So-net無料ブログ作成

ヒトラー時代のデザイン [切手/ポスター]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

柘植 久慶 著の「ヒトラー時代のデザイン」を読破しました。

2000年に発刊された文庫で253ページの本書。
すでに絶版なのもあって、内容が不明ながらも、タイトルと表紙に惹かれて
懲りもせずに古書を購入してしまいました。
著者はフランス外人部隊にいた過去を持つ、自分も若い頃から知っている有名な方で、
アクション小説やグリーンベレー などのノンフィクション、「ロンメル将軍―砂漠の狐」など、
いろいろと書かれていますが、手を出すのは今回がはじめてです。

まず、本書を手にとってパラパラめくってみると、なんと驚いたことにオールカラー・・。
文庫サイズながらもほとんど1ページに1、2枚のカラーの絵葉書などが掲載されており、
今回は「大当たり」の予感・・。
どうも、著者はかなり年季の入った軍事書簡やコインなどのコレクターのようで、
彼の秘蔵の品々を簡単な解説で紹介しているものでした。

ヒトラー時代のデザイン.jpg

ちなみに表紙の主役のティーガー戦車は1944年の占領地フランスで発売されたカレンダーで、
左下のシュトゥーカも同様、その隣は1936年ベルリン・オリンピックの切手、
右下はその舞台オリンピア・シュタディオンと
「前畑ガンバレ!」専用の競泳プールが写った絵葉書です。

Berghof hitler.jpg

第1章は「アドルフ・ヒトラー」と題して、カラーの肖像画、ポスターに絵葉書を紹介します。
ヴィトゲンシュタインが見たことのあるポスターも出てきますが、
本書で紹介されるものはほとんどが絵葉書で、有名なポスターの図版が
当時そのまま絵葉書となっていたことが理解できます。
また、絵葉書の発行元はエヴァ・ブラウンがバイト?していた「ホフマン写真館」であり、
ヒトラーの写真家、ハインリヒ・ホフマンは儲かってたんだろうなぁ・・と想像できますね。

Hitler,H_Hoffmann&H_Goering.jpg

そして白黒の方が歴史的に重要な場面が多い・・と書かれているように
オーストリア併合後(アンシュルス)、両親の墓を訪れるヒトラー・・というものは初めて見ました。
こないだ、このシーンを読んだばかりなので、特に印象に残る一枚です。
さらに山荘ベルクホーフのカラーの美しい絵葉書が数点。
「ヒトラーと少女」というタイトルの生誕51周年記念切手の原画は、
「あ~、あの切手ね・・」と、知っている構図なのでちょっと比較・・。

hitler stamp.jpg

第2章は「ベルリン・オリンピック」です。
以前に紹介した大会ポスター数点に加え、大会関係者に記念品として配られた
「功労メダル」も原寸写真で出てきました。
他にもバッジに入場券など大会グッズ満載で
特に切手シートにはヒトラーとゲッベルスの直筆サインが入ったお宝も・・。

Olympic 1936 medal.jpg

続く第3章「ヒトラーの帝国」では、まずニュルンベルク党大会の絵葉書(ポスター)からです。
しかも1933年から1939年まで連続で・・。同じ年でも複数のデザインがあったんですね。
なお、1939年は9月2日に開催予定でしたが、その前日にポーランド侵攻・・。
未発行となった幻の絵葉書のようです。

reichsparteitag 1934.jpg

SASSヒトラー・ユーゲントに以前紹介したこともある警察の絵葉書(ポスター)と続き、
ここでまたマニアックは珍品が登場・・。
ブッヘンヴァルト収容所で警備に当たるSS隊員用の食堂限定通用金券(3RM)」です。

個人的に一番ビックリしたのがコインです。
「授権法成立1周年記念5マルク銀貨」と「ヒトラー首相就任記念」の銀のメダル。
後者はほとんど現存していないそうで、ヒトラーの顔の入ったコインというのは
初めて知りました。

hitler_medal_1933.jpg

まだまだドイツ少女団(BdM)のシリーズと国防軍兵士が勇気と戦友愛を見せる絵葉書、
兵科ごとの軍旗を描いた21枚の完全揃いが1ページづつ紹介され、
40年のコレクション歴を誇る著者でさえ「この1組以外も目にしたことがない」とちょっと自慢?

勲章と徽章もカラー写真でいくつか紹介。
鉄十字章から一般突撃章、戦傷章Uボート章クリミア・シールドもすべて原寸。
他に母親十字章も出てきますが、「ナチ党10年勤続章」というのは初めてですねぇ。

nsdap-long-service-medal-award-stormtrooper.jpg

当時、最高の肖像画家であったというクンツ・マイヤー=ヴァルデックが描く、
"戦艦ロイヤル・オーク撃沈男"プリーンや、"砂漠の狐"ロンメル、"戦車親父"グデーリアンなどの
ヒーロー絵葉書もプロマイド代わりで国民に大変人気があったようです。

Willrich Rommel Portrait Propaganda Card.jpg

第4章は「ヒトラーの宣伝」。
外国人志願兵ではいきなりスペイン義勇兵(青師団)の12枚セットの絵葉書が・・。
白黒の写真の絵葉書ですが、これはレアだな~。。
1941年の「青師団記念メダル」まで登場。素晴らしい・・。

division-azul_MEDALLA.jpg

表紙のティーガー戦車のカレンダーは週ごとに切り離して使うタイプで、
52週間分繋がっているという貴重品です。
FW-19088㎜高射砲列車砲突撃砲、スキーを履いた山岳兵にUボートまで
週ごとに実にバラエティに富んだカラー写真です。

第5章は「証明書・郵便物・切手」で、軍隊手帳では1936年の鷲の翼が広がっていないタイプと
1939年発行の鷲の翼が広がっているタイプの両方を紹介します。
こういうのを見ると「大脱走」の偽造シーンを思い出しますね。。
ヒムラーの署名が入ったSS隊員の身分証明書も、終戦後にコレを持っていると
戦犯に問われるため、ほとんどが廃棄された・・ということです。

Wehrpass.jpg

占領地で発行された切手も面白いですね。
特にドイツ・アフリカ軍団のシンボルを描いた専用切手・・。珍しいなぁ。
じ~・・・っと見ていると、ラーメンが食べたくなってきます。。

afrika corps_palmtree.jpg

最後の第6章は「謀略の小道具」として、ベルンハルト作戦の偽札ニセ切手を紹介。
ここでも連合軍側に撒いた「宣伝ビラ」が楽しめました。
アンツォ上陸モンテ・カッシーノ攻防戦でのものですね。
そして、日独伊の枢軸3国が一緒に戦う、イタリアの絵葉書で終了です。

per il nuovo ordine socialeper la civilta.jpg

事実上、文庫のカラー写真集ですから、ガン見しながらも1時間半で独破してしまいました。
古書を100円で購入しましたので、まったく文句はありません。
それどころかシリーズで続編が出たとしても定価の790円で買ってしまいますね。
このような第三帝国のデザインを、やれプロパガンダだのと評価する向きも多いですが、
ナチス、ヒトラー批判を前提とすることなく、純粋にデザインを歴史とともに振り返る・・
という本書のような姿勢があっても良いんじゃないでしょうか?
「コレは初めて見た・・」というのが多かったように、コレクター目線で語られた本書は、
自分のようなコレクター魂を持った人ならば、かなり楽しめると思います。



nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 6

IZM

初めてよんだ軍事関連本は、柘植さんの「戦場のグリーンベレー」だったと記憶していますwwwwww中2でした(恥 当時プラトーンとか、ベトナムW映画のブームもあったせいだったでしょうか。。。。
色んなグッズが出てきて、「ヴィト様、楽しそうだなあ~」というレビューでございました。

by IZM (2011-11-28 05:53) 

ヴィトゲンシュタイン

ヴィトでございます。
すごい中2女子ですねぇ。。
確かにベトナム戦争映画は流行りましたからねぇ。このての映画はほとんど観に行きましたが、本は読まなかったなあ。小説ではスティーヴン・ハンターの「狩りのとき」なんか大好きでした。
今回のレビューは読んでた時間より、気になったグッズ調べたりするほうが、よっぽど時間がかかりました。。

by ヴィトゲンシュタイン (2011-11-28 07:02) 

でんこう

はじめまして。こちらの書評はとても面白く、購入する書籍を選ぶ際の参考にさせていただいています。

柘植氏の著作は何十冊と読んでいますが(それでも膨大な著作のほんの一部なんですよね…)、度々作中に載っている写真や切手、コインのコレクションを見られるのも楽しみの一つです。

こちらの本は一度書店でカバーを見たきりでしたが、この記事を見て早速、手に入れようと思いました。
この本を出版できて柘植氏はさぞ嬉しかったのではないでしょうか。

柘植氏の作品は所々で誤りがあったり、人物評が極端だったりするのですが、それでも読んでしまう何かがあります(笑)
by でんこう (2011-12-11 22:21) 

ヴィトゲンシュタイン

でんこうさん。はじめまして。

柘植氏の著作がお好きなんですね。
>柘植氏の作品は所々で誤りがあったり、人物評が極端だったりするのですが
う~ん。。確かにこれは噂で聞いたことがあるんですよね。それが今まで手を出さなかった理由の一つなんですが、今回楽しかったですから「ロンメル将軍―砂漠の狐」あたりで、いかがなものか確認してみようと思っています。
by ヴィトゲンシュタイン (2011-12-12 09:09) 

でんこう

ヴィトゲンシュタインさん、こんばんは。
恐れながら申し上げます。
柘植氏の著作のうち、一人の有名な人物を描いた作品はある程度の知識を持っていればご無理をしてまで読む必要はないかと思います。

「ロンメル」に関しては、ヴィトゲンシュタインさんほど本を読んでらっしゃる方には真新しい内容はありません。柘植氏の持論「ロンメルは天才的戦術家だが名将としての評価には疑問符がつく」は他の本でも語られていますし。

もしお読みになるのでしたら解説書ではなく、「逆撃シリーズ」など、小説の方をおすすめします。時に突っ込み所を気にしない寛容の精神が必要とされますが…
by でんこう (2011-12-12 20:49) 

ヴィトゲンシュタイン

でんこうさん。細かい情報、ありがとうございます。
そうですか。、「逆撃シリーズ」ですか。
ボクはもともと小説派だったので、これも興味があります。
最初は「逆撃ダンケルク電撃戦」ですかね。。

by ヴィトゲンシュタイン (2011-12-12 21:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。