷりです。
ストーリーやメインとなるエピソードにほとんど違いはありません。
その分、主人公の従軍記者の少尉が艦長や機関長との会話のなかで、
Uボートに関する詳細な情報が語られます。
主人公は艦橋の見張りにも就き、それが4時間交代で、重い双眼鏡を持つ手の辛さなど
映画ではわからない心境も語られます。

dasboot_01.jpg

また水兵たちの会話というか「猥談」の出てくる頻度は半端じゃありません。
映画でも後半、地中海への作戦命令がもたらされたシーンで
「ジブラルタル海峡は処女のように狭いんだぞ!」というやり取りが出てきますが、
数倍ドギツイ表現が随所に登場してきます。
特に魚雷を装填するときの「掛け声?」はあまりにバカバカしくて
思わず、ニヤリとしてしまいました。

das-boot9.jpg

登場人物の細かい違いとしては、映画では能力いま一つでたまに艦長に生意気なクチを聞く
操舵長が原作では非常に優秀だったり、ヒトラー・ユーゲントあがりの「先任」が
原作では徹底的な嫌われ者で、最後には中立国であるスペイン籍の船を
誤って撃沈しそうになり、顎をガクガクさせてしまったりと、まぁ、軽い悪役です。

dasboot_05.jpg

「幽霊」の仇名の機関兵曹長ヨハンは映画でも爆雷攻撃を受けている際に
「キレて」しまったことで非常に印象的ですが、
この「キレて」しまうのは別の機関兵だったりします。
登場人物が多いので、映画ではヨハンになるのは正しい選択でしょうね。
そう言えば、「キレて」しまったことを艦長に謝りに行くシーンでヨハンが着ていたのが
「ヴィットマン」のUボートジャケットと言われるものにソックリです。

dasboot1.jpg

この「幽霊」ヨハン。原作では前半に1度だけ艦橋に上がってくる場面があります。
このときの「次席」の機関員に対するあざけるようなコメントは最高です。
この本で一番お気に入りのシーンですね。

Willenbrock_u96.jpg

また勉強になったところでは、タンカーを撃沈したものの乗組員の救助が
命令により禁止されているという場面で、「撃墜した航空士は救助するべし」
との命令が一方であったということです。
これは「尋問で情報を引き出す」ための処置だそうですが、いままで読んだ
Uボートものには書かれていなかった話のように思います。

Heinrich_Lehmann-Willenbrock.jpg

最後に、この原作では艦名も艦長の名もわからないまま終わってしまいます。
しかし、著者のブーフハイムがこの当時、乗艦していたのが「U-96」であり
ときの艦長が柏葉騎士十字章を拝領する「ハインリヒ・レーマン・ヴィレンブロック」
であったというのは、ワリと知られた話のようですね。

Heinrich Lehmann-Willenbrock on the set with Jürgen Prochnow.jpg










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ヒトラーの外交官 -リッベントロップは、なぜ悪魔に仕えたか- [ヒトラーの側近たち]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ジョン・ワイツ著の「ヒトラーの外交官」を読破しました。

言わずと知れた第三帝国の外相であったリッベントロップ伝です。
1年半前に購入したものの、なかなか読むキッカケがなく
クルスクの戦い」で息子の活躍を読んだ勢いでやっとページを開いてみました。
ニュルンベルク裁判の拘留中に本人の書いた回願録をベースに、
ヒトラーの通訳も務めたシュミットの発言などで裏付けしているというのが基本構成です。

ヒトラーの外交官.JPG

まずは彼の生い立ちからです。
「フォン」という貴族の称号をおばさんの養子になることで買ったということや
それよりも有名なシャンパン業者という経歴の紹介に続き、
台頭してきたヒトラーの上流社会や外国人に疎いところを指南するチャンスを得るものの、
逆にヒトラーの影響をモロに受けてしまうことに・・。
それなりにヒトラーには重宝されますが、入党も遅く、古参のナチ党員から疎んじられることからか
親衛隊に入隊して頑張っている所も大いにアピールしようとします。
嫁さんがなかなかのもので、常に尻に引かれていると周りからも思われていたようで、
ゲッベルスゲーリングは笑いのネタにもしている感じです。

Joachim_von_Ribbentrop.jpg

ナチス政権発足当初から外相を務めていたノイラートとライバル関係となりますが、
なかなかその座は得られず、「大使」として英国などとの交渉に挑みます。
本人は定年の近いノイラートの後任は間違いなく自分であると言い触らして
ヒトラーから叱責を受け、すっかり落ち込んでしまい、
ゲーリングやゲッベルス、ローゼンベルクが次期外相候補に挙げられたそうです。
最終的には空軍や宣伝といった本職に専念すべしとのヒトラーの考えから
めでたく外相に就任するのでした。

von Neurath.jpg

防諜部長官のヴァルター・シェレンベルクがパリの愛人、ココ・シャネルのもとから
呼び戻され・・・という話も出てきます。
この本の記述だけでは本当かどうかはわかりませんが、割と知られた話である
ココ・シャネルの愛人のナチ高官というがシェレンベルクだったというのは初めて知りました。
下世話な話ですが、30歳そこそこのシェレンベルクに対してココ・シャネルは50台後半ですね。

coco-chanel-1.jpg

シェレンベルクが呼び戻された理由はウィンザー公に関する有名な策謀によるものですが、
ちょっと調べてみると、この話は「鷲は舞い降りた」のジャック・ヒギンズが別名で
「ウィンザー公掠奪」というシェレンベルクが主人公の小説を書いてるんですね。
「鷲は飛び立った」にも登場しているそうですが、これはまったく記憶にありません。。
シェレンベルク本人も「秘密機関長の手記」という、まるで密輸船ものみたいな
邦題のついた本を出していました。
これはちょっと古い本で、さすがに売っていません。
主役であるはずのリッベントロップが悲しいほどに面白味のない人物なので、
ついつい、このような個性的な脇役に興味がいってしまいました。

Walther  Schellenberg2.jpg

「親衛隊大将(分隊長)」とか、当時大尉の階級のスコルツェニーが「大佐」だったり
ロンメルが「戦車兵出身」などという意味不明な記述も散見されます。
著者はこの手の部分は得意じゃないのかも知れませんが、
ひょっとするとただの誤訳なのかも・・。

また、ヒトラー発祥国であるオーストリアがドイツとの人口比率からして、
SS隊員が多かったと分析しており、特に「特別行動隊=アインザッツグルッペン」や
「髑髏部隊」、即ち収容所の看守が多かったということや
悪名高いアイヒマンやカルテンブルンナーなどがオーストリア人であることを挙げて、
暗にドイツ人より、残虐な国民であるかのように解説しています。。
これは同じSS隊員でも前線部隊の兵士はある程度マトモで、
強制収容所の看守は極悪非道な人間という安直な発想であると思いますね。

kartenbrunner_Eichmann.JPG

リッベントロップのハイライトとも言える「独ソ不可侵条約」締結から、
それを破棄してしまった1941年の「バルバロッサ作戦」以降の彼の活躍は
まったくと言っていいほどなくなってしまいます。
その後の終戦まで、なぜ彼が外相の地位を維持し続けることが出来たのかに
興味があったんですが、特にそれには触れられず、
ここからはあっという間にこの本も終わってしまいます。

HitlerRibbentrop.jpg

結局、大戦中は外相としてするべきこともなく、ヒトラーもイエスマンである彼を
解任する必要も無かったということなのでしょう。

この本を読むまで、ニュルンベルクで絞首刑となった彼の犯罪性とはなにか?
良くわからずにいましたが、読み終えても結局良くわからないままです。。。
成功して認められたいと思う、若干気の弱いどこにでもいるような人間が
その地位を失うことを怖れて、最後までヒトラーに追随してしまった・・
ということだけなのでしょうか。



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

SS戦車隊 [パンツァー]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ヴィル・フェイ著の「SS戦車隊」を読破しました。

著者のフェイはSS第102重戦車大隊のティーガー戦車長を務めた人物で
ノルマンディでの戦いから戦車駆逐班としてベルリン防衛戦まで
戦い抜いたという経歴をもっています。
1943年の第3次ハリコフ戦から始まる本書は、主に上巻においては
第1SS師団ライプシュタンダルテ、第2SS師団ダス・ライヒ、第3SS師団トーテンコップ
各戦車連隊に所属する戦車長たちの戦記、または戦闘日誌で構成され、
続く下巻ではSS第101(501)重戦車大隊~SS第103(503)重戦車大隊の
ケーニッヒスティーガーの戦いざまが中心となっています。

SS戦車隊.JPG

著者も含めほとんど無名の若き戦車長たちの戦闘記録ですから、
その大局的な状況、例えば師団や軍レベルの置かれた状況は
最低限の記述しかありません。
このために、ある程度の戦役を理解している人でないと
ちょっと難解な所もあるかも知れませんね。

will fey.jpg

それを補っているのが大部分のページに小さいながらも掲載された写真と解説で
最初のダス・ライヒの場面では
戦車連隊長のタイクゼンSS中佐の写真が載っているという具合です。
最近、個人的に興味のあるタイクゼンSS中佐は、本文中にも度々登場して来て
その男っぷりを見せつけています。
う~ん、格好良いですね。ファンになりました。

Christian_Tychsen2.jpg

ライプシュタンダルテやそれを母体とする第12SS師団ヒトラー・ユーゲント
SS第101重戦車大隊では、マックス・ヴュンシェからパイパー、ヴィットといった有名どころも
しっかりと、ヴィットマンに至っては「チェルカッシィ」の戦いの記録も出てきます。

アルデンヌ攻勢におけるダス・ライヒ所属のパンター戦車の戦いはとても印象的です。
志願して通信手となったばかりの曹長は次々と被弾する衝撃波に耐え切れず
「ここから出してくれ!」と喚きはじめ、
とうとう完全にイカレてしまい、戦車から飛び出して行った・・。
この本ではどちらかというと、ダス・ライヒの記録が多く含まれています。
パンター乗りとして有名なエルンスト・バルクマンSS伍長はある意味エース格です。

ErnstBarkmann.jpg

剣柏葉騎士十字章受拝者として有名なわりには
あまり翻訳されたものに登場してこない
デア・フューラー連隊長のオットー・ヴァイディンガーSS中佐も
(小さいけど)写真付きです。

Otto Weidinger.jpg

キュストリン要塞の攻防ではヒトラーの死守命令を無視して脱出した要塞司令官、
ライネフェルトSS中将が逮捕されたという話がありました。
この人はあのワルシャワ反乱の鎮圧部隊を当初指揮した人ですね。
キュストリン要塞の司令官だったとはまったく知りませんでした。

Heinz Reinefarth2.jpg

後半、ソ連軍に包囲されたブッセの第9軍がヴェンクの第12軍と合流すべく
西方への脱出を目指す戦いでは、
元グロースドイチュラント戦車連隊長ラングカイト少将率いる
クーアマルク師団もSS重戦車大隊と共に見事な活躍をみせています。

pzgr-div-gd-panther-langkeit.jpg

最後のベルリン防衛戦ではシャルルマーニュ大隊長アンリ・フェネSS大尉による
戦記がとても興味深く読めました。
戦後、帰国したフランスでの有罪判決から開放されるまで記されています。
また、ナチ党官房長官マルティン・ボルマンが少将の制服に身を包み、
ベルリンから脱出を図る様子も出てきます。

martin_bormann.jpg

名戦車パンターによる多数の戦果より、
Ⅳ号戦車と鹵獲T-34で60両以上もの戦果を挙げた
強者を賞賛する戦車兵の感覚が知ることが出来たり、
生々しい戦車内での戦闘の様子や、
ティーガーをまるで生きている友達のように扱う戦車兵たちの姿も楽しめますが、
こう様々なドイツ本を読んでいると、以前に印象的なチョイ役で出ていた人物が
突然、出てきたりすると「アイツか?!」と嬉しい驚きがあって、こういうのも良いもんです。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

戦争映画名作選 -第2次大戦映画ガイド- [戦争映画の本]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

柳沢 一博 監修の「第2次大戦映画ガイド」を読破しました。

先日、偶然にamazonで発見した一冊を番外編的に紹介します。
戦後50年、そして映画100年にあたる1995年の発刊ですが、
このような本が存在していたことを今までまったく知りませんでした。
表紙を飾る写真も自分の好きな映画ばかりでワクワクします。
特に中央にデン!と構えるのは「将軍たちの夜」のサイコなタンツ中将です。
大好きなピーター・オトゥールの鬼気迫る演技が最高な映画ですね。

世界映画名作選.JPG

本書には邦画も含めて144本の映画が紹介されていますが、
いやいや、タイトルすら知らない映画もありました。
また、観ていない有名な古い映画でも「えっ?そんな内容なの?」という発見もあって
軽くパニくってます。。。
大部分を占める洋画のなかでも1/3程度しか観ていないので、
今回はこの本を読んで、観てみたくなった映画を挙げてみたいと思います。

『地獄に堕ちた勇者ども』 (1969) イタリア/西ドイツ/スイス
クライマックスは「長いナイフの夜」だそうです。

地獄に堕ちた勇者ども [DVD]

地獄に堕ちた勇者ども [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


『パリは燃えているか』 (1966) フランス/アメリカ
まだ観てません。そして相変わらずDVD売ってません。
PARIS BRULE-T-IL.jpg
『鬼戦車T-34』 (1964) ソ連
すごいタイトルで有名ですが、ドイツの捕虜収容所からT-34ごと脱走するという実話!

鬼戦車T-34 [DVD]

鬼戦車T-34 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アイ・ヴィ・シー
  • メディア: DVD


『ネレトバの戦い』 (1969) ユーゴ/西ドイツ/アメリカ/イタリア
ユーゴ・パルチザンの戦い。オールスター・キャストでユーゴの工兵演じるはユル・ブリンナー!
BITKA NA NERETVI.jpg
『無防備都市』 (1945) イタリア
ロベルト・ロッセリーニ。

無防備都市 [DVD]

無防備都市 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アイ・ヴィ・シー
  • メディア: DVD


『激戦モンテカシノ』 (1958) 西ドイツ
本文での紹介ではないですが、1958年のドイツ映画だそうです。
DIE GRUNEN TEUFEL VON MONTE CASINO.jpg
『マッケンジー脱出作戦』 (1970) アメリカ
ドイツ版「大脱走」。

マッケンジー脱出作戦 [DVD]

マッケンジー脱出作戦 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD


『クラレッタ・ペタッチの伝説』 (1984) イタリア
ムッソリーニと共に殺害/逆さ吊りにされた愛人の物語。クラウディア・カルディナーレです。
cardinale_CLARETTA.jpg
『若き獅子たち』 (1958) アメリカ
マーロン・ブランドが主役のドイツ将校。

若き獅子たち [DVD]

若き獅子たち [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


『僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ』 (1990) フランス/ドイツ
ポーランドのユダヤ人の少年がソ連のコムソールになったり、ヒトラーユーゲントになったり・・。
HITLERJUNGE SALOMON.JPG
『主婦マリーがしたこと』 (1988) フランス
占領下のフランスで主婦がギロチンに・・。
UNE AFFAIRE DE FEMMES.jpg
『フランスの友だち』 (1989) フランス
独仏混血の脱走兵とフランス人の少年の友情。
APRES LA GUERRE.jpg
『秋のミルク』 (1988) 西ドイツ
「スターリングラード」のヨゼフ・フィルスマイアー監督のデビュー作。
HERBEST MILCH.jpg

ここ数年、DVDレンタルというのをやっていないんで、またお金かかりそうになってきました。
まぁ、でもDVD化されてないのも多いんですね。。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ストーミング・イーグルス -ドイツ降下猟兵戦史- [ドイツ空軍]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ジェイムズ・ルーカス著の「ストーミング・イーグルス」を読破しました。

この「独破戦線」の常連さんならヴィトゲンシュタインの「鷲は舞い降りた」好きを
ご存知のことと思いますが、やっとのこと降下猟兵モノの登場です。
近頃、なぜか空挺部隊の記述のある本を読むことが続き、
「降下猟兵」の勉強をしたいと考えていました。
著者は1943年のチュニジアでドイツ軍降下猟兵と戦ったことのある元英国軍人で、
戦後のドイツ降下猟兵たちとの交流からこの本を書き上げました。

ストーミングイーグルス.JPG

ドイツ軍降下猟兵部隊の創設は1933年のゲーリングの命令による「警察大隊ヴェッケ」から
「ゲネラル・ゲーリング連隊」と拡大して空軍に吸収されていきます。
この過程は「ヘルマン・ゲーリング戦車師団史」で詳細に書かれていました。
しかし、この本ではそちらはあくまで脇役で、主役はクルト・シュトゥーデント将軍
降下猟兵師団の戦史に限定しているので、重複もほとんどなく問題はありません。

Fallschirmjäger.jpg

21章から成る本書ですが「目次」が無いので1940年ノルウェーへの空挺作戦、
ベルギーのエーベン・エメール要塞と"パンツァー"・マイヤーのSS快速部隊と連動した
オランダ降下作戦と続き、早々にドイツ軍降下猟兵部隊のハイライトとも言える
「クレタ島侵攻作戦」が紹介されてしまうと、この後、どうなることやらと
心配になってしまいました。

このクレタ島の戦いは一応、勝利を収めたもののドイツ軍の被害も甚大で
これにより、ヒトラーがその後に大規模な空挺作戦を認めなかったという有名な話も
出てきますが、事実は大規模な部隊を運ぶ輸送機が無かったことのようです。

German paratroopers beeing dropped over Crete by JU52.jpg

結局、降下はしなくとも歩兵としての能力の高い降下猟兵たちは東部戦線に
五月雨式に送られ、レニングラード戦線などで活躍することに・・。
そしてロンメルの補充要請を受けたヒトラーにより、精鋭部隊としてクレタ島で名を挙げた
ラムケ将軍率いる「ラムケ降下猟兵旅団」がドイツ/アフリカ軍団の一員として
エル・アラメインの戦いにも参戦します。

Hermann-Bernhard Ramcke.JPG

イタリアの降伏に伴う、「ムッソリーニ救出作戦」も詳細に書かれています。
シュトゥーデント将軍による作戦立案と、その大部分を占める降下猟兵たちの見事な戦果が、
SS少佐スコルツェニーに完全に奪われたとして、
「スコルツェニーの役目はムッソリーニの保護だけであり・・」と厳しい見方です。
あっちの本との違いが面白いですね。

gran_sasso_skorzeny and mussolini.jpg

「モンテ・カッシーノの戦い」も非常に詳細で勉強になりました。
降下猟兵1人あたりに5㌧の爆弾を投下したという連合軍の凄まじい爆撃を凌ぎ、
反撃を繰り返すドイツ軍降下猟兵をアメリカ軍は「緑の悪魔」と呼び、
アレキサンダー元帥は「世界でかかる厳しい試練に耐え、
凄まじい戦いを示す部隊は他に無い」とチャーチルに報告したそうです。

Kurt Student together with his paratroopers.jpg

フォン・デア・ハイデ大佐率いる降下猟兵部隊は更にノルマンディの防衛戦にも駆り出され、
アルデンヌ攻勢でも久々の降下作戦に挑みますが、
SS第6戦車軍のゼップ・ディートリッヒのとんでもない命令を遂行した結果、
ほとんど何の成果も挙げられず。。
この本では結構、武装SSには厳しめとなっています。

17SS-von Ostendorf and Freiherr von der Heydte.jpg

しかし、SS第500/600降下猟兵大隊については頑張っている様子が書かれています。
特に「ナチス親衛隊SS 軍装ハンドブック」書かれていた「チトー誘拐作戦」はとても詳しく、
また「本当?」と疑うほどの写真も掲載されています。

tito.jpg

この本はとにかく写真が充実しています。
おそらく著者の親交のあったドイツ降下猟兵たちから提供されたものもあるとは思いますが、
とても良い写真が多く、それだけでも大分得した気分です。

最後には降下猟兵の装備などについて具体的に書かれていて、これがまた楽しめました。
百戦錬磨の降下猟兵と言えば「クレタ島の生き残り」すなわち、
袖に「KRETA」のカフタイトルを付けた人物と思っていますが
その人物がやはりカフタイトルをもつドイツ/アフリカ軍団に従軍した場合、どうなるのか?
おまけに所属部隊がヘルマン・ゲーリング師団に吸収されたらどうなるの?
という読んでいてふと思った疑問にも答えてくれています。

cufftitle.JPG

それは、「左袖に「AFRIKA」を上にして「KRETA」のカフタイトルを付け、
右袖に「Hermann Göring」のカフタイトルを付ける」だそうです。



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ: