So-net無料ブログ作成

特殊戦闘車両 [パンツァー]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ヴァルター・J. シュピールベルガー著の「特殊戦闘車両」を読破しました。

「戦車マニア」や「モデラー」ではないヴィトゲンシュタインですが、
このような本にも大いに興味があります。
著者シュピールベルガーのこの「軍用車両」シリーズは以前から気になっていましたが、
ちょっと高いし、内容の濃さについて行けそうにない・・と敬遠していました。
しかし、個人的に好きな「ゴリアテ」や「カール自走臼砲」、「マウス」などが紹介された本書は
古書で安く見つけましたので購入してみました。

特殊戦闘車両.jpg

「特殊装甲車両」の章から始まる本書、この「特殊装甲車両」はナニを指すのかというと、
ゴリアテを含む「装甲化爆薬運搬車」や「地雷処理車」です。
なかでもクルップ社が1台製造した130㌧の地雷処理車「ロイマーS」というは初めて知りました。
水中用ゴリアテが進化した?水陸両用の破壊戦車「エンテ(あひる)」とか、
Ⅳ号戦車のシャーシが使用された「突撃架橋車両」なんていうのも写真つきで出てきました。

次の章は「ポルシェ」です。
「VK4501(P)」、すなわちポルシェティーガーも登場します。
ティーガーはご存じ通り「ヘンシェル社」が勝利を収め、
このVK4501(P)は日の目を見ずに終わったものの
ティーガー戦車駆逐車「フェルディナンド(エレファント)」はクルスク戦に投入されました。
そして本書のメインとなる100㌧越えの超重戦車「マウス」の出番です。
その開発過程から砲塔や戦闘室に至るまで、多数の写真を用いて、かなり細かく解説しています。

vk4501_p.jpg

次は「E型シリーズ」です。
このシリーズは本書によると、これまでの装甲車両とは全く別の新しい開発をするというもので、
それまで戦車開発・製造に関係のなかった企業を新規参入させたということです。
そしてここでも超重戦車「マウス」とは別の、100㌧戦車の開発が行われ、
有名な「E-100」の試作車両が終戦まで、細々と作られます。

マウス_E-100.jpg

続く章は「自走砲」・・。これは「特殊戦闘車両」なのか??と思いましたが、
このシリーズではそのような位置づけなのかも知れません。
ホルニッセ(スズメバチ)」が「ナースホルン(サイ)」に改名されたのが、
1944年の「総統命令」であった・・というのも初耳でした。
しかし、この時期にそんな細かいこと考えて「総統命令」出す人は、相変わらずですね。

etwa den von Porsche entwickelten Riesenpanzer Elefant.jpg

また、「フンメル(マルハナバチ)」も同じ日の「総統命令」で、
この「フンメル」という名称で呼んではいけなくなったということですが、
特に代わりの名称がないようで、単に「Sd Kfz 165」と呼ばされたんでしょうか?
ちなみに、あの「ホイシュレッケ10」もチラっと出てきました。

Russland,_Panzerhaubitze__Hummel.jpg

トリは表紙も飾っている「カール自走臼砲」です。
この「独破戦線」でもセヴァストポリパリ陥落ワルシャワ蜂起レマゲン鉄橋
いろいろ出動した、自走式の超重量級火砲ですね。
これは時間があったらプラモデル作りたくなります。

Mörser Karl.jpg

気になったのは「その他の開発車両」で書かれていた、Ⅶ号戦車レーヴェ(ライオン)です。
こんなの聞いたことがありませんでした。まぁ、本書でも文章で出てきただけですが・・。
クルップ社の「VK 7201」というのが原型のようですが、う~ん・・。

PzKpfw VII lowe.jpg

帯に書かれている「謎の千トン戦車計画に迫る!」も
最終ページに文章でチョロっと書かれているだけの実に寂しいもので、
wikiの方がよっぽど詳しく書いてありました。。。。

ただ、個人的見解ですが、wikiを無条件に信用しているわけではありません。
よく、「wikiにこう書かれている・・」という方がいますが、自分にとってはあくまで
「現在、一般的に解釈されている情報のひとつ」という位置づけとして見ています。
なので、複数の見解がある事柄については、たまに「おいおい・・」と思うこともあったり、
また、wikiが完全に正しいとすれば、本を読んで新たな発見をすることもありませんね。
wikiは「何も保証していません」し、真実や、各人が納得する解釈というのは
このインターネットの時代であっても、簡単なことではないと思うのです。

The German AT-AT Walker.jpg

ちょっと変な方向へいってしまいましたが、
「マウス」だけで言うならモデルアート臨時増刊の「ドイツ超重戦車マウス」の方が
写真も含め、内容的には濃いかも知れません。
ちなみに「グランドパワー」とか、このような雑誌もたまに買っては勉強していますが、
この「独破戦線」では紹介しないようにしています。
特にコダワリなんかがあるわけではないんですが、「雑誌」はあくまで「雑誌」、
ココでは「本」を紹介したい・・というのが、始めたときからの方針なんですね。

ドイツ超重戦車マウス.jpg

まぁ、しかし、本書の139ページで4500円をどう取るか・・。
明らかに「マニア向け」ですからしょうがないでしょうが、
「マニアではない」ちょっと興味ある程度の自分の基準ではちょっと高いと思います。。。
なので、古書を2200円で購入しましたが、そんなところが妥当じゃないでしょうか?
一番新しい「捕獲戦車」も欲しいんですけどねぇ。





nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

ハッポの父

元モデラーで、出戻りモデラーになかなかなりきれないハッポの父です。
マニアまではいかないけど戦車好きですが、そんなワタクシも多分本屋でぱらぱらページをめくって、買うのを躊躇するだろうと思うほどマニアックそうな本ですね!
ヴィトゲンシュタインさんの研究熱心な姿勢には頭が下がります。
by ハッポの父 (2011-04-05 21:13) 

ヴィトゲンシュタイン

こんばんわ。
興味のある本を好き勝手に読んでいるだけなので、研究熱心な姿勢というのは勘弁して頂きたいほど、恥ずかしいお言葉です。

それにしても先日、「重戦車大隊記録集」のお勧めコメント頂いて怪しい・・と思っていましたが、「元モデラー」でしたか・・。

>出戻りモデラーになかなかなりきれない

理由に興味が湧いてしまいます。。。


by ヴィトゲンシュタイン (2011-04-05 22:32) 

ハッポの父

怪しい元モデラーです^^;

出戻りしようと途中まで組み上げながら、完成せずに途中で断念している戦車がいくつも・・・

集中力が続かない、ただのあきっぽいおっさんです。
by ハッポの父 (2011-04-05 23:02) 

ヴィトゲンシュタイン

あぁ~、「モデラー」、いくら怪しくても憧れの響きですね。
小学生以来、プラモデルも作ってない自分としては、道具を揃えて、じっくり挑戦してみたいんです。
このブログの生活との並行は不可能ですから、リタイアしてからかなぁ。

カール自走臼砲もそうだし、列車砲ドーラとか、、考える敷居が高いのも悪いんですよねぇ。1/35のⅠ号戦車から粛々と作るのが(そんなの売ってるかは不明ですが)、正しいモデラーへの道・・なのかも知れません。
by ヴィトゲンシュタイン (2011-04-07 22:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。