So-net無料ブログ作成

共産主婦 -東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 [欧州諸国]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

イスクラ 著の「共産主婦」を読破しました。

このBlogでも人気のある「ニセドイツ〈1〉」、「ニセドイツ〈2〉」の共産趣味インターナショナル。
本書は3月に出たばかりのシリーズ"vol.4"です。
内容は表紙の帯に書かれたとおり・・としか、言いようがありませんが、
当時の雑貨だけでなく、各国の文化や旅行などにも言及しており、
「ニセドイツ」を彷彿とさせる部分も多々あります。

共産主婦.jpg

まずは「東ドイツ」から・・。
帯のかわいい人形さんが1980年の東ドイツの生活を紹介してくれますが、
彼女の名前はモニカ、ライプツィヒ在住の22歳で電話局勤務、
夫のジークフリートと2人暮らしで、趣味はお菓子作り・・としっかりしたプロフィール。。

朝の5時起きで生活がスタート。
東ドイツのどこの家庭でもあったというコルディッツ社製のコーヒーカップ、
勤務先の食堂で使える「食事補助券」などがオールカラーで紹介されます。
「いつ何時食材が買えるか分からないので、主婦は折り畳んでバッグを忍ばせて・・」と、
デデロン素材の買物袋が・・。
関西のおばちゃんは折り畳んだレジ袋をいつも持ち歩いている・・というのを
聞いたことがありますが、同じ感覚なのかな??

共産主婦_1.jpg

夜の10時、夫婦での語らいの時間。
「ジギー! 私の予想では「トラバント」はあと5年で来るわ!」。
と、あのボール紙の車と揶揄された東ドイツ車も。

「旧共産圏共通コラム」では、いきなり生理用品について詳しく解説します。
東ドイツのタンポンもカラー写真で、こりゃ公共の場所で読むのはちと恥ずかしい。。
いや~、でもタンポン。。
この話題に中年男が触れるのもはばかれますが、ちょっとした思い出があります。
中3当時、女子の机の中からタンポンを発見した奴がいて、
帰りにヴィトゲンシュタインの部屋に4人ほどが集まって、この未知の品を研究・・。
筒を一度外したら元に戻らなくなったり、悪戦苦闘の末、
「水に浸してみようと!」と、コップにの中に入れてみたら、ブア~!と広がって「うぁ~!」。。

共産主婦_2.jpg

そんなことはど~でもいいですね。
次は1972年のポーランドの生活で、22歳のアグニエシュカが登場。
1932年にと、戦後の1965年にイタリアのフィアット社とライセンス契約を結んだという
「ポルスキ・フィアット」という自動車が面白いですね。
走りが軽快で、英国などの西側にも大量に輸出されたそうですが、初めて知りました。

Polski_FIAT 126p.jpg

お休み前にビールを一杯。
彼女の住むクラクフには、1856年に創業された「ジヴィエツ」という
有名なビール醸造所があり、クラクフ地方の民族衣装がデザインされたラベルも2枚。
世界各国のビールを呑んできたヴィトゲンシュタインですけど、コレは知らなんだ。。

piwo-zywiec.jpg

「休暇の過ごし方」では、ワルシャワの文化科学宮殿が印象的です。
1955年に完成したスターリンの贈り物という42階建ての大建築。
まさしくスターリン様式であり、ソヴィエト支配を象徴する建造物ゆえ、
住民は嫌悪感をもっているそうです。

Pałac Kultury i Nauki.jpg

続いては共産主義のボス、ソ連をイルクーツクに住む30歳のナターシャが紹介。
ロシアでなく、「ソ連邦」の各共和国が入り組んでいますから、
例えば、お昼にはウクライナの「ボルシチ」、お茶の時間にはやっぱりウクライナの
ドヴビッシュ社の白に朱色の水玉模様でお馴染み・・という陶器。
凄い柄ですね。ツール・ド・フランスの山岳ジャージだな。。
そして、このティーカップで飲むのは、スターリンの故郷であるグルジアのお茶であり、
さらにこのお茶は「レーニン製茶工場製」という徹底ぶりです。

共産主婦_3.jpg

そんなグルジアには、「スターリン博物館」が存在し、生家まで復元されていると・・。
う~む。。グルジアにおけるスターリンの評判はどんなもんなんでしょうね。

Stalin Museum.jpg

1972年にはペプシコーラのソ連で独占販売が合意に達し、
ソ連における初めての米国製品となり、
モスクワ・オリンピックの前年、1979年にペプシは大々的な販売を開始したそうです。

Pepsi-Cola USSR.jpg

次は1976年のハンガリー主婦事情です。
ブダペストに住む32歳のアンナが紹介します。
これまで各国とも朝昼晩の食事にも触れられていましたが、
どこもお昼にタップリ食べて、夜は軽く・・なんですね。
これは共産主義ではなく、東欧の文化なんだと思いますが・・。
このハンガリーでは「ベーチ・セレット」と呼ばれるハンガリー風カツレツ。
そしてハンガリーのソウルフードという牛肉のスープ「グヤーシュ」。
ドイツで言うところの「グラーシュ」ですね。うへー、美味そう・・。

共産主婦_4.jpg

フルシチョフによる「スターリン批判」を発端とした1956年の「ハンガリー動乱」にも
触れながら進みます。
ちょうど白水社の「ハンガリー革命 1956」を読んでみたいと思っているんですよねぇ。




こうしてハンガリー人の休暇といえばココ。
独ソ戦記好きなら誰でも知っている「バラトン湖」です。
中欧最大の湖であり、ハンガリー人は「海」と言っているそうで、
会社所有の保養所も多く、海外からバカンスで来る人も多いのだとか・・。

Balaton.jpg

26歳のヴェロニカが語る、1987年のチェコスロバキアの生活。
ここでも気になったのは自動車で、第三帝国好きのお馴染みメーカー、「シュコダ」です。
第2次大戦後に国営企業となったシュコダは、大衆車「シュコダ」を生産。
英国だけでなく、ニュージーランドやオーストラリアにも輸出されたそうです。

Škoda 110ls.jpg

途中2回の「コラム」では、紙のパッケージ入りで保湿ができたか怪しいソ連製コンドームと、
紙質が固くて、お尻が痛かったという各国のトイレットペーパー事情を・・。
なぜかコラムは「下ネタ」ですね。

共産主婦_5.jpg

1970年のルーマニアは24歳のマリチカが紹介。
もちろんマリチカ自身もドール(人形)ですが、ルーマニアの誇るレジェンド・オブ・10点満点、
コマネチ公認の「コマネチドール」がウケますね。似てなさ加減がなんとも。。

Nadia Comăneci _and_doll.jpg

最後は1981年のブルガリア。24歳のニナが紹介するのは
東ドイツの「ロボトロン」を凌いだというパソコン、「ブラヴェツ」です。
その他、農業国らしい野菜の切手シリーズもいい味出してます。
東ドイツの交通安全の切手とか、チェコスロバキアの毒キノコ切手など、
各国のデザインも個性的で、切手好きも楽しめます。

Czechoslovakia stamp Mushroom.jpg

4つめのコラムは「タバコ」。
家事、労働、育児とこなす共産主婦たちの息抜きがお茶とタバコの時間だとし、
特にロシアは伝統的に女性の喫煙率が高かったそうです。
そんなロシア製のタバコ、ドゥカット社の「トロイカ」は可愛いパッケージ。
しかし2007年には日本のJTに買収されたそうです。
エストニアのタバコ、「タリン」もJT傘下となり、ルーマニアの「ドゥナレア」も同様。。
JTは世界各国、荒らしまくってるんですねぇ・・。

Troyka.jpg

本書は当時の「共産主婦」の目線から生活雑貨を紹介したものですが、
このように"一般的日本中年男"が読んでも楽しめる内容となっています。
ただし、客観的に考えても、このレビューが本質をついているなどということは、
決してありませんので、騙されずに女性らしい雑貨を楽しんだり、
あまり知られていない「共産主婦」の日常を自分に置き換えて夢想してみたり、
東欧の歴史と文化を学んでみるキッカケにしてみたり・・と、
人それぞれの楽しみ方がある一冊だと言えるでしょう。

共産主婦_6.jpg

実は本書の他、「ニセドイツ」、「世界軍歌全集」、「消滅した国々」を手掛けた
編集者さんと最近お会いすることができ、2時間ばかりお話させていただきました。
ヴィトゲンシュタインが数ある書籍Blogと同じのは嫌だと思って始めたように、
この編集者さんも、世に出ていないような本を出版する・・という信念がベースにあり、
企画立案、組み版、カバーまで行っているというコダワリようです。
本書が男性でも楽しめる仕上がりになっているのは、お世辞ではありませんが、
この編集者さんのお力も大きいのでは・・と、読み終わって改めて思いました。



nice!(3)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 16

編集者

ブログで取り上げて頂き、有り難うございました! また私の事もありがとうございます。この前のランチも楽しかったです。
by 編集者 (2014-04-14 10:12) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、編集者さん。

ちょっと微妙なレビューになってしまいましたが、とても楽しめました。
またランチご一緒したいですね。
こちらこそありがとうございました。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-04-14 13:26) 

トイフェル

こんばんは、プリンツ!
駆け出しドール者の私としましては、東ドイツ代表・モニカさんの流し目が、多いに気に入りました。
あと、偶数にも毒キノコ切手を持っていまして、密かにウケた次第です。
(切手といえば、マトリョーシカか何かあるかなと思って、ソ連切手を一包み買ったら、頭頂までオデコのレーニンとチェシャ猫みたくニヤニヤしたスターリンに、知らない宇宙飛行士ばかりで悲しかったです)
共産圏もの雑貨はキッチュな可愛らしさがあって、好きな女性が多いんですよ(^-^)
by トイフェル (2014-04-15 19:13) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、駆け出しドール者のトイフェルさん。

本書の各国ドールでは間違いなくモニカさんが1位ですね。可愛らしさの中にある色気・・。
ソ連代表のナターシャはマトリョーシカだったし。。
知らない宇宙飛行士って、ひょっとしたらガガーリンかなぁ。ボクも切手好きだけにちょっと気になります。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-04-15 21:50) 

IZM

ヴィト様、どうも~~~
無事帰還ですよ。この本すごく凝ってて、かわいいもの一杯で、お友達にも見せたら、普通の子も共産圏の雑貨マニアの子もすごく食いついていましたwwwww トランシルバニアの刺繍がすごいですね。
ポーランドとチェコはいつか絶対行きたいと思っているので、これ読んでやる気UPしましたよ。w
>どこもお昼にタップリ食べて、夜は軽く・・なんですね。
これ、不思議ですよね。。。ドイツ人も朝早くからせっせと働きだして、夕方5時にはきっちり家に到着するくせに夕飯はパサパサのパンですましていいのか。。。?と思いますが、質素な生活が伝統として続いてるってことなのでしょうかね。
by IZM (2014-04-22 16:22) 

ヴィトゲンシュタイン

IZMさん。お帰りなさいまし。
この本、楽しいですよねぇ。やっぱり中年男子より、女性ウケするだろうなぁ。
でも個人個人、喰いつく部分があると思います。

は~、今のドイツ人でも昼にタップリ、夜は軽くなんですか。
それはビールと甘い白ワインの国だからかなぁ??
最近はビールの消費量も減ったり、食事に合わせられるように赤ワインと辛口白ワインが普及してきていると聞いていますが・・。
ラテンの国との違いを感じますね。

by ヴィトゲンシュタイン (2014-04-22 21:21) 

さくら

「ウクライナ 悲しみの収穫」を読んで、吐き気をもよおしたのでこちらへ……。
独破戦線、こういう可愛い本も混じっているので助かります。

「普通の人々」もチャレンジしようかと思ったけど「独破戦線上、最もハード」的なことが冒頭に書いてあったので今日は挫折……。

ところで、グルジアのスターリンの評判は良いらしいですよ。
「スターリン 非情の独裁者の実像」という、私のイマイチ気に入らない本に書いてありました。
by さくら (2015-02-25 01:28) 

さくら

あ、「イマイチ気に入らない」と言っても、全然悪い本ではありません。

アマゾンレビューするなら(しませんが)4は付けます。

気に入らないのはこの本じゃなく、スターリンかも……。
いっしょくたにしてすみません。
スターリンは可愛げがなくって……(-_-;)
客観性ゼロですみません。

ウクライナの陶器と毒キノコ切手は気に入りました。
by さくら (2015-02-25 03:04) 

ヴィトゲンシュタイン

「悲しみの収穫」、amazonで1年前は6千円位で、今は1万超えなんですが、昨日、ヤフオクで2千円という激安で出品されています。買っちゃおうかなぁ~と、ちょうど悩んでいたところです。

そして今週末から「私は、スターリンの通訳だった」を読む予定・・。
その後は「スベトラーナ回想録―父スターリンの国を逃れて」に行くかも。。
以前にちょっとだけ立ち読みした「スターリン「回想録」」も気になっています。amazonの書評が最低で、余計に読みたくなるという・・。日本人著者が勝手に書いた「回想録」なんですが、スターリンが『俺』で語るというだけで笑いそうですね。

by ヴィトゲンシュタイン (2015-02-25 07:13) 

さくら

>日本人著者が勝手に書いた「回想録]
スターリンが『俺』で語る

ギャグですか、それは。
今、爆笑しましたが。

書評最低だと読みたくなるってさすが玄人。
「スベトラーナ回想録」の書評が非常に気になります。
是非、お願いします。


by さくら (2015-02-25 12:50) 

ヴィトゲンシュタイン

スターリン「回想録」、まだ古書でも1000円以上するんですよ。100円になったら・・と思ったら、図書館にありました。。何かのついでに借りてみようかな??
たぶんレビュー書いたら、カテゴリは「ロシア」じゃなく、「ジョーク本」だろうな。。

でもこれが許されるんだったら、「ヒトラー回想録」とか、「ヒムラー回想録」など、なんでもアリになっちゃいますね。
やっぱり日本人著者のズバリ!「ハインリッヒ・ヒムラー」という伝記があるんですが、100ページちょっとなんで読んだことがないんです。
まぁ、読まなくてもだいたいわかってます・・って感じですか。

なので、スターリン回想録のようにヒムラーに成り切った回想録で良いんだったら、書いてみたいですね。3ヶ月あれば258ページは書けるなぁ。鬼嫁と愛人といったプライベートから、ハイドリヒの死の真相まで、あることないこと好き勝手に書いてみたい。
by ヴィトゲンシュタイン (2015-02-25 18:38) 

さくら

それ、回想録じゃなく小説ですから。
あの分裂症な長官に成りきるなんて恐るべし。
一人称は「私」じゃ面白くないので「ぼく」にして下さい。

ところでさっき「赤い皇帝と廷臣たち」のレビューを読みましたが、スターリン、刑務所に7回入れられて6回脱走してるのですか?
警備がそこまでゆるい……。
スターリンは自分は拷問されたことはないのですよね?

by さくら (2015-02-25 20:55) 

ヴィトゲンシュタイン

>スターリン、刑務所に7回入れられて

正確には「刑務所」じゃありません。「流刑」ですから、シベリアの辺鄙な村に追放されたということです。
革命家仲間が訪ねて来たり、本をたくさん読み、村の女性に手を出して孕ませたり、革命に動きがあると、タイガを抜けて、汽車に乗ってペトログラードへ・・。
臨時雇いの憲兵がひとりいただけ・・なんていうところですからね。
普通、流刑っていうと「島流し」というイメージがあって、例えばオーストラリアも英国の流刑地ですけど、ロシアには島がないから、陸路で戻って来れちゃうという・・。
そういう帝政時代のシステムを経験していたから、後の収容所システム(グラーグ)が厳しくなったんじゃないかと思います。

>スターリンは自分は拷問されたことはないのですよね?

コレは良くわかりません。一応、逮捕されてから流刑されるまでは、監獄にいたそうなので、取り調べで殴られたりはされたかも・・。
by ヴィトゲンシュタイン (2015-02-26 06:01) 

さくら


そうか。
流刑は刑務所と違いますね。
有難うございます。

その女性の産んだ子供はどうなったのでしょう?
脱走後、スターリンとの縁は切れてしまったのでしょうか?

違う本の質問をこんなところでしていてすみません!
次回からは分けて書きます!
 


by さくら (2015-02-26 12:51) 

ヴィトゲンシュタイン

その子供の名前はコンスタンティン・クザコフといいます。
「赤い皇帝と廷臣たち」には書かれていなかったと思いますが、同じ著者の「スターリン―青春と革命の時代」に詳しいようです。
ボクも未読ですので、wikiのページ ↓ を参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%B6%E3%82%B3%E3%83%95
by ヴィトゲンシュタイン (2015-02-26 18:39) 

さくら

wikiまで教えて下さってすみません。
どうも有難うございます!
by さくら (2015-02-26 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0