So-net無料ブログ作成

ベルリン 地下都市の歴史 [ドイツの都市と歴史]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

D&I.アルノルト、F.ザルム共著の「ベルリン 地下都市の歴史」を読破しました。

去年の9月に発刊された本書は、当時偶然、本屋さんで積まれたものを見つけて
「なんだこりゃ?」と手に取って、パラパラ見てみると、カラー写真も豊富で
オドロオドロシイ雰囲気満載。。しかし、いかんせん3990円という値段が・・。
それ以来、気になっていたのもあって、ちょっと図書館で借りてみました。
ベルリンの地下といえば、ヒトラーの地下壕や、最終戦での舞台になったりと
いろいろありますから、現在の姿にも大変、興味があります。

ベルリン.jpg

そうは言っても、知識が全くないベルリンの地区名や、その地下の歴史・・。
本書は最初に「ベルリン地下世界入門」と題して、そのあたりを解説してくれます。
パリやモスクワのような都市は石灰砂岩層の上に築かれており、
地表で建設するための石をその層から切り出したことでできた空洞が地下墓所となって
都市の地下の歴史が始まったものの、ベルリンは地下水の水位が高いことが要因となって
その歴史が浅いということです。
このような話は、世界首都ゲルマニア建築の際に、地盤が弱くて、ヒトラーが求めたような
巨大な建築物を建てることが難しかった・・といったことを思い出しました。

本書は2ページに一枚の割合で、当時や現在の白黒写真や、19世紀の絵、
20世紀初頭の都市図や地下鉄路線図などが出てきます。
これらを眺めながら、その地下の歴史を学んでいくわけですが、
これがベルリンを地理的にわかっていないと、なかなか厳しいですね。

ベルリン2.jpg

例えば、「今日のベルリン地域でもっとも大規模な地下防衛施設は
シュパンダウ・ツィタデレ(城塞)にあり、これはハーフェル川の渡河地点を守るためなどに
16世紀に建築されたもので、シュパンダウ地区はベルリンとつながりがあったものの、
当時独立した都市だった」。
シュパンダウ・ツィタデレがあの、ナチス戦犯が拘留されたシュパンダウ刑務所あたり・・
というのは想像できますが、シュパンダウ・ツィタデレ(城塞)というは知りませんでしたし、
ハーフェル川もわかりません・・。

SpandauPrison.jpg

そんなこんなで読み進めると、地下の給水施設では、1914年に地下倉庫となった元の貯水場が
1933年には「突撃隊(SA)」が天然の強制収容所として濫用した・・などという話も・・。
また、かつてベルリンには何世紀にも渡り、名高い葡萄栽培地があったり(1740年の厳冬で壊滅)、
ビールの醸造も始まったことから、地下が活用されたという、酒飲みにも興味深い歴史も紹介。
さらに排水溝に地下道と、単に地下といっても、その必要性や活用方法はさまざまで、
本書では各々の歴史を解説しています。

ベルリンの散策路であり、閲兵式も行われるウンター・デン・リンデン通りに完成した
路面電車のリンデントンネルにまつわる話では、街路を横切りたいという鉄道会社の要請に
皇帝ヴィルヘルム2世が「下に通すのだ。上を通過させてはならぬ」と語った逸話があるそうです。

Keizer Wilhelm II paradeert met zijn zes zonen op Unter den Linden 1914.jpg

20世紀の初頭の地下鉄建設工事も第一次大戦や、その後の大恐慌もあって、計画変更や
工事の中断によって使用されなくなった駅や、出口のないトンネルとなってしまうことも・・。
それを引き継いだナチス政権も責任者の建設大臣シュペーアのもとで、
ゲルマニア計画と連携した遠大な目標が立てられますが、結局は再び始まった戦争の前には
「重要ではない」と中止の憂き目に・・。

Albert_Speer winter.jpg

この地下鉄部分は2ヶ月前に観たNHK「ブラタモリ」の地下鉄編で、
銀座線の幻の新橋駅や、一時だけ使用された秋葉原の駅などが詳しく紹介されて、
大喜びしたことを思い出しながら読んでいました。

そして「地下壕と爆弾」の章へ進むと、陸軍総司令部(OKH)の巨大な複合地下壕
マイバッハⅠおよびⅡ」がツォッセンに、空軍もポツダムに、
海軍もベルリン北方のロベタールに秘匿名「サンゴ」を設置します。
市民に対しても地下壕が作られ、「出口なきトンネル」も改装されて
アレキサンダー広場の地下には1万人が退避可能となります。
しかし、物資不足はシュペーアの地下壕計画を再三、行き詰らせ、
建築コストの安い地上防空室に比重が移って行きます。
このあたりの経緯は「ドイツを焼いた戦略爆撃」にも書かれていましたね。

alexanderplatz_bunker.jpg

興味深かったのは1943年に多発した、地下の「爆弾テロ」事件です。
フリードリヒ通り駅、ツォー駅などでも爆弾が炸裂し、数十名の死者を出し、
後に下手人はワルシャワの地下組織「OSA-KOSA」のメンバーによるものだと
判明したそうで、こんな話は初めて知りましたが、これは当局が
市民の士気が下がることを恐れ、ゲシュタポによって怪我人は守秘義務を課されて
厳格な報道管制が敷かれた・・ということです。

Berlin,_gesprengter_S-Bahn-Tunnel.jpg

ベルリン爆撃が激しくなると軍需工場は最優先で地下壕が割り当てられています。
ミュラー通りの地下では、ヘンシェル社が急降下爆撃機の胴体を組み立て、
オリンピア・シュタディオンの観客席の地下構造や、マラソントンネルも活用。
テンペルホーフ空港にはフォッケ・ウルフ社が入居して、FW-190の最終組み立てを行って、
完成した戦闘機は、そのまま滑走路へ・・。

Flughafen Tempelhof, Bau der Ju87 Stuka & FW190.jpg

ベルリン防衛司令官ヘルムート・ライマンや総統官邸の防衛を任されたモーンケSS少将も登場し、
ソ連軍とのベルリン最終戦でアンハルター駅の地下防空壕が前線となった様子なども
数ページに渡って書かれています。

そして総統地下壕・・。その建設の様子から1949年に始まった総統官邸の廃墟の撤去、
地下壕も埋め立てられ、付近一帯は緑地となりますが、ベルリンの壁が出来ると1967年に
東ドイツ保安当局がティーアガルテン公園の地下にトンネルが発見されたのを受けて
東西をつなぐ連絡路があるとの噂から、大々的な発掘調査を実施して
1973年、総統地下壕が再発見されます。

Goebbels' room in the Fuehrer's bunker.jpg

この総統地下壕よりも「運転手地下壕」と呼ばれるものが興味深かったですね。
「アドルフ・ヒトラーの装甲師団の車両を防護するためのもの」だそうですが、
これは「ライプシュタンダルテ」のことなんでしょうかね?
この地下壕は1990年に1945年当時のままの状態で偶然発見されたそうで
SSが書いたと思われる「壁絵」も完全な形で見つかっています。
見たことのある絵ですが、そんないわくつきだったんですねぇ。
「壁絵」なんてなると、もう2000年も前の遺跡発見のような感じですが、
本書ではちゃんとカラー写真で紹介してくれています。裏表紙もソレでした。

ベルリン3.jpg

戦後は瓦礫の山となったベルリンと高射砲塔についての章です。
特に高射砲塔は以前から詳しく知りたいと思っていましたので、勉強になりました。
空襲で焼け出された人々の避難場所となっていた高射砲塔は
連合軍から出された命令によって除去されることに・・。
完全に爆破するか、外壁を15%除去し、非武装化するかの2案のうち
ベルリンは前者が選択されます。

Berlin,_Flakturm_am_Zoo.jpg

ティーアガルテンの有名なツォー高射砲塔のほか、
フリードリヒスハイン、フンボルトハインの高射砲塔の運命も詳しく書かれています。
1946年にフリードリヒスハインがソ連軍によって爆破され、真っ二つになると、
ツォーの高射砲塔はその頑強さに歯が立たず、英軍は失敗・・。
1948年になってやっと「巨象」は崩れ落ちます。
フランス軍が受け持ったフンボルトハインの高射砲塔も厄介極まりないもので、
何度も試みたものの、北側だけは崩れなかったそうです。

Berlin__gesprengter_Bunker_im_Friedrichshain.jpg

最後の章では、現在でもまだまだ埋まったままの不発弾処理の問題、
映画「ヒトラー 最期の12日間」の撮影現場の写真、
社団「ベルリン地下世界」が1997年に発足し、「ベルリン地下世界博物館」を運営するなど、
より広く一般の人々の身近なものになるように活動していることなどが紹介されます。

正直な感想を書くと、やっぱりベルリンという都市にある程度精通していないと、
本書の面白さは理解できないと思いました。
シリーズで「パリ」と「ニューヨーク」も出ていますが、
ヴィトゲンシュタインが地元「東京」の地下に面白さを感じるように
「あそこの地下にはこんなのがあるんだ」という身近にある新たな発見が
本書を楽しめるかどうかだと思います。
それでもカラーも含めて写真が多いのは良かったですし、地下だけではないベルリンの歴史も
知ることが出来ましたし、個人的には高射砲塔が出てきたのが予想外で楽しめました。

ちょうど年末にも「ドイツ高射砲塔―連合軍を迎え撃つドイツ最大の軍事建造物」
という文庫本が出ましたので、購入準備中です・・。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

IZM

また面白そうな本が登場ですね。実は去年ベルリンに行った際、この「ベルリン地下都市の歴史・ガイドツアー」というのを見つけ、非常に興味をそそられたのでした。こういう本で先に勉強してからいつか参加したいですねw 文中の>社団「ベルリン地下世界」の活動の一部と思われますが。。。
http://berliner-unterwelten.de/fuehrungen.3.0.html
ガイドはドイツ語・英語・スペイン語・フランス語・・・と言う感じです。

by IZM (2012-02-21 16:20) 

ヴィトゲンシュタイン

へへ・・・。IZMさんに喜んでもらえると思ってました。
>こういう本で先に勉強してからいつか参加したいですねw
そうそう、いつかベルリンに行くことがあったら、ガイドブックと一緒に本書も買います。
リンク先も拝見しました。ガイドは英語でなんとか・・。写真も多くて、コレ良いですねぇ。
by ヴィトゲンシュタイン (2012-02-21 19:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。