So-net無料ブログ作成
検索選択

続・クルスクの戦い -戦場写真集北部戦区1943年7月- [パンツァー]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ジャン・ルスタン著の「続・クルスクの戦い」をようやく読破しました。

南部戦区を扱った「クルスクの戦い―戦場写真集 南部戦区1943年7月」を読んだのが
3年半前ですから、かなり時間が経ってしまいましたが、
ようやく古書を3800円で購入しました。
2007年に出た 367ページの大型写真集ですが、マンシュタインやホト、武装SS、
プロホロフカの大戦車戦、といった有名なキーワードもあまりない「北部戦区」というのは
逆にあまり知らないので、新鮮で楽しめそうな気がします。

続・クルスクの戦い.jpg

まずはいつものように20ページほどカラーイラストで始まります。
Ⅲ号戦車にⅣ号戦車マーダーⅢフンメルといった自走砲に
第3戦車連隊、第35戦車連隊、第33戦車連隊などのマークもカラーで・・。
特に第33戦車連隊は「プリンツ・オイゲン」。
武装SSの山岳師団や、重巡にもこの名前は使われていますね。

prinz eugen 33. panzer rgt.jpg

本文は「準備段階」として、この「ツィタデレ作戦」が発動された経緯が解説されますが、
グデーリアンモーデルマンシュタインはいずれも、戦略上、用兵上の観点から
この作戦には反対であったものの、楽観的なクルーゲによるヒトラーヘの進言、
そして「当時すでにリッベントロップがモロトフと接触するなど、
ソ連との単独講和への道が探られつつあり、交渉が開始されていた」としています。
このような噂は聞いたことがありますが、本書は言い切ってますね。。

General_Model_at_Kursk.jpg

そしてモーデルの第9軍の戦力を表も使って細かく分析。
6個装甲師団のⅢ号、Ⅳ号戦車中心で、自走砲と突撃砲も以外にも
第505重戦車大隊のティーガー31両に
第656重戦車駆逐連隊はフェルディナンド91両、ブルムベアが42両
この準備期間の写真もいくつかありますが、「ティーガーの車上での結婚式」
という写真 ↓ が笑えます。

Pz.Abt. 505 Tiger.jpg

7月5日から始まった「ツィタデレ作戦」の様子をドイツ側の戦闘記録で紹介しつつ、
場合によっては2ページぶち抜きの大きな写真も登場しながら進みます。
野原で第9装甲師団の礼拝が従軍牧師によって行われている写真の反対には、
跪いて軍旗に忠誠を誓う、ソ連軍第4親衛戦車旅団・・、良い構図ですね。
いくらナチスといっても軍人には神が大切な存在でありますが、ソ連では・・。

このように本書は度々、ソ連側の写真も出てきます。
そして最初にカラーで紹介されていた第2装甲師団第3戦車連隊の連隊章である
「双頭の鷲」のマークがハッキリと写ったⅣ号戦車の写真も良い感じです。

2PzDiv fighting in the summer 1943.jpg

表紙の写真もキャプション付きで出てきました。
こんなタイトルの写真集の表紙ですから、一瞬、フェルディナンドかと思ったものの、
第2装甲師団第74機甲砲兵連隊所属の、ヴェスペ自走砲でした。
「女性兵士も多数投入していた」とソ連の女性兵が写った写真も出てきましたが、
彼女は衛生中隊のようですね。

soviet-russian-soldier-nurse-kursk.jpg

あのルーデル大佐も出撃したシュトゥーカ急降下爆撃機部隊もちょこちょこと・・。
特に対戦車用に搭載された37㎜機関砲でKV戦車を仕留めるガンカメラからの
連続写真ていうのは、不鮮明ながらも生々しい。。
擲弾兵や空軍連絡員、砲兵などの写真も印象的なものが多くて、
"クルスク戦 = 戦車" ではないのも実感できます。

battle_kursk_0085.jpg

Ⅲ号突撃砲G型の主砲の交換シーンも珍しい写真です。
「師団長の乗った指揮戦車が立ち往生」というちょっとした回想が出てきますが、
書いているのは第4装甲師団の師団長、片眼鏡フォン・ザウケンです。
そうですか・・。ココで戦ってましたか。

Dietrich_von_Saucken.jpg

装甲弾薬運搬車の写真も鮮明でした。
整備員が現地改造した砲塔を撤去した戦車ですが、
手榴弾避けの金網カバーが設置されていて、まるで野鳥の罠のような雰囲気ですね。

Kursk.jpg

「赤十字」のマークのついたホルヒ製のワゴンを検分するソ連兵の写真は印象的です。
「東部戦線では赤十字のマークさえ安全保障にならなかった」と書かれているとおり、
100発以上の弾痕が見受けられます。
とある衛生兵の報告もあったりして、やっぱり独ソ戦はキッツイなぁ。。

独ソ双方の"戦闘"という意味では、どっちが残酷・・なんてことはないと思いますね。
本当にルールのない、殺るか、殺れるかの戦い。。
そんな極限状態に何週間も身を置けば、それまでの彼らの常識も吹き飛ぶんですね。
「赤十字」のマークを目にしたら、敵であっても今まで人間として心配していたとしても、
例えば、弱った奴らを簡単に殺せる・・、看護婦さんを強姦できる・・、といった具合。。

battle_kursk_14.jpg

フンメルや装甲兵員車など、各種戦闘車両の写真もバラエティに富んでいて
楽しめましたが、なおさらティーガーっていうのは、存在感が凄いと思いました。
フェルディナンドやブルムベアの写真も出てきますが、
ティーガーには斜め前から見た姿など、全体像に凄味があるんですね。
こんなBlogを読んでいる方は、タイガー・ウッズ(Tiger Woods)のことを
心の中ではついつい「ティーガー・ウッズ」と呼んでいるハズです・・。

opération Zitadelle_Sturmpanzer IV.jpg

最後には「結論」として、北部戦線の戦闘をドイツ軍側から総括します。
「第9軍は、ジャブを打つように戦車部隊を投入した。
素早く、小出しに、針で突くように。
南方軍集団が楔形隊形での投入を実施したのと対照的である。
結果として、ソ連軍の戦線を打破する力は失われた。
過度に慎重な攻撃手法を採用したのは、グデーリアンの有名な金言・・
"平手で打つより、拳で殴れ!"に背くことだった」。

battle-of-kursk-german-elefant.jpg

そして独ソ双方の損害を事細かに洗い出し、7月18日にヒトラーが「作戦中止」を宣言せず、
南方軍集団が圧力をかけ続けたまま、もしも続行されていたらとして・・、
「マンシュタインは正しかった。それが勝利をもぎ取る唯一の方法だった。
彼は「ハンマー」になろうとした。そして彼の南方軍集団がハンマーならば、
第9軍は、たとえ弱くても「鉄床」でなければならなかった。
だが、前提条件として最初の2日間を過ぎた時点で、
北部戦区における攻勢は即座に中止されるべきだったのである」。

konec kurské ofenzívy.jpg

このように南部、北部の攻勢作戦を合わせて、この「ツィタデレ作戦」が理解できるわけですが、
最後の最後になって、真っ先にこの失敗の責めを負うべき人物・・として
中央軍集団司令官のクルーゲが写真付きで紹介されます。
「彼が戦況に関する現実的な知識を全く欠いていたことにある」。
いや~、めちゃめちゃ厳しいなぁ。。

von Kluge.jpg

本書の最初にグデーリアン、モーデル、マンシュタインが触れられた際に、
彼らが装甲兵総監、中央軍集団の第9軍司令官、南方軍集団司令官であることなど
一切、書かれていないことからも、本書はそれなりの知識を持っている人向きだと思います。
朝日ソノラマの「クルスク大戦車戦」を一度、読まれていると良いですね。
端折りましたが、日ごとに変わる戦局の様子、攻勢から防御へ・・も詳しく書かれ、
写真以外の部分でも勉強になりました。

こりゃ、「南部戦区」を今一度、読み直さないといけませんが、
大日本絵画の大型写真集は、「ヤークトパンター戦車隊戦闘記録集」もありますし、
今年の3月に出たばかりの「西方電撃戦: フランス侵攻1940」 もまだ。。
そしてウカウカしていたら、今月の22日には「ナチス親衛隊装備大図鑑」が・・。
コレは以前に紹介した「ドイツ軍装備大図鑑: 制服・兵器から日用品まで」のシリーズで
「日本軍装備大図鑑」に続く、原書房の大型本です。
おそらく原著は「Meine Ehre Heisst Treue: Inside the Allgemeine SS」でしょう。
むひ~、もうダメだ、こりゃ。。

Inside the Allgemeine SS.jpg

クルスク戦のオマケ動画です。ど~ぞ。



















nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 10

ハッポの父

この本、近所の本屋の棚に鎮座していて、よく手に取るのですが…値段が値段だけになかなかレジに持って行く勇気がわきません^^;
全体的に写真がもう少し鮮明ならなと感じてます。

南部戦区は持っているだけに、買わなきゃいけないんでしょうがね~

by ハッポの父 (2013-05-10 21:36) 

ヴィトゲンシュタイン

>南部戦区は持っているだけに、買わなきゃいけないんでしょうがね~
ボクもそう思い続けて3年・・。
古書が3000円になったら・・と思ってましたが、基本的に、「続」とか「下巻」ってなぜか安くなりません! ので諦めました。。
確かに内容的にも「南部線区」には勝ってないとは思いますが、なんともいえない充実感には浸れます。この心境はハッポの父さんのような、おスキな方じゃないとわかってもらえないのかも・・。


by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-10 22:02) 

IZM

パンツアーミュージアムに行く前に戦車について勉強しておかなくちゃと思いつつ、どこから始めたらよいのか見当もつかないと思っていましたが、おまけ動画を見て、ちょっと元気が出ましたwwww 
あとクルスクも調べたら現在はドイツの3都市と姉妹都市になってるみたいでそれなりに交流みたいなのがあるのかなあと想像できますね。
5月10日は地元新聞では1ページ以上割いてWWⅡ関連記事(1933年のベルリンでのナチスによる1万冊の本の焼却処分。80年記念ってことで。。。 あと、元ソ連側キルギスの戦勝記念イベントの模様も)でしたし、ラジオも大戦時のラジオ放送をオマージュしたジョークを放送してました。「メルケル首相の発言・<わが国の誇る戦車レオパルトは他国にも愛され支持されている>、ってそれは主砲が向いてる先によるのだが」とかそんな感じで旦那がそれ聞いて爆笑してました。
取り留めの無い話ばっかりですみません。。。
by IZM (2013-05-11 04:53) 

ヴィトゲンシュタイン

IZMさん、ど~も。
取り留めのない話でも大歓迎ですよ。
そうか、1933年のヒトラー首相誕生から80年なんですね。
それから「クルスク」。ドイツの姉妹都市って確認しましたが、ドコも知らない・・。クルスクも史上最大の戦車戦が行われた場所だから、こんな日本人でも知っているほど有名なんであって、歴史は面白いですね。
動画気に入ってもらえて良かったです。最近になってようやくBlogらしさを追及しています。。そして「ウォッチ・ザ・パンツァー」もガンバリマス。

by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-11 15:35) 

あっき~

はじめまして。
かなり以前から拝見していました。
クルスク北部戦区の戦闘状況
今から40年前に、高校の図書室に「大祖国戦史」とかいう
確か6巻組?の書籍があり、むさぼり読んだ記憶があります。
ドイツ側から書かれた書籍と何故に大差があるのか不思議でしたw
まあ、今となっては都合の良いことしか書けなかった体制下だったでしょうし・・・
それでも、その後・戦史研究していましたが、北部戦区自体は
南部戦区の「鉄床」になっていれば、マンシュタインが構想したという
突出部の西正面からの攻撃が実施できていれば、歴史はどうなったのか?
非常に興味深いところです。

グデーリアン曰く・「ずる賢いクリューゲ」
全ては、第3次ハリコフ戦の後半に行きつくのでは?
そして、防守のみの専門・モーデル
この二人の能力も興味深いと思います。
by あっき~ (2013-05-11 23:25) 

ヴィトゲンシュタイン

あっき~さん。はじめまして。
コメントありがとうございます。
40年前に6巻の「大祖国戦争史」をむさぼり読まれた・・ということは、この世界の超ベテランとお見受けしました。
仰る通り、クルスク戦は作戦開始時期も含めて、様々なシナリオがあり、それによる結果を想像するのは楽しいですね。単なる大戦車戦以上の意味があると思います。

クリューゲとモーデルについてもそうですね。
マンシュタインとグデーリアンは生き残って回顧録を書きましたが、クリューゲとモーデルは自決していますから、戦後の評価に反論もできず、不利なのは間違いないでしょう。同じように自決したロンメルは北アフリカの件もあり、西側で高く評価されましたが・・。
以前、「ドイツ参謀本部興亡史」で書きましたが、ヴァルター ・ゲルリッツ著の「防御の戦略-モーデル元帥伝」を翻訳して欲しいですね。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-12 07:35) 

ジャルトミクソン

いつも楽しみに拝見しております。

クルスクは「会戦」という言葉がぴったりの最後の戦闘ですかね。
今回の記事でおおっとなったのはフォン・ザウケンです。
この人、終盤でヒトラーにナチ敬礼をしなかった人でしたっけ。
いかにもプロイセン軍人、武人という雰囲気がありますね。
by ジャルトミクソン (2013-05-12 21:27) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。 ジャルトミクソンさん。
フォン・ザウケン。そうです。あの人です。本文のフォン・ザウケンをクリックすると、「ヒトラー最後の十日間」の記事に飛びます。
しかしボクもホンマかいな?? とフォン・ザウケン の経歴を調べました。こういう時には「ドイツ軍名将列伝」がとても役立ちますよ。
確かに風貌が装甲師団長というイメージと、ちょっと違うところが何とも言えません。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-13 07:25) 

レオノスケ

こんばんは。
クルーゲの写真が何とも・・・。これじゃホントにダメっぽいですね。クルーゲはグデーリアンと仲が悪いし、優柔不断な感じでイマイチ分からない人です。ただシュタールベルクの「回想の第三帝国」では、コトが起こればマンシュタインに従いましょうと明言してることからするとマンシュタインとは気心が知れてたのでしょうか。
南部戦区がSS装甲軍団やGD師団などのドイツの看板部隊、マンシュタイン、ホト、ハウサー、ケンプフなど有名人揃いに対して北部線区は少々地味な印象ですね。
自分にとっての北部戦区のイメージは小林源文氏のフェルディンントの劇画でした。「イワンのPAKをエンドウ豆みたいに弾き返しちまう」へー、ホントかよ!?ってな感じで・・・。
そうそう、ゲルハルト・ボルトの「ヒトラー最後の十日間」を購入しました。久しぶりに一気読みしてしまいました。まるで自分が官邸に入っていくような気にさせてくれますね。クレープスやブルクドルフと聞くとやっぱりあの「総統閣下シリーズ」を思い出してしまいますが・・・。
by レオノスケ (2013-05-14 00:23) 

ヴィトゲンシュタイン

レオノスケさん。ど~も。
クルーゲの写真への突っ込み、ありがとうございます。今回、力を入れた写真です。もちろん本書にはこんなクルーゲは載っていません。。
ドイツ軍の将軍を評価する基準ってなんなのか・・?? と良く考えます。戦術だとかは当たり前ですが、師団長の少将と、元帥では同じ比較はできませんし、騎士道精神だとか、人間性も果たして考慮すべきなのか?? クリミア戦のマンシュタインを非難している当時の一兵卒の話もありましたが、軍司令官がソコまで一人一人に気を使ってられんだろ・・と思いますね。
ヒトラー暗殺未遂事件についても同様で、関与したら良い軍人なのかってところですか。まぁ、難しい問題です。一度はクルーゲをべた褒めしても本も読んでみたい・・です。

「ヒトラー最後の十日間」一気読みですか! アレは名作ですよね。映画「ヒトラー最期の12日間」が好きな人にはぜひ読んでもらいたい一冊ですね。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-05-14 07:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。