So-net無料ブログ作成

戦争の記憶 記憶の戦争 -韓国人のベトナム戦争 [世界の・・]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

金 賢娥 著の「戦争の記憶 記憶の戦争」を読破しました。

今回は独破戦線初となるベトナム戦争モノです。
この戦争については、「狩りのとき」など、小説はいくつか読んできましたし、
地獄の黙示録」に、「プラトーン」といった映画もロードショーで観てきました。
そういうわけで、大まかな知識はあったものの、深入りするのはなかなか難しい・・。
泥沼のベトナム戦争全般ではなく、なにか興味深いテーマの本を探していたところ、
2009年、375ページの本書に辿り着いた・・という経緯です。
米軍に次ぐ戦力、最盛期には5万人もの兵を送り込んだ韓国軍。
一般的には5000名もの死者を出したとされる一方、
数千人の民間人虐殺を行ったと云われており、
なかには、ベトナム市民の結婚式を襲撃し、花嫁を含め7人の女性を強姦。
ついでに宝石を奪った挙句、女性たちを川に投げ込んで殺害・・なんてメチャクチャな話も・・。
著者は韓国人女性ですが、果たしてどこまでこの問題に切り込んでいるのでしょうか・・。

戦争の記憶 記憶の戦争.jpg

1998年、韓国の市民団体「ナワウリ(私と私たち)」が創設され、その代表である著者は、
交流のあった日本の市民団体を介して、「ベトナム戦争での韓国軍民間人虐殺」を知ります。
早速、現地調査に着手しますが、まずはその準備としてベトナム戦争そのものの勉強を・・。
読者も10ページほど、この戦争の概要を学ぶことになります。
植民地だったベトナムがフランスを追い出し、ホー・チミンによって共産化。
1965年、米国は北ベトナムへの攻撃を開始します。

apocalypse_now.jpg

「ベトナム戦争の国際化」という大義名分を確保するために、25か国に参戦を要請する米国。
しかし、それに応じたのはオーストラリア、ニュージーランド、台湾、フィリピン、タイ、英国、
そして韓国のたった7か国だけ・・。
しかも韓国以外は砲兵隊や工兵隊を派遣するだけであり、英国に至っては米国のしつこい要請に
サイゴンの空港に6名の儀仗兵を派遣し、辛うじて体面を保ったのです。
それに比べ1965年~73年まで、延べ32万人もの兵力を派遣した韓国軍。
朝鮮戦争で米国の世話になったことから、断れずに決定されたと云われているそうです。

日本の植民地から解放されたものの、南北に分断されて戦争になった朝鮮半島。
ベトナムもまさにフランスから解放された後、南北に分かれて戦い、
しかも北には社会主義政権、南は資本主義政権と、あまりに似通っています。

ROK 9th Infantry Division(White Horse)  in Vietnam.jpg

こうして、現地の村々で35年前の当時を知る生存者からインタビュー。
住民50名ほどのブンタオ村に突然姿を現した韓国軍。
隠れていると「ベトコン」に勘違いされるため、赤ん坊を抱いて全員が広場に集まると、
いきなり銃撃を始めます。命乞いをする村人に照準を合わせ、
赤ん坊から妊婦、老人たちが虐殺され、死んだふりして生き残ったのはわずか3名です。

5つの集落、100余名が同様にして殺され、
また別の村では、行軍してきた南朝鮮青龍部隊によって36人が殺されて、
翌日も別の村で273名が様々な武器によって残虐に殺されます。

派遣された韓国軍は主に3つの師団で、この青龍部隊は「海兵隊第2海兵師団」、
猛虎部隊と呼ばれた「陸軍首都師団」、そして白馬部隊こと「陸軍第9師団」です。

2ndROKMarine.jpg

韓国軍司令部が発行した戦訓集には「部落はすべて敵の活動根拠地」と書かれ、
「ベトコンの下部構造の基盤は部落と住民である」と強調されます。
韓国軍の将校でさえ、ベトナムとは特別な縁があるわけでもなく、敵愾心もない。
兵士たちには「国際共産化」を防ごう、と精神訓話をするだけ・・。
朝鮮戦争を経て、彼らは「アカは殺してもいい」、「殺さねばならない」という意識が、
彼らの身体に内在化していったと著者は語ります。

なんだかもう、「アインザッツグルッペン」の精神ですね。

2ndROKMarine1.jpg

また、ある兵士はこう語ります。
「一度だけでも、民間人を殺してはならない。子供や老人、女性を殺してはならない。
強姦してはならない。と聞いていたら、こんなことまでしなかっただろう。
ベトナム行きの船で聞いたのは、捕まれば両手両足を裂かれて殺されるとか、
子供もベトコンだから殺さねばならない。強姦後は殺さねばならない。
そんな話ばかり聞きました。
実際、私が体を張って戦う理由がどこにありますか。
生き残らなければならないと考えるようになると、婦女子もベトコンに見えるのです」。

う~ん。ゲリラ戦の怖さですね。
武装SSの「プリンツ・オイゲン」も残虐部隊だったとして知られていますが、
主にユーゴでパルチザン相手に戦ってたわけですから、しょうがないと思うんですよね。。

Korean Tiger Division.jpg

ベトナム人は、ベトナム戦争を「抗米戦争」と呼び、
ベトコンを「南ベトナム解放民族戦線」と呼びます。
青龍、猛虎、白馬部隊を「韓国軍」とは呼ばずに、
大統領だった「朴正煕(パク・チョンヒ)の軍隊」と呼びます。
そして彼らは「朴正煕の軍隊」は、米国の傭兵であると記憶しているのです。

1968年1月、北ベトナム軍による「テト攻勢」に対抗した「怪龍一号作戦」を展開します。
旅団規模の青龍部隊がベトコン捜索掃討作戦を開始したのです。
米海兵隊と連携した「安全な村」であるフォンニィ村から射撃を受けた部隊は、
村の住民69名を虐殺。
その数時間後、フォンニィ村が韓国軍に攻撃されたことを知った米海兵隊が
負傷者救援のためにカメラ持参でやってきます。
この偶然によって、「胸をえぐられても生きている女性」、
「至近距離で撃たれた女性と子供」、「池で溺死した子供」などの写真が撮影され、
後に、報告書としてまとめられるのでした。ただし、本書に写真は未掲載・・。

Phong_Nhi_massacre_3.jpg

ヴィトゲンシュタインが調べた限り、韓国軍の蛮行を示す写真は、この報告書の写真のみです。
そしてベトナム派遣軍司令官ウェストモーランドは報告書を韓国軍に送り、調査を求めますが、
韓国軍司令官は「ベトコンが仕組んだ邪悪な陰謀である」と否定するのでした。

Phong Nhị and Phong Nhất massacre.jpg

韓国軍が関わった最大の虐殺事件は1966年1月の猛虎部隊3個中隊によって行われます。
ゴーザイ(ゴダイ)ではわずか2時間のうちに住民320が射殺され、
15の地点で1200名以上が虐殺されるという「タイヴィン虐殺」も・・。
身元の分かった公式な死者だけでも728名。
子供166名、女性231名、60歳以上の老人88名、家族皆殺しが8家族に及びます。

Go Dai massacre.jpg

2011年の調査では参戦軍人もベトナムへ同行します。
「私は当時、新兵でした。捕えた男性1名と女性2名を木に縛り付けると、
分隊長が肝力をつけてやるから、着剣して刺し殺せ、と言われました。
とてもできませんと言うと、頭に銃を当てられました。命令不服従だと。
私は太ももを刺しました。次の人は腹部を刺しました。すぐに戻って吐きました。
少しして「バーン」という音がしました」。

旧日本軍でも似たような話を読んだ記憶があります。

参戦軍人は戦争終結の翌年に建てられ、遺品や写真が収められたミライ博物館を訪れ、
ひどい気分も味わうのでした。

my lai museum.jpg

米軍が「ミライ」と呼ぶ、ソンミ村。
ここは1968年に米軍が起こした最大の虐殺地で、「ソンミ村虐殺事件」として知られています。
この事件が知られるようになったのも、やっぱり写真。
従軍写真家が同行しており、白黒フィルムだけでなく、カラーでも撮影されたことから、
後に米国だけでなく、全世界に衝撃を与えることになるのです。

My_Lai_massacre.jpg

動く者はベトコンであり、動かない者は老練なベトコン。
黑いベトナム服を着た15歳ほどの少女を引きずり出し、ブラウスを脱がせ始め、
「この娘の出来をみようぜ」と笑う米兵たち。
その時、少女の母とおぼしき老婆が狂ったように止めに入ります。
少女が母の後ろに隠れてブラウスのボタンを留めているところをカラー写真に収めますが、
暫くして聞こえた銃声に振り返ると、全員が殺されていたのです。

My_Lai_massacre2.jpg

504名が犠牲となったこの事件。女性182名のうち、17名が妊婦、
173名の子供のうち、5か月未満の赤ちゃんが56名・・。
黒人兵カーターはこの野蛮な虐殺行為に耐えられなくなり、自らの足の甲を撃ち抜きます。

Pfc Carter.jpg

命令を下したのは「狂犬」の綽名を持った中隊長メディナ大尉。
そして第1小隊長のキャリー中尉も狂ったようにベトナム人を殺します。

Ernest Medina.jpg

1年後、米国メディアはこのニュースを書き立て、ニクソン大統領も
「明白な虐殺」として裁判が始まりますが、将校たちは赦免され、
キャリー中尉だけが軍隊から除名されただけ。しかもすぐに仮釈放です。

William Calley.jpg

1968年、ハミ村も韓国軍の虐殺の被害に遭います。
数日前から村へやって来ては、パンを配っていた韓国軍。
その日も、当然のように子供も一緒に集まってくると、手榴弾を投げてきたのです。
135名が死亡し、20名が生き残ったものの、死体が散らばった現場をブルドーザーで踏み潰し、
散らばった肉片と折れた骨を拾い集めることになった生き残りの人々。。
そして2001年には韓国軍の参戦軍人の支援より、慰霊碑が立てられます。

The marble with paintings of lotuses, covering the original memorial statue in Ha My, Vietnam.jpg

著者は所々で「元日本軍慰安婦」の語った話を挿入して比較します。
また、最後には韓国の教授の言葉を引用します。

ドイツは自分たちの蛮行が人類犯罪だと告白し、実践したため、
世界国家に生まれ変わることができた。
一方、アジアの世界国家を自認する日本は、先の犯罪行為を力の論理で包み込んで
美化することに忙しい。罪責感と責任感は眼中にもない。
日本は理解しなければならない。過去の克服は「ともに記憶すること」であって、
「ひとりで埋めてしまうこと」ではないことを。

そして著者は「日本の替わりに韓国を代入してもこの文章は成り立つ」とします。

原著は2002年に韓国で発表されたようですが、執筆中に金大中大統領が、
公式謝罪をしたそうです。
「私たちが不幸な戦争に参与し、ベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」。
それでも、民間人虐殺などの件については認めていないようですね。
いろいろと調べてみると、以前の大統領である全斗煥、盧泰愚が
ベトナム戦争で武勲を挙げた軍人であったということも、ハッキリできない要因であるんでしょう。

訳者あとがきによると、この戦争を描いた「ホワイト・バッジ」という韓国映画が作られ、
1992年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したそうです。知らなかったなぁ。
映画に登場するのは白馬部隊だそうで、戦争映画好きとしては気になりますね。

White Badge.jpg

こうして韓国軍が行った蛮行の数々を書いていて少し危惧するのは、
その部分だけがどこかに転載されて、ネトウヨと呼ばれる方々の楽しいネタになるのでは??
ということです。
実際、2chの軍事スレに独破戦線の記事の一文がそのまま掲載されたりしたこともあります。
「それ、独破戦線のコピペじゃね~か」と指摘されていたのは面白かったですけどね。。

戦争の世界史という観点から、ベトナム戦争における韓国軍の蛮行に興味があるのであって、
韓国のアラ探しをして喜ぼうという趣旨は毛頭ありませんし、
このような件についてはドイツ、ロシア、米国、とやってきてるので、ご存知とは思いますが。。

また、韓国軍による虐殺を知り、それを公に認めない韓国政府に対して、
「日本に謝罪を求めるより、まず、自分たちが謝れよ」という意見も聞こえそうです。
しかし、それは議論のすり替えであって、日本がどうこう言う話ではありません。

いずれにしても、最近の嫌韓の傾向からして、
「従軍慰安婦を支援する韓国人が書いた本なんぞ読めるか」と考える向きの方は、
今回のレビューはキレイさっぱり忘れてください。




えで⹃
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 8

でんこう

ヴィトゲンシュタイン様、こんばんは。
私はおそらく「ネトウヨ」と呼ばれる類の人間です。
もともと左派だった私が韓国という国に対して最初に嫌悪を抱いたのが、ベトナム戦争における韓国軍の非道を知った時でした。
その後、韓国政府の対日政策に憤りを覚えるようになり、今では韓国に対しては「どちらかと言えば嫌い」という意識を持っています。

ですが、私にはかつて韓国人や中国人と共に働き、共に笑った楽しい思い出があります。
礼を失した韓国政府のやり口を嫌ってはいても、韓国人を憎いとは思っていません。
前にも申し上げましたが、個人的には現在の険悪な日韓関係を招いたのは日本政府の怠慢と彼らを侮った日本人の上位意識だと思っています。

仰る通り、どれほど韓国の行いを責めたところで日本の過去が変わるわけではありません。
私は慰安婦問題についてはまだまだ不勉強で何かを申し上げられる立場にはありません。
ですが、私はあの困難な時代と戦場を武器もなしに生き抜き、或いは倒れていった従軍慰安婦や従軍看護婦に敬意を持っています。
靖国神社には従軍看護婦の戦没者数は記されていても従軍慰安婦の戦没者数は記されていません。
本当に悲しく思いました。
そして、日本人がその多くを占めた慰安婦を「追軍売春婦」などと罵る連中に対しては胸が悪くなるほどの嫌悪を覚えます。

アメリカやドイツの戦争映画では兵士が占領地や戦地の女性に狼藉を働き、捕虜を処刑する場面が描かれていても大きな問題とはなりません。
ですが、80年代以降の日本映画ではそういった描写があるだけで「そんなものはなかった」とばかりに騒ぎが起こります。
慰安婦問題も含め、歴史を客観的に総括できる人間が今の日本には少なすぎる。
私にはそう思えてなりません。
by でんこう (2014-04-05 19:46) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、でんこうさん。
本書の件、ご存知でしたか。さすがですね。

ボクも友達の奥さんが韓国人だったり、韓国人のお店も行きますので、現在の情勢からそのような付き合いが変わることはありません。

問題は「強制連行」なんだと思いますが、本書を読んだ後に、「従軍慰安婦」の本を物色してみましたが、これは!という一冊は残念ながら見つけられていません。ボクも日本側、韓国側ではなく、あくまで客観的なものが読みたいんですけどね。。

しかし、ネトウヨにも「普通のネトウヨ」と、アインザッツグルッペンみたいな「過激なネトウヨ」があるんですね。分けて欲しいなぁ。
例えば、あるところでは、本書の件について、米軍がやった虐殺のカラー写真を韓国軍の仕業・・とやっているところもあります。
また一方で、関東大震災で焼け死んだ人々を虐殺された朝鮮人だと言ってる韓国人もいたりします。
ボクはそういう情報を安易に信じて欲しくないですね。

今回の微妙な問題について、真摯かつ紳士なコメント、ありがとうございました。

by ヴィトゲンシュタイン (2014-04-05 20:47) 

シュミット

ヴィトゲンシュタインさん

こんにちは。
時々読ませてもらってますドイツ軍マニアです。

今回の記事は特に衝撃的な内容で、つら過ぎますね。
ナチスや米軍、イスラエル軍等の蛮行は少し知っていましたが、
お隣の韓国軍までこんな事をやっていたなんて・・・

この事から読み取れるのは、イデオロギーや人種、民族が蛮行を
起こしているというより、「人間だから蛮行を起こす」のだと考え改める
必要があるように思いました。

一旦、戦地に立ってみようものなら、理性などなんの意味も持たなくなる
のだなと。常に戦友が死傷し、その仕返しに敵を殺す、この繰り返しで、
倫理も道徳も崩壊するんでしょうね。恐らく、強姦くらい朝飯前でしょう。

最近、盛んに日本の歴史を修正しようと企んでいる人たちがいますが、
日本だけが例外な訳はないと私は思っています。
この状況をなんとかしたいです。

本、さっそく買ってみます。



by シュミット (2014-04-08 15:44) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。シュミットさん。

ドイツ軍マニアの方に、このようなベトナム戦争、韓国軍について興味を持っていただけるのは、紹介した甲斐があったというものです。

>「人間だから蛮行を起こす」のだと考え改める必要がある

仰るとおりですね。
ボクも3年位前にそう思いました。
法から放たれた人間は、所詮、動物に戻るんですね。

また、第三帝国末期本でも、ベルリンのティーアガルテンのあちこちで
男女が交尾に耽っていた・・とか、
ノルマンディ上陸作戦前に英国兵がロンドンの街角で売春婦とやりまくってた・・などと紹介されるように、死を意識した人間は種の生存本能が働くのか、無性にやりたくなるようですから、戦場で強姦が頻発するのは、このような本能も理由のひとつなのかも知れません。

歴史の修正も難しい問題ですね。
自国は自国に都合の良いように解釈しますし、他国から見れば間違っている。
世界的に見ても勝者か敗者かでも違ってきます。
こういう問題は、国連のような組織が世界の歴史認識を一本化する以外、永遠に決着がつかない気もしますね。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-04-08 19:08) 

長五郎

ヴィトケンシュタイン 様

貴ブログをいつも楽しく拝見致しております。
「戦争の記憶 記憶の戦争 -韓国人のベトナム戦争」の項について思うところがあり、投稿します。

「また、韓国軍による虐殺を知り、それを公に認めない韓国政府に対して、『日本に謝罪を求めるより、まず、自分たちが謝れよ』という意見も聞こえそうです。
しかし、それは議論のすり替えであって、日本がどうこう言う話ではありません。」

上に引用した箇所ですが、日本は韓国に対して謝罪しなければないようなことはしていません。
慰安婦は高級娼婦であったこと、悪徳業者は日本の官憲が積極的に取り締まったこと、朝鮮戦争時の慰安婦と混同されていること等は私が言うまでもないことです。
「植民地支配」についても韓国側のいうような「被害」を与えたどころか近代化に大きく貢献しています。「日帝強占期」がなければ現在の韓国はないでしょう。西洋がアジア・アフリカに対して行ったそれとは全く違います(慰安婦の実際や日本統治の詳細についてはご自身でお調べ下さい)。

仰るような「すり替え」というのはまるで見当違いです。
by 長五郎 (2014-04-16 13:28) 

ブルクハイト

長五郎氏へ

慰安婦については勉強不足でありなんとも言えませんが少し気になりましたことがあります。



「植民地支配」についても~現在の韓国はないでしょう。

とありますが、統治してくれとも頼まれたわけでもないのに「近代化に大きく貢献」とは傲慢ではないでしょうか?
生んでやったんだから感謝しろとのたまる馬鹿親のようなものを感じます。
貢献があったにしろ、日本による統治の過程で失われた、犠牲になったものがあったでしょう。
韓国は確かに腹の立つ国だと感じますが、必要以上に責任を否定するべきではないのでは?と思います。
by ブルクハイト (2014-04-16 14:48) 

長五郎

ブルクハイト 様

コメント有難うございます。
朝鮮に併合推進派、貴殿のいうところの「統治してくれと頼んだ」人達は存在しました。
詳しくはこちらを。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/韓国併合
by 長五郎 (2014-04-16 18:24) 

ヴィトゲンシュタイン

長五郎さん。こんばんは。

>「また、韓国軍による虐殺を知り、それを公に認めない韓国政府に対して、『日本に謝罪を求めるより、まず、自分たちが謝れよ』という意見も聞こえそうです。しかし、それは議論のすり替えであって、日本がどうこう言う話ではありません。」

>上に引用した箇所ですが、日本は韓国に対して謝罪しなければないようなことはしていません。

どうも勘違いされているようですので、一度だけ説明します。
まず、日本が謝罪する必要があるとは書いていません。
韓国が謝罪を要求していると書いています。

>仰るような「すり替え」というのはまるで見当違いです。

次に第2次大戦における、韓国の言う「慰安婦強制連行」と、ベトナム戦争での「韓国軍の蛮行」を一緒くたにした考えが議論の「すり替え」という意味であり、同じ土俵で論じる問題ではないということを書いています。

朝鮮問題、慰安婦問題についてはココで取り上げたくありませんから、これにて終了します。
確認するまでもなく誤解は解けたかと思いますので、リコメしていただく必要はありません。また別の記事でお会いしましょう。

ブルクハイトさんもご苦労様でした。

by ヴィトゲンシュタイン (2014-04-16 20:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。