So-net無料ブログ作成
検索選択

戦う翼 [戦争映画の本]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ジョン・ハーシー著の「戦う翼」を読破しました。

お馴染み「朝日ソノラマ」の米軍爆撃機モノの1冊です。
著者は第2次大戦に従軍記者として参加し、1946年には原爆「ヒロシマ」を書いたことで
有名のようで、本書の発刊当時は米国著作家連盟会長という方です。
「空飛ぶ要塞」こと、B-17"フライング・フォートレス"を舞台とした小説である本書。
原著は1959年の発刊、タイトルは「The War Lover」です。
ノンフィクションだった「ワイルド・ブルー」との比較も楽しみです。

戦う翼.jpg

一人称形式の本書の主役「私」は、B-17四発重爆の副操縦士であるボーマン中尉です。
25回と定められている爆撃任務も、あと1回で全うし、生き延びて帰国できるという状況・・。
そして朝からの出撃のため、夜中に叩き起こされ、2時半から朝食、そしてブリーフィングに
臨むわけですが、いざ出撃となっても、作戦中止となることもしょっちゅうです。

今回も「小説」なので、細かいことは極力控えて、簡単なストーリー展開を書こうと思いますが、
コレがなかなか難しい・・。
時系列で進む展開ではなく、回想で初陣まで遡ったりするので、
さまざまな出撃と爆撃任務のエピソードと乗員との人間関係がちょっとわかりづらいんですね。

memphis-belle.jpg

そんななかで本書の特徴である、各々の機のニックネームが細かく出てくるところは楽しめました。
例えば、映画「メンフィス・ベル」のような機の名前がバンバン出てくるんですが、
主人公の搭乗機は「いかす娘」号です。
機の前方に描かれたセクシー系の女の子の絵が定番ですが、この「ノーズ・アート」と呼ばれる
ものは、以前から興味があったので、「ディナより美人」号や「社長仲間」号など、
どんな絵なのかとか、オリジナルの名前を想像したりして・・。

B17_Texas Raiders.jpg

このような絵を描く専属の画家がいたようで、本書でもなぜか従軍してしまった50代の画家が、
安っぽい考えしかない連中の陳腐な考えで、同じような娘たちの絵を彼らの飛行機に描く・・
というエピソードがあり、そんな画家の苦悩も知らず、完成した自分たちの裸の娘の絵を
搭乗員たちは涎を垂らして、何時間も眺め続けるのでした。。。

cockrail hour.jpg

正操縦士のマローは26歳と、この世界では年長で、真の指揮官であると同時に、
大柄で文句が多く、怖いもの知らずを装うこの男を、主人公の副操縦士は大嫌いという関係です。
普通この爆撃機は正操縦士に命を預けた、家族のような信頼感で結ばれたモノ・・
というのが一般的ですが、本書ではドロドロした感じで、爽やかな空軍小説ではありません。

Witchcraft.jpg

「天使の足どり」号と「恋人同士」号、「消耗品6世」号、「でぶっちょマギー」号に
「往復切符」号、「ぶるぶる」号、といった連中を編隊を組み、何度も出撃。
そしてBf-109やFw-190、Ju-88の迎撃戦闘機の編隊との空戦も繰り広げられます。
しかし密集した編隊を崩してはならない爆撃機パイロットは、目の前に何度も
突っ込んでくるドイツ軍戦闘機の前には回避行動すら取れません。
やがては見たこともないMe-210にDo-217E、He-113なども一式揃って参戦してきます。
隣りでは空中分解して落下する「ねずみは止まらない」号の姿が・・。

The Virgin Hunter.jpg

そして「いかす娘」号最後の出撃・・。
本書は小説ですが、最後が特別印象的なので、勢いで書いてしまいますが、
機首部分に被弾し、機首射撃手のブリントは片足を吹き飛ばされてしまいます。
そしてスピードも落ち、編隊からも落伍した「いかす娘」号・・・、
この窮地に正操縦士のマローは神経をやられてしまい、機も制御を失います。

こうして初めて正操縦士となった主人公はドーヴァー海峡での不時着水を試みます。
執拗に追いかけているドイツ軍機にスピットファイアが護衛に・・、
このラスト空戦はなかなか手に汗握るもので、なんとか無事着水した「いかす娘」号ですが、
精神に異常をきたしたマローは、プロペラの羽根にぶら下がり、「彼女」と共に沈んでいきます。。
このマローの最期は、昔見たグレゴリー・ペックの「白鯨」のラストシーンを彷彿とさせますね。

MobyDick Gregory Peck.jpg

そしていま、このタイトルでamazonで検索したら、コレ映画になってました!
主演はなんとスティーヴ・マックィーン・・!。そしてこの偏屈な正操縦士マロー役のようです。
いや~、まったく知らなかったなぁ~!
大脱走」のヒルツ大尉をやる一年前の映画のようですね。

warlover.jpg

映画の原題も、日本での邦題も一緒・・。
「戦う翼」なんて映画、聞いたこともありませんでした。
とりあえずDVD安いし・・。
それにしても、こういう古い本でも発見があるって、ホント面白いですね。

McQueen 戦う翼.jpg







nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 7

ハッポの父

ヴィトゲンシュタイン様

先程、近所の家電量販店に行ったらDVDがなんと990円で売っていました。もちろん新品!思わず買っちゃいました!!
by ハッポの父 (2011-06-15 18:45) 

ヴィトゲンシュタイン

あはは。衝動買いですね。
完全に先を越されましたが、映画のラストは原作とは違う気がしますねぇ。
いや、でもマックィーンも当時は、まだ出だし俳優だから、死んじゃうかなぁ??
ハッポの父さんのレビュー読んでから購入することにします・・。
by ヴィトゲンシュタイン (2011-06-15 22:36) 

IZM

マックィーンなら、ワタシも見たいです。。。 マックィーンって、今の子にいうと、みんなCars だと思うんでしょうかね。
「ノーズ・アート」の記載がちょっと面白かったです。昔から、何でこれあるんだろう?しかもエロぃ・・・と気にはなっていましたが。 若いパイロット達には、慰めのマスコットでもあったんでしょうね。
by IZM (2011-06-16 02:20) 

ヴィトゲンシュタイン

う~ん。。。ちょっと考えてみたんですけど、この爆撃機の「エロぃノーズアート」は米軍の専売特許なんですかねぇ?
英空軍の爆撃機には特に何も描かれてなかったような気が・・。
ルフトヴァッフェも機体に航空団や中隊のマークを描いたり、戦闘機でもガーラントの「ミッキーマウス」やハルトマンの「ハート」なんかのパーソナルマーク程度ですよね。

マックィーンは「大脱走」が好きな人なら、みんなファンですよね。
子供のころはコレと「荒野の七人」をTVでしょっちゅう放映してましたし(ブロンソンとかコバーンは両方出てました)、「タワーリング・インフェルノ」も同様に前編/後編分けての2週の放映・・。
兄弟の間ではマックィーンとポール・ニューマンのどっちが格好良いか・・と紛糾したものです。。。
by ヴィトゲンシュタイン (2011-06-16 12:07) 

ハッポの父

昨晩飲みながらDVDを観ました^^; 
おかげで、今日は寝不足で仕事はぼろぼろでした。

ラスト…マックィーン扮する正操縦士(映画ではリクソン大尉)は・・・原作と違う壮烈な死をとげます。ヴィトゲンシュタイン様、ぜひこの映画、観てくださいね。古い映画なのであまり期待していなかったのですが、おすすめです!(お値段も安いし)


by ハッポの父 (2011-06-16 19:36) 

ヴィトゲンシュタイン

おぉ~と!速攻のハッポの父さんレビュー来ましたね!
負けじと速攻でamazonで買いました。。
>原作と違う壮烈な死をとげます
いや~、気になりますねぇ。
しかし、blogで勝手に紹介しといて、そのコメントを受けて購入する・・というのは、「人の道」に反しているような気もちょっとしますが、良い風に考えれば、このような世界で「信頼関係が築かれてる」とも取れますか。。
by ヴィトゲンシュタイン (2011-06-16 20:42) 

ハッポの父

ヴィトゲンシュタイン様

ヴィトゲンシュタイン様の影響で「ブツ」を購入したのは「パンツァー・ユニフォーム」に次いでふたつめになってしまいました(^^ゞ

このブログを介したいい出会いに感謝しています!
by ハッポの父 (2011-06-16 21:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。