So-net無料ブログ作成

帰ってきたヒトラー (下) [ナチ/ヒトラー]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ティムール・ヴェルメシュ著の「帰ってきたヒトラー (下)」を読破しました。

上巻は出演したTV番組が「YouTube」にUPされ、大人気を博したところまででした。
本人はいたって真面目に政治演説をしているつもりが、周りはブラックジョークととり、
その双方の誤解っぷりが本書をユーモラスなものにしていますね。
例えば、会社とは「ユダヤ人をジョークのネタにしないこと」という取り決めになりますが、
ヒトラーは喜んで納得します。
なぜなら、「ユダヤ人問題は冗談ごとではない・・」と思っているからです。

帰ってきたヒトラー 下.jpg

この下巻は、そんな人気の出たヒトラーを非難するタブロイド紙との戦いからです。
表紙にはヒトラーの顔写真がデカデカと載り、大げさな見出しが・・。
「狂気のユーチューブ・ヒトラー 全ドイツが混迷 -いったいあれはユーモアなのか?」
悪趣味で奇怪なコメディアンと紹介して、その芸風にも言及。
・トルコ人は文化と無縁だ。
・毎年国内で、10万件もの堕胎が行われているのは許しがたい事態だ。
 将来、東方で戦争が起きたときには、4個師団分の兵士が不足することになろう。

このタブロイド紙とは、ドイツで最も有名な「ビルト」紙です。
日本でいえば東スポみたいなもんでしょうが、実際にヒトラーのUFOネタとかやっている新聞。。

BILD_Hitler_Ufos.jpg

ホテルの食堂ではラインハルトという名の可愛らしい少年がサインをもらおうとやって来ます。
「私も昔、ラインハルトという男を知っていた。
とても勇敢な男だった。たくさんの悪い奴らが君や私に悪さをしようとしても、
ラインハルトのおかげで奴らは何もすることができなかった」。
下巻でもすぐに昔を思い出すヒトラー。
ちなみにハイドなんとか・・という名前は出てこないのがミソですね。
その他、前半だけでもリッベントロップハンフシュテングルハインリヒ・ホフマンの名も・・。

Hitler_HeydrichTrauerfeier.jpg

過激さの増す「ビルト」紙。秘書のクレマイヤー嬢と会社を出たところを隠し撮りされ、
翌日には、「狂気のユーチューブ・ヒトラー 寄り添う謎の女はだれだ?」
なんだかんだと上手くやっていた24歳の現代っ子女性のメアドまで紙面で晒され、
嫌がらせメールに「サイアク・・」と落ち込む彼女をヒトラーは優しく励まします。
そしてトラウデル・ユンゲの代わりを彼女が務めていることに気付くのです。

Unter Hitler Traudl.jpg

若い社員、ザヴァツキくんはやる気満々の上に宣伝の才能もある心強い味方。
総統のホームページをちゃっちゃと作成し、過去のTV出演の映像に、
「最新情報」、「総統に質問!」といったコンテンツの他、「年譜」では、
1945年から<復活>までの空白年月が、<バルバロッサ作戦休止中>と表示されています。
まぁ、洒落っ気のある現代版ゲッベルスのようなイメージですね。

ナチスの継承者を自称する「ドイツ国家民主党(NPD)」に突撃取材を敢行するヒトラー。
ミュンヘンの最初のナチ党本部である「ブラウン・ハウス」の足元にも及ばない、
「カール=アルトゥール・ビューリンク・ハウス」と書かれたオンボロ小屋に吐き気を覚えます。

NPD-Hauptquartier.jpg

暫くして姿を現したのは、むっくり太って苦しげに息をする無気力そうな人物。
「私はホルガー・アプフェル。NPDの党首です。あなたの番組は興味深く拝見していますよ」。
そして党の活動について鋭く質問するヒトラー。
「見たところ、親衛隊には所属していたことはないようだな。
だが、少なくとも、私の本は読んでいるのだろうな?」
不安げな目つきで答える党首。
「いや、あの本は国内での出版が認められていないので、そう簡単には・・」
「いったい何が言いたいのだ? 私の本を読んでいないことに対して謝罪したいのか?
それとも読んで理解できなかったことを謝罪したいのか?」

こんな調子で、ボコボコにされてしまうNPD党首ですが、
調べてみたら、この人、実在の人物なんですねぇ。

Holger Apfel_NPD.jpg

「ビルト」紙との戦いはヒトラー側の完全勝利に終わったころ、
クレマイヤー嬢とザヴァツキくんのただならぬ雰囲気に気が付きます。
「彼のことをソートーは・・・男性としてどんなふうに見てるかなって・・」。
そしてやっぱり昔の若き秘書トラウデルと、従卒のハンス・ユンゲとの結婚を思い出し、
「私の執務室の隣で2つの心が惹かれあうのは、これが初めてではない」。

Traudl and Hans Junge.jpg

ヒトラーが自殺した日、1945年4月30日を第2の誕生日としたかったものの、
年齢と合わないためにしかたなく、1954年4月30日生まれとして住民登録も完了。
会議室に急いでくるように言われても、カフェテリアにラムネ菓子を買いに行くヒトラー。
「ほんとに度胸があるんですね。あなた」
「私のような度胸がなければ、ラインラントに進むことなどできない」
「またまた大げさな。こんなところでのんびりしていて、平気なんですか?」
1941年の冬も、誰もがそう言った」。
総統との会話は、基本的にこんな感じです。。

hitler1.jpg

「ドイツ国家民主党(NPD)」突撃取材の特番が、「グリメ賞」を獲得したという知らせに
フラッシュライト社は社長以下が総出でお祭り騒ぎになります。
この「グリメ賞」というのはドイツ最高のTV番組に与えられるもののようで、
ヒトラーは急遽、全員の前で受賞の挨拶をすることに・・。

grimme preis.jpg

「私はこの身が神によって使命を授けられたことを強く自覚している。
それはこのフラッシュライト社に自由と名誉を再び取り戻すことだ。
22年前、パリ近郊のコンピエーニュの森で強いられたあの敗戦の恥辱。
それを今、また同じ場所で・・・、失礼、
このベルリンの地において拭い去るのだ。
ドイツの素晴らしき将校として、あるいは兵士として・・・、いや、
ドイツの素晴らしきカメラマンとして、照明係として諸君は犠牲を捧げた。
そしてわれらは勝利した。ジーク・ハイル(勝利万歳)!」



ヒトラー人気もさらに高まって、新しい番組も始まります。
ヒトラーがホストとなり、政治家をゲストに招いた討論番組です。
独ソ戦の大本営ヴォルフスシャンツェにそっくりのセットが作られ、
ドアを開けてくれるようなアシスタントを決めることに・・。

「では、その役は党官房長官のボルマンに決まりだ」
「誰です、それは? 聞いたことがないですな」
「君はヒムラーが毎朝、私の制服にアイロンがけをしていたとでも思っているのか?」
「その名前なら、少なくとも知られていますからね」
「例えば、ゲッベルス、ゲーリング、それからヘスくらいかしら・・」
ヘスはダメですよ。同情されるキャラですから」
ゲッベルスは呼び鈴が鳴っても私のためにドアを開けたりしない」
ゲーリングを出した方が、お客は笑ってくれるんじゃないかな」

Goebbels_Goring_Hess.jpg

緑の党の元党首、レナーテ・キュナスト女史をゲストに招いた本番では、
机の下になぜかブリーフ・ケースが置いてあり、カチカチと時計の音を立てるという演出付き。
「ところで、シュタウフェンベルクはどこに行ったのだ?」

Valkyrie briefcase.jpg

こうして復活してから2回目の冬を迎えたころ、ベルリンの裏道を歩いていたヒトラーの前に
2人の男がぬっと立ちはだかります。
「お前がドイツを侮辱するのを、俺たちが黙って見ているとでも思うのか?」
次の瞬間、キラリと光った拳が驚くほどのスピードで飛んで来るのでした・・。

と、新しい小説ですから、こんなところで終わりにしましょう。
個人的にネガティブ・エンディングというか、主人公が死ぬとか、救いのないラストが好きなので、
本書もテーマからして、そうなるのでは?? 1945年4月30日にタイムスリップするのでは??
と想像しながら後半読み進めましたが、まぁ、うまいこと外されましたね。
上下巻で500ページ超えですが、あと数ページとなると、寂しい気持ちにもなりましたし、
ひょっとしたら、続編を想定しているのかも知れません。

hitler-chief-gruppenfuhrer-schaub-inspect-damage-fuehrerbunker_1945.jpg

「訳者あとがき」では、ナチス礼賛が禁止、「わが闘争」が発禁されているドイツで、
本書が電子書籍等を含めて、130万部を売り上げるベストセラーとなり、
38か国で翻訳、さらに映画化も決定していると解説。
ヒトラーが首相となった1933年に因み、19.33ユーロだったとか。。

もちろん批判もあり、特にヒトラーが悪者ではなく、人間的魅力のある人物に描かれていること。
著者はこれに対し、「人々は気の狂った男ではなく、魅力的に映った人物を選んだのだ」
と語っているそうです。まぁ、同意見ですね。

Haus Wachenfeld1.jpg

同意見といえば、ヒトラーはこんなことも考えています。
「なぜ電話が、カレンダーにカメラ、その他モロモロの機能を備えていなければならないのか?
なぜわざわざ、こんなに愚かでかつ危険なものをつくりあげたのか?
多くの機能が盛り込まれているおかげで、若者らは画面に見入りながら道路を歩く。
そのせいで、たくさんの事故が起こるに違いない。
劣等民族にはそれを義務化するほうが、むしろ好ましいかも知れない。
そうすれば数日のうちにベルリンの大通りには、車に轢かれたハリネズミのように、
やつらの遺体がゴロゴロと転がっているはずだ」。

そして上巻でも気が付いた登場人物や戦役などに関する(注)が一切ない件についても、
「研究書ではなく小説だから」との理由により、著者が翻訳者に課した制約なんだそうです。
端折りましたが、シュトライヒャーエミール・モーリスハインリッヒ・ミュラーDr.モレル・・
なんて名前も登場しました。

hitler_alive.jpg

う~ん。映画かぁ。。
映画化するにあたって一番心配なのは、主役の俳優さんですね。
ソックリさんというレベルでは本末転倒ですから、ブルーノ・ガンツを越える必要があるでしょう。
コメディだからフルCGという手もあるかもしれませんが・・。子供向けじゃないし。。
また本書の面白さは、ナチス時代と現代との話のかみ合わない小ネタにあるので、
それを万人にわかるように説明するには、第三帝国のエピソードを織り込む必要がありますし、
だとすると、2時間では網羅しきれない気がします。
30分の連続ドラマあたりがちょうど良いと思うんですけどね。





nice!(3)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 19

saizwong

はじめまして。
同人でドイツ軍関連のゲームなんかを作っている者です。
以前より楽しくブログ読ませてもらっていますが、はじめて書き込みします。

ちょうど同じぐらいに本書を読破しましたが、とにかく一つ一つの小ネタが面白かったですね。
個人的にはオクトーバーフェストと「作戦(オペレーション)はしたぞ」のくだりがお気に入りです。
注がないので、「あれ、これはどっかで見たような?」と思ったら以前に買った本を掘り起こしたら見つけたりと突き詰めれば長く楽しめてしまいそうです。

映像化は確かに難しそうですね。
ただ、原文では秘書のクレマイヤーはベルリン方言のすごく訛ったドイツ語らしいですし、総統の独特なドイツ語も再現されているらしく、そういう細かい"喋り"の魅力が日本語訳では出てこないのを映像になったら楽しめるかな~とか思ったりしてます。
by saizwong (2014-02-19 18:08) 

ヴィトゲンシュタイン

saizwongさん。はじめまして。
ドイツ軍関連のゲームをつくられているんですか。
10年くらい前は「サドン・ストライク」とかやってましたけど、最近はサッパリで。。

>オクトーバーフェストと「作戦(オペレーション)はしたぞ」のくだりが
あ~、ココ、悩んだ末に端折っちゃいました。整形手術(オペレーション)と軍事作戦(オペレーション)を簡単に説明できなかったので・・。でも確かに笑えました。

それとクレマイヤー嬢の訛りですか。あの「ソートー」っていうのは、それを表現しているんでしょうかね??
訳者さんも大変です。昔のドイツ軍戦記だと、ベルリン訛りだけでなく、ケルンとかミュンヘンなんかも、東北弁やらなんやらで表現していたり・・。

by ヴィトゲンシュタイン (2014-02-19 21:01) 

ハッポの父

ヴィトゲンシュタイン様こんばんは!

今日、仕事帰りに上下巻そろって買ってきました。
表紙だけでも楽しめますね~ 読む楽しみは週末まで取っといて、今晩は表紙を眺めながら一杯やるつもりです。

レビューを読むだけでにやけてしまうくらいなので、本文を読んだらどうなってしまうのでしょうか(^^ゞ
by ハッポの父 (2014-02-19 21:12) 

トイフェル

こんばんは、プリンツ[わーい(嬉しい顔)]個人的にはラインハルト坊やのくだりで、姉や弟と一緒に写ったご当人のかわいらしい画像を思い出して笑いました。(なんであんな坊やが「蜘蛛の足のような指」で「狼の目」になっちゃうのやら)
一人称小説なので、地の文も演説も「ヒトラーらしさ」満載で、特にグリメ賞受賞演説のシーンは、笑えて怖くて魅力的でした。
ちなみに手記は「狂気の内幕」のほうですが、まだ来てません[涙]
by トイフェル (2014-02-19 21:34) 

ヴィトゲンシュタイン

ハッポの父さん。ど~も。
表紙で一杯・・、良いですねぇ。
ボクは禁酒Dayにつき、寂しい夜を過ごしています。。

まだ紹介していない小ネタはたくさんありますから、ぜひ「総統」に成りきって読まれれば、楽しい週末になると思います。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-02-19 21:51) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。 トイフェルさん。

>姉や弟と一緒に写ったご当人のかわいらしい画像
なるほど、アレか。1915年の写真かな?? その手もありましたね。今回は、ハイドリヒの葬式での息子を選んでしまいました。

>グリメ賞受賞演説のシーンは、笑えて怖くて魅力的でした。
そうですね。本書で一番盛り上がるシーンですかね。全員でジーク・ハイル! はあえて書かなかったんですが、ぐっときました。。

「狂気の内幕」も500ページ越えですけど、上下2段組で字も小さいですから、本書の倍くらいの読みごたえがあります。
あの本も「自分に都合の良いように書かれている」なんて評判がありますけど、そもそも回想録なんてそんなもんだし、当時の状況を考えれば、当たり前です。そのあたりを理解しながら深読みすると、なおさら楽しめると思います。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-02-19 22:12) 

でんこう

ヴィトゲンシュタイン様、こんばんは。
この本は翻訳される前に某政治解説サイトで紹介されて以来、気になっていました。
「ヒトラーがコメディアンに」というユニークな設定ですが、某動画投稿サイトではブルーノ・ガンツ演じるヒトラー激怒のシーンがネタとして根強い人気を保っていることを考えると、さもありなんと思います。

面白さが伝わる、とてもいいレビューでした。
早速明日にでも購入して来ます。
by でんこう (2014-02-20 00:58) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。 でんこうさん。
あはは、そうだ。「総統閣下はお怒りの様です」ってありましたねぇ。
あれも現代をおちょくったネタが多かったような・・。

なんか、久しぶりに褒められた気がして嬉しいです。
上巻の最初に書いたように、独破戦線らしくを意識して書きましたから、「現在のドイツを風刺する」という本来のテーマにはあまり触れず、第三帝国ネタを中心にしましたので、どこまで伝わっているかが気になっていましたので・・。
とはいっても、でんこうさんもまだ読まれていませんから、感想をお待ちしております。
どこでも好意的な書評が多いようですけど、ボクは所詮、小説なんだから、もっといろんな感想があっても良いと思うんですよね。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-02-20 01:25) 

NO NAME

ローラン・ビネ『HHhH――プラハ、1942年』という本もナチ文学関連で気になるタイトルかと思います。英語版の表紙に至ってはイェール大から出てるハイドリヒ伝に目線を足したようなデザインで思わず手に取ってしまいました。


by NO NAME (2014-03-10 00:15) 

ヴィトゲンシュタイン

「HHhH――プラハ、1942年」、ボクも去年、読みました。
各国の表紙についてもまとめていますので参考までに・・。

http://ona.blog.so-net.ne.jp/2013-09-09
by ヴィトゲンシュタイン (2014-03-10 01:00) 

NO NAME

 「帰ってきたヒトラー」は日本語版が発売されてすぐに購入し読みましたが、役者さんのセンスも光っていたと思います。
 それと日本では未定ということですが、これの映画が10月末からドイツで公開ということです。
by NO NAME (2015-09-23 03:04) 

ヴィトゲンシュタイン

日本でロードショー公開されると良いですな。
by ヴィトゲンシュタイン (2015-09-23 19:50) 

IZM

ヴィト様こんにちは。
公開から4週間、とうとう見に行ってきました。公開から日にちはたっているのに土曜の夜だったせいか、客席は8割がた埋まっていたので人気作品なんだなと感じました。 冒頭シーンが手振れでカメラがフラフラしながらヒトラーが話してるのを見た時「・・・低予算自主映画かしら?」と思ったら、これも演出で、ちゃんとした映画でしたwww 「本とは別作品として楽しめるように作られているんだろうな~」と、未読のワタシでも感じられる作りになっていて、先ほど監督・俳優のインタビュー映像を見たらやはりそう発言していました。あ、未だ未読なので、一応見に行く前にこちらのレビューで予習してから行きましたが。。。
ヒトラー役のオリバー・マスッチは舞台中心の俳優のようで、かなり「ガタイのいいヒトラー」という仕上がりでしたが、ノーメイクだとやはり別人。。。
https://de.wikipedia.org/wiki/Oliver_Masucci
役者インタビューでは「街角インタビューを撮るシーンでは、私の台詞の意見に賛同して『次はあなたに投票したいわ』と言ってくれる(エキストラの)人が少なからずいて、困惑した。」
あと、TV局のプロデューサー&社長役の俳優、クリストフ マリア ヘルブストは、「帰ってきたヒトラー」の朗読(CDは30万枚のセールス)をやっていて、役者インタビューの中では「朗読劇で散々ヒトラーを演じたから、映画の中でもう一度やるのは。。。」とヒトラー役は辞退したそうです。
映画がお好きなヴィト様のために、極力ネタばれ無しのレビューを書きましたが、ぜひ日本で公開した際には安心してど~ぞご覧くださいませ。
by IZM (2015-11-22 19:29) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、 IZMさん。
なかなか人気あるんですねえ。コッチではドイツでの反響が全然ニュースにならないので、どんなこっちゃ?? と思っていたところです。
日本での公開はどうかなぁ? 五分五分と思ってます。。ありがとうございました。
by ヴィトゲンシュタイン (2015-11-24 07:46) 

さくら

映画、今日、行ってきましたよ!
面白かったですー。
前半はずっとニヤニヤして見ていました。
原作はエンタですが、映画はエンタながらも骨太く作ってあって、原作が中途半端にごまかした「おばあさんとの対決」もしっかり消化してました。
後半も笑えることは笑えますが、現実の外国人排斥デモとかとリンクさせているので笑いにくい……。
原作に比べるとかなり後味悪いですね。
でも!とても良い映画でしたので、DVD出たらまた見ます。

by さくら (2016-06-18 00:05) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、さくらさん。
初日からですか!

なるほどねぇ。多少、原作と違うとは聞いていたんですが、「おばあさんとの対決」もしっかり消化・・というのは、ココのコメントならではの情報です。

「たのしいプロパガンダ」の著者である辻田真佐憲氏が「現代ビジネス」に寄稿したレビューもかなり興味深かったです。鑑賞済みの観点から、一読されてはいかがですか?

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48879
by ヴィトゲンシュタイン (2016-06-18 07:48) 

さくら

うちの近くの映画館は1日しか上映ないんですよ。
超ヒット作とはいえ、やはりドイツ以外はマニア向けなのか…。
お客さん、みんな一人で来てるしな(笑)。
その記事読みました!
…ヴィトゲンシュタインさんのツイートに書いてあったので(笑)
いい記事書かれますね、この方。その通りですね。

私はツイッターやってないんですが、たまにまとめて読ませていただいてます(抜けてるのもありますが)。
ありがとうございます。
短いツイートでも、溢れる知識ですね。
「この本、気になる」とか書いてあると、「じゃあ、読んだらブログを……」とか思ってしまいますが。
気が向いたらお願いします^^;


by さくら (2016-06-18 12:29) 

ヴィトゲンシュタイン

ありゃ、ツイート読まれてましたか。。
基本、寝ぼけてるか、酔ってるかなんでお恥ずかしいです。

by ヴィトゲンシュタイン (2016-06-19 19:51) 

わさび饅頭

こんにちは~。DVDで本作品を視聴しました。興味ふかかった~。
あまり知識はありません。けれども彼の危うさは、世界のエリート達に共通してませんか?ドイツは超エリート主義に陥っては、被害を被り国を荒廃させる歴史を繰り返していませんか?この超エリート主義は社会(共産)主義と民主(資本)主義の双方が行き着いて煮詰まっているお題のように思えませんか?超エリート主義の原型は一神教でメシア降臨を願望するよう洗脳した結果では?・・なんてねw
by わさび饅頭 (2017-02-13 12:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。