So-net無料ブログ作成
検索選択

大日本帝国陸海軍〈2〉 軍装と装備 明治・大正・昭和 [軍装/勲章]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

中田 忠夫 著の「大日本帝国陸海軍〈2〉」を読破しました。

3月の「戦時広告図鑑」で気になった、戦時中の各婦人団体の会員章・・。
いろいろと調べていた時に、本書に掲載されていることを知りました。
それ以外にも、各種勲章、徽章類がカラー写真で掲載されているということで、
2010年発刊の大判391ページ、オールカラーの本書を図書館で借りてみました。

大日本帝国陸海軍2.jpg

最初に巻末の著者のあいさつを読んでみると、昭和36年に戦争博物館の創設を計画し、
日本軍の軍装、装備品の収集をはじめ、昭和60年頃からは複製品を作成。
博物館は50年経っても完成しませんが、その博物館に展示する実物の資料を主として撮影し、
掲載したものだそうで、著者は上野アメ横のミリタリー・ショップ「中田商店」の代表者でした。

このお店は小学生の頃から怖いながらも、ちょくちょく入っていたところですし、
現在でも通り掛かった際には、軽く覗いていきます。
う~ん。。こんな何十年も経って、そんな方の本を手にすることになろうとは・・。

nakata.jpg

最初は「原爆ドーム」と、破壊される前の「広島県立商品陳列所」。
それから原爆の威力で一本足になった「長崎山王神社片足鳥居」の写真から・・。
ふ~む。。長崎原爆資料館には行ったことがありますが、コレは知らなかった。
そして世界各国の軍事博物館の写真が35ページまで続きますが、
ほとんどが昭和46年の撮影なので、「東ドイツ戦没者墓地」とか、
「ソ連軍事博物館」といった名称となっています。

sannou.jpg

続いて「明治時代の軍装・装備」で、古くは明治15年頃の海軍の整列写真から、
鮮明で大きな写真が掲載されます。
とは言っても白黒写真ですから、所々でカラーの軍帽と軍服のカラー写真が登場。
特別大演習の集合写真も多く、招待された各国の武官も一緒に写り、
日露戦争時の「陸海軍・第三軍司令部と聯合艦隊司令長官及び其の幕僚」には、
中央に東郷平八郎、隣が乃木希典なのはヴィトゲンシュタインでも判りました。

togo_nogi.jpg

昭和の写真の後、「各種帽子」の紹介です。
日本陸軍ヘルメットに、士官の制帽・略帽と実にカラフルですが、
「陸軍航空暴風面」のインパクトは凄いですね。
細かい解説がないのが残念なんですが、革製なのかなぁ??

dainihon_1.jpg

表紙のような軍服に外套、陸軍マント、海軍飛行予科練制服、各種靴、
落下傘部隊の制服と装備品、軍用時計に手袋、水筒、ホルスター、ゴーグルと、
まるで商品カタログの如きレイアウトで紹介。
ホルスターだけで28種類もある位です。

dainihon_2.jpg

200ページからは「陸海軍募集ポスター」。
先日の「世情を映す昭和のポスター」で紹介したのと同じポスターも含めて20枚。

dainihon_3.jpg

雑誌も「開拓団月刊誌」の特集といった趣で、
「拓け満蒙」とか、「開拓画報」、「大陸移民」などの聞いたこともない雑誌がたくさん。。

dainihon_4.jpg

234ページから個人的なお楽しみ、「勲章・記章・バッジ」が46ページです。
軍人のみが対象であり、昭和23年に廃止された「金鵄勲章」は、
功一級から功七級までキッチリと・・。
旭日章」や「瑞宝章」も数種類、明治27年28年従軍記章、大東亜戦争従軍記章などなど。

dainihon_9.jpg

各兵科ごとの「優等徽章」もデザインが美しくて良いですね。
見張優等徽章、航空優等徽章、機関運転優等徽章、艦砲射撃優等徽章など、
思わずコレクションしたくなります。

dainihon_8.jpg

軍人傷痍記章」も旧型のものも掲載され、バッジ類へと進みますが、
ここでは何といっても「支那事変記念バッジ」のデザインが最高です。

shinajihen.jpg

その他、「憲兵バッジ」のような有名なものばかりでなく、実にマイナーなバッジ、
例えば「昭和15年駒込警防団表彰バッジ」とか、
「本郷区防護団連合防空大演習出動記念バッジ」。
「朝鮮師団対抗演習参加記念章」といった戦時中の記念バッジの数々です。

dainihon_11.jpg

体力章検定バッジ」も初級、中級、上級と3種類。
例の婦人会バッジも「愛国婦人会特別維持会員」、「満州国防婦人会」といった特殊なものもあり、
「将校婦人会」というのも別にあって、正会員章から特別会員章まで、4種類ありました。

dainihon_10.jpg

これが終わると、肩章などの階級章です。
なかでも「Japanese Army Rank Insignia」はわかりやすいですね。
調べてみると、1945年の英陸軍作成のポスターのようです。
この少佐の顔つきが絶妙・・。
米軍が作ったポスターだったら、メガネに出っ歯だな。。

Japanese Army Rank Insignia.jpg

出ました。「赤十字服装」。
黑い制服に白の看護衣、南方用のグリーンの看護衣に、看護衣袴まで。。
「看護婦編上靴」はモロに「はいからさんブーツ」って感じで、なぜかソソラレるのです。

dainihon_7.jpg

各婦人会のタスキのなかには「愛国子女団」というのもあって気になります。
「祝入営」ってタスキもなんか恥ずかしい・・。
いまやタスキなんて、駅伝か、結婚式の2次会の新郎くらいしかしませんしねぇ。

「七五三」向けの軍服は大正・昭和初期にデパートで売られていたそうです。
かなり本格的なつくりで、結構なお値段だったんでしょう。

dainihon_6.jpg

ヴィトゲンシュタインの知る限りでは、ドイツでは子供用は作られてなかったと・・。

Wehrmacht Frauen.jpg

第2次大戦時代は物資不足で子供用軍服の販売は中止されますが、
昭和19年~20年の終戦間際になると、物資不足はもっと深刻です。
桑の皮で作った作業服に、紙製ケース、水筒が竹製なのはしょうがないにしても、
ヘルメットまでが竹製・・。

dainihon_5.jpg

いや~、途中でも書きましたが、さすがミリタリー・ショップの本だけあって
まさに商品カタログのようで、パラパラ眺めているだけでも楽しめました。
こりゃ「大日本帝国陸海軍〈1〉」もかなり気になりますね。

大日本帝国陸海軍1.jpg

ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで」の著者が、
「日本軍装備大図鑑」も出していますが、読んでいないために比較はできないものの、
ここまで細かい品々が掲載されているかは疑問です。
あちらは1万円ですが、本書は各3800円と値段も抑え目ですし、古書価格も安くなっています。
個人的には軍装や装備品よりも、勲章、徽章類をターゲットに読みましたが、
あえて不満を書くとすれば、説明書きがほとんどないことでしょうか。







nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

IZM

わが子の七五三の衣装をどうするかと考えていた矢先だったので、
>「七五三」向けの軍服
にひっくり返りそうになりました。
昭和館にも子供サイズの軍服があったような気がしますが、あれも晴れ着でしたっけ。。。?
アメ横のあの店ったら有名ですが、中に入ったことはないのです。
今度の帰国中には覗けるかな?
>「支那事変記念バッジ」のデザイン
このデザイン考えた人すごい。。。
楽しいレビューでございました。
by IZM (2014-06-02 21:22) 

ヴィトゲンシュタイン

あらら、3号ちゃんの衣装ですか。
昭和館はもう記憶が遥か彼方・・。やばいなぁ。。こっそり行ってこようかなぁ。。
中田商店は「アメ横」だけあって、基本、アメリカ軍の衣料品です。
一時期、東ドイツとか、崩壊した共産主義国家の物資が結構、流れてましたね。そういった時代の移り変わりも実感できるお店です。そういえば、10年くらい前に東ドイツ軍のグレーのロング・コートを買いそうになりましたっけ・・。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-06-02 22:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。