So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼくたちもそこにいた [戦争小説]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ハンス・ペーター・リヒター著の「ぼくたちもそこにいた」を読破しました。

先月の「あのころはフリードリヒがいた」に続く、著者リヒターの自叙伝的小説、第2弾です。
前著は反ユダヤ主義を少年の目で描いたものとして有名でしたが、
本書は熱心なヒトラー・ユーゲントであった自分たち少年の姿と、その生活を描いたもので、
翻訳版は1995年、そして2004年に新装版として出た302ページの児童文学です。

ぼくたちもそこにいた.jpg

1933年のドイツ、夜中に殺し合い。殺されたのは茶色、やったのは赤。
人ごみの中で女が言います。
「この政治、いまいましいったらありゃしない! 
ヒトラーか、でなきゃ、テールマン。茶色か赤か。どっちもどっち、似たり寄ったりなのに!
馬鹿を見るのは私たちよねぇ!」 
すると中年の男が口を挟みます。
「政権を取るのが共産主義者か国家社会主義者かで大違いだ。
共産主義者は俺たちから個人の財産を奪おうとして・・」。

8歳の「ボク」は友人のギュンターとアパートの前で歌を唄っています。
しかし帰ってきた父はビックリし、「お前たち、気がおかしくなったのか!」 
「母さん、この子たちったら大声で『インターナショナル』を唄ってるんだ」。
そして「新しい首相はああいうのが嫌いなんだ、赤は禁止になったんだよ・・」と
汗をかきかき説明し、どうしても唄いたければこの歌をとばかりに、
旗を掲げて(ホルスト・ヴェッセル・リート)』を推奨するのでした。

Nürnberg, Horst Wessel mit SA-Sturm.jpg

夏には新しい政党の結成が禁止され、10月には国際連盟から脱退。
11月にはまたもや総選挙・・。
大統領ヒンデンブルクと首相ヒトラーのポスターが至る所に張られ、
「アドルフ・ヒトラーで平和を!」と、横断幕の投票所。
息子に『インターナショナルを教えたギュンターのお父さんが騒いでいます。
投票用紙には「諸君は帝国政府が行う政治に同意し、それを諸君自身の見解と
意思の表明であると宣言して、自らそれに属することに誠意をもって認める用意がありますか?」
と書かれ、ナチ党以外からは何も選べない、形だけの総選挙なのです。

Wahlplakat_der_NSDAP_zur_Reichstagswahl.jpg

そんななか、「ドイツ少年団」入りした2歳年上のハインツは、よぼよぼのお婆ちゃんに説明。
「白い用紙の『国家社会主義ドイツ労働者党』の横にある丸になかに印をつけてね、
緑の用紙には『賛成』の丸のなかに印を書き入れてください」。
それを見ていた「ボク」の父は、「お前、ああいう子を友達にしなくちゃ!」 

Stimmzettel_RTW_1933.jpg

翌年、祖母に買ってもらった茶色の開襟シャツを着て、
ドイツ少年団の最年少団員として街中での大行進に初参加する「ボク」。
ハインツに助けてもらうも、長い行進にフラフラになって涙を流しながら市電で帰るハメに・・。。
SA(突撃隊)、ヒトラー・ユーゲントドイツ少女同盟にドイツ少女団
そして「ボク」のような14歳までの年少男子が所属する「ドイツ少年団」ですが、
ドイツ語では"deutsche-jungvolk"、マークもハーケンクロイツではなく、
「ジークルーン」なんですね。

deutsche-jungvolk enameled membership lapel badge.jpg

冬季救済事業での募金集めも年上のハインツは「ボク」と違って絶好調。
共産主義者の父を持つギュンターは学校でも除け者扱い。
そして街中で「きったねぇユダヤのブタ野郎!」と罵倒されているのは
あの「フリードリヒ」です。
ひとりの団員が飛んできて、「やれよ、いっしょに!」 

Plakat-Die-Fahne-hoch.jpg

1938年、13歳となって、49歳を迎える総統誕生日の準備に向かいます。
「貯金帳がいっぱいになったら、フォルクスワーゲンでアウトバーンを走れるようになる。
そしたらドイツ中、オストマルクまで旅行できるぞ」と父も喜んで送り出します。

hitler-jungvolk.jpg

迎えに寄ったハインツの大きな家では、ガラスの額に入った大きな総統の写真が
少年団へプレゼントされます。ハインツの父は2人に語ります。
「君たちが羨ましい。君たちの味わうことのできる未来が羨ましい」。

hitler-_junkvolk.jpg

続いて強制的にドイツ少年団へ入団したギュンターの家へ・・。
一度、投獄もされたギュンターの父は「ヒトラーは我々を戦争に引きずり込むぞ!」と
怒りを爆発させ、「出ていけ!」
そして玄関の外でお母さんが子供たちにすがるように言うのです。
「お願いだから、あなた達、今のコト、聞かなかったことにしてね」。
う~ん。ヒトラーの悪口を言った親を、子供が密告したって話、ありますからね。。

供給物資として、各家庭から中古品や古鉄回収にみんなで繰り出し、
ボクも自然に参加してしまった「水晶の夜」事件を巡って、ハインツは
「ドイツ少年団とヒトラー・ユーゲントは参加しないことに決まっていたんだ」と告白します。
「ぼく、親父がそのことで電話で話してるのを偶然、聞いてしまったんだ」。

hitlerjugend_Raum Köln.jpg

1939年、ついに14歳となり、晴れてヒトラー・ユーゲントとなった「ボク」。
新しい小刀に刻まれた「血と名誉」、黒い柄に掘ってある「HJ」の印も磨き上げ、
これまでと違う赤と白の腕章はしっかり縫い付けないとずり落ちたり、
ぐるぐる回ってハーケンクロイツが内側になってしまうのです。。

HJ dagger.jpg

しかし、ポーランド侵攻によって英仏との戦争も始まっています。
年上の分団長ハインツは、17歳になったらすぐに志願すると宣言。
すると団員たちも口々に言い始めます。

「ぼくは空軍が良いなぁ。格好良い制服を着てるしなぁ。急降下爆撃機に乗って・・」。
「ばか!そんなにぶくぶく太ってて、あの急降下爆撃機に乗り込めもしないだろ」。
「ぼくは参謀本部の将校になるんだ。危険性が無いしね。
金のボタンに金の飾り紐。襟には騎士十字章。女の子が振り返って見るよ」。
「この卑怯者!危険のないポストを探しておいて、騎士十字章もないもんだ」。
「ぼくは海軍に行くんだ。潜水艦さ。これこそ本命だよ。どんな船だって寄せ付けないんだ」。
「水の中ばっかりいてどうするんだい。ぼくは陸軍だ。フランス人を皆殺しにしてやる!
それにさ、フランスには男狂いの綺麗な女の子がいるんだって。ヒヒヒッ」。

deutsches jungvolk.jpg

そして翌年、17歳となったハインツは志願兵となり、彼の後任の分団長には、
ヒトラー・ユーゲントは嫌だけど、みんなと一緒にいたいと考えている程度の
やる気のないギュンターが選ばれてしまいます。
「ボク」は父親から、なんでお前が選ばれないで共産主義者の息子が・・と叱責。。
1年後、下士官となり2級鉄十字章のリボンを付けたハインツが負傷して帰還します。
「英雄の話」をせがむ団員たちに彼が見た、たった一人の英雄の話を・・。

それは手榴弾訓練場で出来事で、穴に下りた1人の兵が導火線を引いた後、
掩蔽地の他の兵が待機している方に投げてしまい、その瞬間、
教官の上等兵が駆け寄って、手榴弾の上に腹這いに身を投げた・・。
ナチのエリート養成学校を描いた「ナポラ」という映画で、同じようなシーンがありました。
とても印象的だったので良く覚えていますが、本書のパクリなんですね。

napola.jpg

ヒトラー・ユーゲントの訓練もカービン銃の組み立てや、射撃訓練と
軍事教練の色が濃くなってきます。
そんななかで天才的な狙撃の才能を現すのは、
「急降下爆撃機に乗りたい」と言っていた「ふとっちょ」です。

Teenager an Kanonen.jpg

しかし、街を襲った空襲によって「ふとっちょ」は瓦礫に埋まり、死んでしまうのでした。
あ~、この名前もない「ふとっちょ」は良い味出してましたがねぇ・・。

HJ-Angehörige löschen nach einem Bombenangriff.jpg

1942年、17歳となり、徴兵検査を自ら受ける「ボク」とギュンター。
志願兵として兵科を自由に選べるにもかかわらず、彼らの希望は「歩兵」。
ただし、「2人揃って同じ部隊」という条件付きです。
その結果、補充兵として送られた先は、地獄の東部戦線・・。
「ギュンター!」 と叫んで、突進してくる少尉の姿。
「君たちじゃないか!君たち2人!信じられない!」と力任せに肩を叩くのはハインツです。 

Hitler Youth Belts and Buckles.jpg

そんな再開も束の間、敵の捕虜を捕まえる任務に出かけたハインツが
絶体絶命の危機に。
榴弾と弾丸が飛び交う地獄の真っ只中に、胸壁を飛び越えて走り出すギュンター。
「ハインーツ!」 とギュンターの叫びが響き渡るのでした。

え~、本書はコレにて終了です。
いつも小説はネタバレになりますから、最後の最後までは書かないんですが、
ホントにこのシーンで終わります。表紙の絵と同じ状況だなぁ。。
3部作の最終巻、「若い兵士のとき」に続くんでしょうか。
まるで「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」をテアトル東京で観て、
「なんだよ。ハン・ソロはどうなっちゃうんだよ!」と思ったのと同じ感じです。
まさかアレもパクリだったりして・・。
そういえば「ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア」良かったっス。ほろっと・・。

ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア.jpg

端折りましたが、ドイツ少女同盟(BdM)の色っぽいネーチャンも出てきたりと、
エビソートは豊富で、キャンプも含めた彼らの活動や、
それぞれの考え方、またそれぞれの家庭の状況などの違いも面白いところです。
15歳の時、同級生たちと高尾山へ内緒で一泊しに行ったことも思い出しましたし、
登場人物の誰かしらには共感を持つんじゃないでしょうか。

hj-road-bike tour.jpg

あのころはフリードリヒがいた」ともリンクしていますし、
巻末の「注」では、ユーゲントの単位、例えば最少が15人の「班」で、
それが3つ集まって「分団」、分団が3つで「団」、団が4つで「大隊」、6大隊で「連隊」と
細かい情報も掲載されていて、非常に勉強になりました。
ヒトラー・ユーゲントに興味のある方は読んで損はありません。
第二次世界大戦ブックスの「ヒトラー・ユーゲント -戦場に狩り出された少年たち-」と
合わせて読めば、より理解できるでしょう。











nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 11

IZM

>掩蔽地の他の兵が待機している方に投げてしまい、その瞬間・・・
これ、キャプテン・アメリカにも同じシーンが映画の最初にあって、あの主人公がちょっとアレなせいもあり(しかも度胸試しのため不発)そのシーン見てのっけからワタクシどっちらけだったのですね。wwwwww
でも元ネタがちゃんとあるのですねえ。
今「ナチスの発明」をよんでいるので「フォルクスワーゲン、アウトバーン」なども当時の世情ネタなのねなるほど~と思いました。
>「ふとっちょ」
がんばれベアーズしかり、ジョン・ベルーシやジョンキャンディしかりふとっちょはいい味ですねえ。
うちの男の子にもよませたい1冊です。

by IZM (2013-05-23 21:51) 

ハッポの父

ヴィトゲンシュタインこんばんは!
酔っ払いです~

「ふとっちょ」の射撃の名手…キューブリックの「フルメタルジャケット」にそんなキャラがいました。
これもパクリなのかな??
by ハッポの父 (2013-05-23 22:38) 

ハッポの父

↑ ごめんなさい!!

お名前呼び捨てです!!!!
飲み過ぎのワタクシ、東部戦線に転属ですね。


by ハッポの父 (2013-05-23 22:42) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、 IZMさん。
そうですか。キャプテン・アメリカにもありましたか。まぁ、不発じゃアレですねぇ。。
「ナチスの発明」良いですね。コレ読むと、詳しく知りたくなって、いろんな本を 読みたくなりますよ。
ボクは本書を読んでいて「スタンドバイミー」のふとっちょを思い出してました。子供の頃のことを思い出して、面白かったですよ。お子さんの反応が気になるなぁ。「若い兵士のとき」も読みます。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-24 12:09) 

ヴィトゲンシュタイン

ハッポの父さん。ど~も。シラフのヴィトゲンシュタインです。。
>キューブリックの「フルメタルジャケット」
あ~、いました、いました。前半に鬼教官のイジメにあって自殺しちゃう「ふとっちょ」でしたっけ??
アレ、ロードショーで観ましたが、前半部分の訓練の印象が強烈過ぎて、後半の前線でのシーンがぼや~・・としてしまいました。
「プライベート・ライアン」も最初の血のオマハビーチが強烈で、最後まで立ち直れずに後半のストーリーに集中できないまま映画館を出た記憶があります。すいません。シラフなのに話が逸れました・・。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-24 12:21) 

IZM

>前半に鬼教官のイジメにあって自殺しちゃう「ふとっちょ」
あ、やっぱりそうでしたか?ハッポの父さんのカキコよんで、あれかな~と思ったんですが、観たのがずいぶん前で、うろ覚えだったので。。。 1度目観た時はラストシーンの方が強烈に残りましたが、2度目観た時は前半の異常さに心奪われました。噛めば噛むほど、というのはこういうことでしょうかね。www
「スタンドバイミー」は、コリー・フェルドマン目当てに観ましたが、見た当時少年達と同世代だったのに、意味がよく分からない映画でした。
>コレ読むと、詳しく知りたくなって
そうですね。1章ごとの情報量も程ほどで、上手くまとめてあって、さじ加減が絶妙な1冊ですね。
「急降下爆撃」の方はもうすぐラストですが、ルーデルすごいわ~と、ついついよむ毎に子どもらにルーデルのすごさを報告しちゃいます。20代であの本に出合えてたら、ワタシの人生ももうちょっと違ってたかも~wwww
ヴィト様いい週末をお迎えください。

by IZM (2013-05-24 21:24) 

ヴィトゲンシュタイン

>噛めば噛むほど
キューブリック監督の映画は、そういうことですね。「2001年・・」なんて、5回は観てますが、いまだに噛み砕けません。。
>コリー・フェルドマン目当てに観ましたが、
あ~、懐かしい名前。。ボクはスティーヴン・キングの原作も読んでたし、確かに「男子の映画」って感じかもしれませんね。この映画は珍しく、原作より良い出来だと思います。
先日、神保町で朝日ソノラマの「急降下爆撃」の古書が売ってました。amazonで4000円というフザケた値段ですが、そのお店では300円也。適正価格ってのがあるんですね。面白いなぁ。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-24 22:14) 

ハッポの父

ヴィトゲンシュタイン様、おはようございます!
今のところ飲んでないハッポの父です。

IZMさんも「フルメタルジャケット」を複数回観てらっしゃるようですが、あの映画、何度観ても楽しめますね。

ところで、「太っちょ」ということば、ワタクシはゲーリングを思い浮かべてしまいます。昔の本なんかで、ゲーリングと太っちょはよくセットで使われていた気がします。
ヒトラーとヒムラーはちょびひげを生やしているし、第三帝国は「ちょ」に支配されていたんですね~ ^^;

今回、本の内容と全然関係ないコメントばかりですみません。
by ハッポの父 (2013-05-25 11:22) 

ヴィトゲンシュタイン

ハッポの父さん。ど~も。
湯島天神のお祭りなので、これから呑みに行くヴィトゲンシュタインです。
ボクも本の内容と全く関係のないことを平気で書いたりしてますので、脱線コメント、全然OKです。
久しぶりに「フルメタルジャケット」観たくなってきましたね。
そういえば今夜、wowowで「アイアン・スカイ」を放映するので、録画セットしました~。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-25 18:09) 

レオノスケ

ヴィトゲンシュタイン様、こんばんは。
3部作、買いました。面白そうですねー。じっくり読むつもりです。

by レオノスケ (2013-05-25 21:00) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。 レオノスケさん。
3部作買っても、コレ位安いと良いですよね。グロースマンの「人生と運命」なんて、高くてとても買えません。、。
「若い兵士のとき」は、来週か、再来週にUPできればいいですね。ぜひ楽しんでください。
以上、酔っ払いでしたー。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-25 23:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。