So-net無料ブログ作成
検索選択

卍とハーケンクロイツ -卍に隠された十字架と聖徳の光- [ナチ/ヒトラー]

ど~も。おととい初めて「ナウシカ」を観たヴィトゲンシュタインです。

中垣 顕實 著の「卍とハーケンクロイツ」を読破しました。

先日、神保町の三省堂で「スターリンの将軍 ジューコフ」でも軽く立ち読みしてみようか・・と
フラフラしてたところ、おすすめ本コーナーのような場所で本書を見つけました。
今年の6月に出た230ページの一冊ですが、ズバリなタイトルと表紙に惹かれました。
以前から気になっていたテーマでもありますし、いつになく楽しみです。

卍とハーケンクロイツ.jpg

初めて「卍」を意識したのは、小さい頃にTVで見ていた「仮面の忍者 赤影」の「卍党」です。
いわゆる悪の組織でショッカーみたいなモンですが、とても印象的でした。
小学校低学年でナチスも知らない時ですから、この「卍」に特別なインパクトがあったんでしょう。
しかし、「卍党」って書くと、「ナチ党」の略語みたいですね。

manjitou.jpg

「序章」では本書がニューヨーク神学校での伝道学博士論文がベースであり、
2012年、著者の住むブルックリンのアジア系宝石店で「卍」のイヤリングを売っていたことが
新聞沙汰となり、店主は「卍」はチベットの幸運のシンボルだと説明したものの、
「一般人には、卐(スワスティカ)は憎悪のシンボルである」と政治家までもが介入。
英語では「卍」も、「卐」(逆まんじ)もスワスティカと呼びますが、
西欧社会ではとにかく「邪悪なシンボル」であることを解説します。

hakenkreuz-stop-nazi.jpg

そして第1章は「日本・仏教における(卍)」です。
地図にはお寺のマークに「卍」が使われ、浅草寺には屋根や焼香台、
灯篭などにも「卍」が見られ、海外からの観光客も違和感を覚えています。
本文には白黒写真も掲載されていますが、巻頭には7ページほどのカラー写真があり、
本文とリンクしていてわかりやすいですね。
神社は「鳥居」のマークで表されますが、近所の根津神社は「卍」が多く使われているそうなので、
カメラを持って行ってきました。

Nezu Shrine.jpg

ははぁ、気が付かなかったなぁ。「卍」だらけです。

Nezu Shrine2.jpg

その他、お土産グッズやら、家紋やらと「卍」は生活の中に浸透し、
アントニオ猪木の「卍固め」も紹介。あ~、そうか、それもありましたか。
プロレス好きでしたから良く友達と掛けたり、掛けられたりしたもんです。
ミル・マスカラスの大ファンだったので基本、全日を見たり、観に行ったりしてましたが、
後楽園ホールで開催された新日のファン感謝祭にも行きましたね。。
藤波 辰巳がまだ、ジュニアヘビー級チャンピオンだった頃のことです。

Octopus hold.jpg

1999年には日本のみで発売されていたポケモン・カードに「卍」があり、
それが海外へ流出したことで大きな論争に発展。
任天堂は謝罪しますが、相手はアジアでも「卍」を使うなという論調・・。
世界はユダヤ人のためにあるわけでないと、著者は語っていますし、
任天堂、謝んなよ!と、思わず心の中で叫ぶほどムカつく話ですね。
ヒトラーもハーケンクロイツもまだ出てこないのに、コリャなかなか楽しい。

pokemon-swastika.jpg

そもそも本来の「卍」の意味はというと、
大吉、幸運といっためでたい兆しである「吉祥」と、
いろいろな功徳があるという意味の「万徳」。
「卍」は幸せのエキスが詰まったシンボルであるのです。
そしてサンスクリット語の吉祥・万徳を意味するスワスティカという言葉に由来し、
インド・ヒンズー教のヴィシュヌ神と関係が深く、仏教伝来とともに日本に伝わります。
仏の胸には「卍」があり、平安時代に作られた阿弥陀如来像にも「卐」が・・。

阿弥陀如来 卍.jpg

また、仏教のスワスティカは経典によると右回転「卐」とあるそうですが、
現在では左回転「卍」がスタンダード。
その理由は、影響力のあった中国仏教が639年に左回転「卍」を正式な漢字とし、
それ以降、すべての仏教に定着したとしています。

swastika.jpg

第2章では「世界中にあるスワスティカ」としてその起源にも触れます。
スワスティカはもともと太陽を現すシンボルと考えられ、
「卐」はインダス文明の頃にまで遡り、3000年もの聖なる歴史があるということですが、
面白かったのは西洋文化、特にユダヤ教の古代シナゴーグ遺跡からも発見されており、
ダビデの星」がユダヤ教の聖なるシンボルならば、
その横にあった「スワスティカ」も同様と考えるべき・・という話ですね。皮肉だなぁ。。

Swastika on Ein Gedi synagogue mosaic floor. Discovered 1965.jpg

アメリカ・インディアンもスワスティカを使用していました。
その意味は部族によって異なるようですが、治療・癒しの聖なるシンボルなど・・。
やがて白人開拓者にも広がって、カウボーイのピストル革ケースや、
乗馬の鞍などに、四葉のクローバーとともに幸運のデザインとして使われます。

Indian swastika.jpg

こうして1930年までは米国大衆文化にも浸透したスワスティカ。
1925年にはコカコーラのデザインにもなります。

cocacola-swastika-1925.jpg

絵葉書も星条旗とスワスティカの組み合わせ。
まるでルーズヴェルトとヒトラーが手を結んだプロパガンダ絵葉書みたい・・。

us-swastika-flag.jpg

第3章は「ホロコースト」です。
著者はヨーロッパのユダヤ人とホロコーストを知るために、
トレブリンカアウシュヴィッツザクセンハウゼンの3つ強制収容所を巡り、
博物館となっているアンネ・フランクの家、同じくオスカー・シンドラーの工場も訪問。
ワルシャワでは長老ラビとも会談します。

こうして第4章は「ハーケンクロイツとスワスティカ」の関係へ・・。
ヒトラーの「わが闘争」のドイツ語版、英語版、日本語版から重要な部分を抜粋します。
ドイツ語版で「ハーケンクロイツ」と書いていたものが、「スワスティカ」に英訳され、
日本語版では「鉤十字」と翻訳されていることに注意を払い、
ヒトラーがインド起源のスワスティカという言葉を知っていながら、
あえて「先端の曲がった十字架」という意味で知られていたハーケンクロイツを使ったとします。

book-disney-donald-fake-hitler-mein-kampf-Favim.jpg

すなわちキリスト教における十字架の一種が「ハーケンクロイツ」であり、
ヒトラーが制定したドイツ十字章(Deutsches Kreuz)のデザインも
ハーケンクロイツだということは「卐」が十字架である証拠としています。

それは複数の英語版を比較して、より詳しくなります。
1933年の初期の英語版ではスワスティカではなく、「Hooked Cross」が使われていて、
1939年以降の版からスワスティカに切り替わります。
著者はこれをドイツ軍が十字架を持って戦っていることを意図的に
英米が国民から隠そうとしたと推測します。
ナチス国旗は東洋の怪しいシンボルであるスワスティカであり、
英米は真の十字軍である・・といった図式ですね。
こうして「卐」スワスティカは、ホロコーストの代名詞となっていくのでした。

Leibstandarte SS Adolf Hitler.jpg

第5章「ヒトラーの隠された十字架」では、「卐」のデザインが採用された経緯を検証。
歯科医フリードリヒ・クローンが提出したデザインをヒトラーが手直ししたのが
「ハーケンクロイツ」だというのはわりと知られた話ですが、
本書ではこのクローンがトゥーレ協会の会員であったことから
同協会のシンボルの丸みを帯びた「鉤の十字架」であっただろうと推察。

Thulela.jpg

ヒトラーユーゲントが人文字で描いているのは丸みを帯びたデザインですね。
これは「sonnenrad」という名前で、回転する太陽を現すようで、
第5SS装甲師団「ヴィーキング」もコレだったなぁ。

Hitler youth honor an unknown soldier by forming a swastika symbol on Aug. 27, 1933.jpg

ナチ党婦人部のピンバッジでは、前に紹介したのとはちょっと違う
こんなデザインも見つけました。

n.s. frauenschaft.jpg

ヒトラーによって今の形となり、赤を基調にした配色も完成。

Hitler_Hakenkreuz.jpg

オフィシャル・デザインの人文字も作ります。

Die Hakenkreuz und der Krieg und Frieden zeigen.jpg

基本的には「卐」に45度の角度をつけたものが正式なナチ党のシンボルですが、
本書でも触れられているとおり、角度の付いていないものも存在します。
特に連隊旗はそうですね。
党大会の会場であるツェッペリンフェルトにも角度なしが据えつけられていますが、
角度ありと無しの区別は不明です。
ただ、角度のある方が革命運動が回転しているように感じるのも確かです。

nrnberg1938n.jpg

でも、もともとのトゥーレ協会の鉤の十字架が角度がついていますし、
十字架は必ずしも「十」形ではなく、
スコットランドのセント・アンドリュース・クロスのように「X」形も存在します。
X十字による磔刑」というヤツですね。

さらに1873年、ドイツ人のシュリーマンが古代トロイ遺跡を発掘し、
そこで多くのスワスティカのモチーフを発見したことで、
インド・ヨーロッパのシンボルとして国際的な注目を浴び、
20世紀初頭に欧米で幸運のシンボルとして大衆化したということです。
本書に掲載されているものでありませんが、
1920年のヒトラー・スケッチと呼ばれているものもあったりして・・。

skizze_hitler_hakenkreuz 1920.jpg

第6章では「アーリア人卓越民族思想」について詳しく書かれ、
第7章ではキリスト教の歴史における「反ユダヤ主義」、
そして新たに「ハーケンクロイツ(鉤の十字架)」を掲げたヒトラーの聖戦へと進みます。
主にマルティン・ルターの書いた「ユダヤ人と彼らの嘘について」から抜粋し、
「ユダヤ人は毒蛇の子、サタンの子どもである」という強烈な反ユダヤ主義を紹介。
ヒトラーが受けた影響にも言及します。

martin luther_hitler.jpg

また、十字架そのものがユダヤ人にとっては否定的な、反ユダヤ主義のシンボルであり、
それはキリストを十字架にかけた責任がユダヤ人の罪である・・という歴史にも触れ、
改めてハーケンクロイツは、新たなドイツ人キリスト教のシンボルだとしています。

巻頭ではフィンランド空軍のスワスティカ・マークの他にも、
ハーケンクロイツが図柄のクリスマス切手がカラーで掲載されていましたが、
「DNSAP」っ誤字ってんじゃないの?? と調べてみたら、デンマークのナチ党でした。
ドイツ語の「NSDAP:Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei」じゃなく、
「Danmarks Nationalsocialistiske Arbejderparti」。略して「DNSAP」です。

Danish Nazi Party_dnaps-1938_swastika above candle.jpg

このように「卍(まんじ)」、「卐」も、神聖なシンボルとして3000年も敬われ、
ヒトラー政権が起こした、たった12年間の行動には責任がなく、
スワスティカも被害者なのだと締め括ります。
そして大量殺戮とは正反対の平和のシンボルのはずなのに、
いまだにそれを認めない西欧の世界。
一方的な西欧中心の世界観と価値観を、他国に押し付けることに苦言を呈します。

manji 1983.jpg

ニューヨーク仏教連盟前会長、浄土真宗の僧侶の研究書・・と書くと、
仏教徒である日本人でも難しそうな内容に感じますが、そんなことはありませんでした。
個人的には宗教は全般的に疎い人間ですが、仏教の起源やその伝来、
ユダヤ教とキリスト教についても勉強になりましたし、
卍(まんじ)と、卐(ハーケンクロイツ)、そしてスワスティカが頭の中で整理できました。

もちろんハーケンクロイツが、「新たなドイツ人キリスト教のシンボル」というのは
仮説なわけですが、ヒトラーが1920年代から教会とは巧くやっていたことを思い出しても
悪くない仮説だと思います。
ヘインリッヒ・ヒンムレルなんて誰だかわからない人も出てきますが、
これくらいは許容範囲でしょう。(Heinrich Himmler)とも書かれてますしね。
宗教を中心としてワールドワイドな観点から見た著者ならではの、
他に類を見ない優れた一冊ではないでしょうか。







nice!(2)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 15

ルー

ヴィトゲンシュタイン様こんばんは、ルーです。このたびの内容もとても興味深く読ませていただきました。卍って奥が深いのですね。文中に「オフィシャルデザインの人文字」の写真を拝見して、映画「プロデューサーズ」(スーザン・ストローク監督作品)の劇中劇になっている「春の日のヒトラー」でも人文字で卍を作って回って見せる場面があり、舞台の上で人文字を作っているので客席からは、何の形かわかりにくいので鏡を使って真上から卍がよく見えるように工夫されていて面白かったのを思い出しました。あと、着物の地紋などに使用される卍くずしという模様もあったなーなどと思いました。こんな感想ですみません。このような場でどうしようかと思いましたが、ヴィトゲンシュタイン様に申し上げます。私は、女ですが、本屋さんで戦記関係の本棚へ行くとそこにいる男性のお客さんたちがいますが、その方達は私を見ると「なんだ、こいつは」みたいな顔をされたりします。あるとき月刊パンッアーなる雑誌を手にとりクルスクの戦いの特集記事に見入っていてふと、視線を感じて顔を上げると男の人がまるで、地球外生物でも見たかのような顔をして私の開いているページと私の顔を見比べていきました。やっぱり、他人から見ると女がこういう分野に興味を持つというのは、奇異なことなのでしょうね、でもヴィトゲンシュタイン様はフツーに、自然に接して下さったのでとてもとても嬉しかったです。一言お礼申し上げます。では、お体に気を付けて良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。
by ルー (2013-12-29 21:23) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。こんばんわ。
「プロデューサーズ」は見逃していますねぇ。そんなシーンがあったんですか。しっかりと憶えておきます。

>地球外生物でも見たかのような顔をして私の開いているページと私の顔を見比べて
いやいや、笑っちゃいけないですが、ヒドい話です。。
このBlogは女性の方からもコメント戴くんですよ。5~6人くらいいらしたかな?? しかも結構マニアックだったりして・・。ですから、女性がこの分野に興味を持たれていることに違和感は憶えません。
ただ、実際ボクがよく行く神保町の軍事書専門店や書泉グランデの軍事コーナーで女性を見かけたことは一度もありませんね。
「クルスクの戦いの特集記事」を真剣に読まれている女性を見かけたらやっぱり気になるだろうなぁ。まして綺麗な方だったら尚更・・。ボクなら軽く声掛けそうです。。
それでは良いお年を。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-12-29 23:51) 

IZM

2ヶ月くらい前、近所でハーケンクロイツのスプレー落書きを発見し、「お!珍しい!」と思ってたら、別の日に上書きされて、「これ書いたやつ死ね」みたいになってました。でも未だに消されてはいないのですよね。。。。結構人通りの多い場所なんですが、大きいハーケンクロイツがそのままなので、気になったり。
上のルーさんもおっしゃっていますが、着物の柄で卍があるという話は聞くので、一度見てみたいと思っていますが。
「ナチスの発明」の表紙がまんまアレなので、家族にドン引きされましたよ。今年のクリスマスのプレゼントはそんなわけでなのかヒトラーが表紙のマガジン「Geshichte」を旦那からもらいました。まさかクリスマスまで総統にお目にかかるとは。。。。
西洋での卍の扱いがこんなになってしまったのは非常に残念だと思いますが、アメリカではOkみたいですよね。。。卍やSSのロゴを顔に刺青しているアメリカ人ネオナチをドイツのTVで取り上げていましたw
丸い卍のデザインが結構来ますねえ~。
ヴィト様、もし独破戦線オフ会やったら、意外と女子多いかもしれませんね!www
by IZM (2013-12-30 06:44) 

IZM

そしてナウシカの感想がどうだったのか非常に気になるところですが、漫画のほうも推薦しつつ、紅の豚もぜひ。しかし最近のパヤオ先生の言動がおかしすぎてもうついていけません。
by IZM (2013-12-30 06:49) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、IZMさん。
ドイツではハーケンクロイツ(卐)は法的にNGでも、卍(まんじ)ならOKなんですね。ダメかなぁ??

紅の豚は半年くらい前にTVで観ました。ハードボイルド・コメディって感じで、なかなか良かったですね。
ナウシカは途中で連れて行かれちゃうところ、チビッ子たちが、「姫姉さま、行かないで~」みたいなところで、もう泣きました。。ああいうの弱いんだなぁ。漫画の方は、確か続きの話が長いそうですから、読んでみたいですね。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-12-30 14:22) 

コメート

とても、勉強になりました!
by コメート (2014-01-01 13:08) 

ジャルトミクソン

明けましておめでとうございます。
今年も楽しみに拝見させていただきたく思います。

今回の話も実に面白かったです。
ナチスもよくありませんが、紋章狩りみたいなことをするのも関心できませんね。
全く別の文化的文脈に存在するものを自分たちの尺度で生殺与奪するのはどうも。

ナウシカ漫画版は私からもおすすめあたします。
by ジャルトミクソン (2014-01-01 17:55) 

ヴィトゲンシュタイン

コメートさん。
そりゃ、良かったです。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-01-01 20:46) 

ヴィトゲンシュタイン

ジャルトミクソンさん。
明けましておめでとうございます。
本書はまさに日本人著者ならではの視点でしたね。
卍(まんじ)とは何か。
スワスティカとは何か。
ハーケンクロイツとは何か・・、
という3段階で理解していく展開も良かったですね。
卍(まんじ)好きの日本人としては、どうにかならないモンかと思ってしまいました。

ナウシカ、いろんなバージョンの本があって、それがまた悩ましい所です。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-01-01 21:01) 

IZM

ヴィト様明けましおめでとうございます~。今年もどうぞよろしくお願いします。
>卍(まんじ)ならOKなんですね。ダメかなぁ??
ドイツ人にいちいち説明して回らなきゃいけないので面倒ですよねwww
ドイツの芸術家が卍をモチーフにした作品を作って展示して、裁判になったケースもありますので。(結局はOKになった。)
ハーケンクロイツとはちょっと違いますが、わりと最近の地元ネタでは、海洋をモチーフに描くドイツ人絵描き(地元在住)がギャラリーの窓から虫干ししていた昔のドイツ海軍旗(軍艦モチーフの絵の展示のデコレーションとして普段使用しているもの)を見た通行人が騒いで新聞記事になっていましたけど。。。 ちょうどそのギャラリーのある通りでアメリカ祭りやってたから、余計ざわついたらしいですw 地元ではこんな事が新聞のネタになるんだから、ある意味平和だな~て思いました。

by IZM (2014-01-01 23:06) 

ヴィトゲンシュタイン

IZMさん。明けましておめでとうございます。

なるほど、裁判沙汰にまではなってしまうんですね。。面倒くさいなぁ。
じゃあ、卍くずし模様というより、「モロ卍」柄の着物で地元を徘徊してたら、さすがのIZMさんでも逮捕されちゃうこともあり得るんですね。。
正月早々、不謹慎なコメント書いてスイマセン。。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-01-02 08:26) 

タキコプター

わかり易かったです!
勉強になりました
by タキコプター (2015-01-13 21:52) 

IZM

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。ヴィト様のご健康とご多幸をお祈りしております。可能であれば戦線復帰もお祈りしています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
気になって卍柄の着物を探してみましたが、柄続きになってたり、面白い色の配置で、一見卍がわからないグラフィカルな柄があったり、「単に卍」というのではなくて面白いですね。
ちなみに「卍柄 着物」で検索をかけてもこのブログ上位にヒットしますwww
by IZM (2015-01-14 18:18) 

ヴィトゲンシュタイン

タキコプターさん。
そりゃ、良かったです。

by ヴィトゲンシュタイン (2015-01-14 20:08) 

ヴィトゲンシュタイン

IZMさん。明けましておめでとうございます。
卍柄の着物・・ボクも最近、数バリエーションみましたよ。小さい紋様だから、パッと見わからないですね。

もう終わってから半年経つのに、まだアクセス多いですね。
年も変わったし、ちょうどtopページだけでも変えようか、独破リストにするか・・なんて考えていたところです。
近々、軽~く更新するかも知れません。
by ヴィトゲンシュタイン (2015-01-14 20:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。