So-net無料ブログ作成
検索選択

1945年のドイツ 瓦礫の中の希望 [戦記]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

テオ・ゾンマー著の「1945年のドイツ 瓦礫の中の希望」を読破しました。

最近、購入した本書はいわゆる「最終戦」や「ベルリン攻防戦」をテーマにしたものではありません。
個人的には帯に書かれている「ドイツが降伏したとき、私は14歳だった」に惹かれて
少年の眼から見た、終戦の記録・・的なものと勝手に想像していました。
しかし、これも完全な間違いで、実は1945年の1年間をテーマに
ドイツの敗戦、そして勝者によって無慈悲に分割されていく「ライヒ」。
それにもちろん、当時のドイツ市民が瓦礫の山のなかでどのようにして生きていたのか・・と
遥か遠く、日本でも終戦を向かえる過程もかなり詳しく書かれている
ドイツ人ジャーナリストによる1冊です。

1945年のドイツ.JPG

まずは著者の14歳当時の生活が簡単に語られますが、
アドルフ・ヒトラー学校の生徒として兵器工場に動員され、V2ロケットの操縦装置のネジを締め、
午後には山岳兵に混じって、突撃兵になるための訓練を受けるというものです。
そして1945年春に彼は「特命」を受け、仲間2人と首都ベルリンに向かうことになりますが、
この「特命」とは、バイエルンでのゲリラ戦争・・いわゆる「人狼部隊」の活動のことです。

結局はソ連軍の迫るベルリンに辿り着くことが出来ず、終戦までを
小屋に隠れて過ごすことになったそうですが、
充分興味深い、このような話は、あくまで彼の経歴のひとつとして紹介されているだけで、
これから本文が始まります。

BERLIN  1945 _1.jpg

1944年の秋から1945年の1月にかけての東西戦線の様子が解説され、
すなわち、バルジの戦いが失敗した西部、ソ連軍の大攻勢が始まる東部戦線です。
それらの連合軍の進撃に伴い、解放されて行く収容所・・アウシュヴィッツしかり、
ブッヘンヴァルトダッハウ、ベルゲン・ベルゼンでは6万人が開放されるものの、
ほとんどが「生きる屍」の状態であり、蔓延しているチフスにより、その半数が死亡・・
その中には、アンネ・フランクの名も・・。
さらにマウトハウゼンでは恐ろしい事態が・・飢餓が多くの拘留者をカニバリズムに駆り立てて・・。

anne_frank.jpg

しかし、このような強制収容所に代表されるような残虐性と非道性は、ドイツだけではなく、
続いて行われた東プロイセンでのソ連軍の蛮行が紹介されます。
避難民の群れの中にT-34が驀進し、馬と人が引き倒されドロドロのお粥のような状態で
転がっていた・・。
12歳の少女も強姦され、手を扉や大八車に釘で打ち付けられた裸の女性・・。

BDM girls.jpg

そのソ連軍がドイツの占領地域で略奪と強姦を働いていた頃、
英米軍は未占領地域を空から強姦していた・・、すなわち無差別爆撃です。
ハンブルク、ケルン、ドレスデンが廃墟と化し、英爆撃機司令官アーサー・ハリス
3月末には、爆撃目標がなくなってしまったことを嘆く一方で、
チャーチルは「我々は動物なのか・・」と自問しています。

hist_us_20_ww2_pic_dresden_streetcar.jpg

ベルリンの戦いもダイジェスト的にヒトラーと国防軍の最後の様子から、
最近発刊された匿名の日記・・「ベルリン終戦日記」のことだと思いますが・・、も取り上げ
恥辱にまみれ、数百人の女性が自殺した・・などの話も多数出てきます。

第4章は「戦争を継続する日本」です。
栗原中将の新戦術・・「バンザイ突撃」を禁止し、「10人の敵を殺して死ぬことを義務とする」という
硫黄島での壮絶な戦いの記録から、それ以上の犠牲者を出した沖縄戦・・。

「生きて還ることなかれ。君たちの任務は確実に死ぬことにある。死を選び、最大の戦果を達成せよ」
という神風特攻隊の最重要命令が紹介され、彼らの多くが20歳も超えておらず、
充分な訓練も終えていないことなど、9.11の世界貿易センターへ飛行機ごと突っ込んで行った
アル・カイーダのテロリストと同じである・・と書いています。
日本人からすると賛否がありそうですが、客観的に見れば確かにそうかも知れませんね。

plane 9.11.jpg

ドイツ国内だけではなく、チェコスロヴァキアなどの占領地も解放され、
立場の逆転によってドイツ系住民が暴行を受けたり、迫害されたりと困難なときを向かえます。

また、1930年生まれのヘルムート・コール元ドイツ首相の体験談・・、
ヒトラー・ユーゲントのユニフォームを着ていた彼らが収容所から出てきたポーランド人に暴行され、
米軍によって救出された話なども興味深いものでした。

Russian President,  Helmut Kohl and US-President.jpg

7月には、連合軍による「ポツダム会談」が開かれ、ドイツ分割とポーランド問題などが
「ヤルタ会談」に続き、連日行われます。
そのとき、米国ニュー・メキシコ州では原爆の実験が成功し、インディアナポリス号
「リトルボーイ」を輸送中・・。3発目の「ファットマン」も用意されています。

nagasaki-bomb-fatman.jpg

しかし、未だ原爆の及ぼす効果にも疑問符が付くことから、トルーマン大統領は
1945年11月1日に九州を攻撃する「オリンピック作戦」と
1946年3月1日に東京湾に上陸する「コロネット作戦」も計画しています。
このような話はまったく知りませんでしたが、本書によると
日本本土での戦いとなった場合、予想される米軍の戦死者は最低でも30万人であり、
100万人でさえ最大数ではなかったということです。

荒廃したドイツ国内では各国の占領軍によって様々な嫌がらせも起こっています。
例えば、フランスの占領地域では、ドイツ人が自転車に乗ることが禁止され、
押して歩かなければならなかったり、
アメリカの占領地域ではビールの醸造を禁止する命令が出されたり・・。
それでも「南ドイツ新聞」は、ヒトラーの「我が闘争」を印刷した鉛の組み版を溶解し、
それを植字にして最初の紙面を印刷するという、過去からの脱却を試みています。

1945 berlin kids.jpg

そして「瓦礫の中の希望」のタイトルどおり、シュトゥットガルトでは「破片の山」、
ベルリンでは「ガラクタ山」と呼ばれた瓦礫を片付ける中心となっているのは、
伝説となっている「トリュマーフラウエン」(瓦礫婦人)です。
1945年、戦死したり、捕虜となっていた男性よりも730万人も多かった女性は
いまや身を粉にして家族を養い、ドイツ人があの困難な時代を乗り切ることが出来たのも
彼女たちのおかげであると断言しています。

A Soviet soldier uses a German officer’s dagger to cut bread given to German women in post-war Berlin.jpg

最も考えさせられたのがオーストリアの運命です。
1938年にヒトラーによって「併合」されたオーストリアには、戦時中「60万人」の
ナチ党員がおり、重要な役割を果たしていたにも関わらず、
連合軍よって「占領」されず、「開放」された・・・。
これはオーストリアがヒトラーの拡張政策の最初の犠牲者とみなされたことによる
「神話」であるとしています。
確かにSSでも「デア・フューラー連隊」やスコルツェニーカルテンブルンナーなどは
オーストリア人ですし、もっと言えば、ヒトラーにしてもそもそもは・・。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

IZM

へえええ、やっぱり御年80歳になられるジャーナリストさんが書かれると、本もこう情報量の多さが際立つのでしょうか。
本、正価だと高いですねー。

へルムートコール氏にもこんな過去があったとは、驚きです!
つい最近、知り合いの学校の先生から聴いたばかりなのですが、コール氏が現役首相だった頃に生徒を引率しての旅行先のベルリン駅で偶然出会って、議事堂に案内してくれて、先生と引き連れていた数人の生徒達に送迎のタクシーまで用意してくれたそうです。コール、結構紳士なのねえ、と感心しましたよー。

神風とテロリストと、欧米はすぐ一緒にしたがりますねえ。
まあ、現代人に比較対象として「分かりやすい対象」なのかもしれませんが。その辺の差別化が出来るか出来ないか知りたくて色んな本やドキュ読んだりしていますが。。。いまだよくわかりません(汗 リテラシーが低くて申し訳ないです。

アンネフランクの写真がかわいいですね。
もう数年前ですが、地元の新聞でアンネフランクがオランダからアウシュビッツ強制収容所に送られる際に、汽車でうちの地元(北部の田舎。オランダに近い場所です)を通ったらしいとかいうのが載っていたそう。郷土資料館にも、昔住んでいたユダヤ人の家の場所がマークされた古い地図があり、その家の人たちは周りが気づくことなく消えていったとかなんとか。。。 運命というのは時に恐ろしい物ですね。 

本日は道が凍っていて、地元の学校は休校になりました。
そちらも寒くなったことと思いますが、お体に気をつけて。

by IZM (2010-12-17 17:22) 

ヴィトゲンシュタイン

早速、コメントありがとうございます。
このテオ・ゾンマーという人は、ドイツでは有名なんですか?
全く存じ上げませんでしたが、想定外の展開も「ほうほう・・」という感じで、2日で読んでしまいました。色々な話があって面白かったですよ(ということを書き忘れましたが、伝わってますかねぇ・・)。

デカいのが印象的だったコール首相は、確か1996年のサッカーのヨーロッパ選手権でドイツが決勝で延長戦の末、チェコを下し、優勝したその時、サミットに出席していたコール首相がこの試合の結果を見届けていたことにより大遅刻・・。
しかし、各国首脳から拍手とおめでとう!の歓声で迎えられたものの、なんのことやらさっぱりわからない(確か)橋龍首相は困惑しつつも、とりあえず拍手と作り笑い・・、なんてことを覚えています。

>神風とテロリストと、欧米はすぐ一緒にしたがりますねえ

あ~、なるほど、そうなんですかぁ・・。
自分は「神風」についての勉強を全くしていない反面、中東の自爆テロリストの心理と、その状況が知りたくて、以前「アッラーの花嫁たち」という本を読んだことがあります。これは洗脳だったり、やらざるを得ない状況に追い込まれたり・・という感じですね。本当はもうちょっと勉強したいんですが・・。

「アンネの日記」は読まれたことありますか?
「我が闘争」にしても自分は未読なんですが、どちらも敬遠してしまいます。こんなブログをやっている以上、避けて通れない道・・なのかも知れませんが、特に前者は可哀そう、というか、ホロコーストものは精神的にキツいので、この問題にはいつも悩んでいます。

東京は昨日から本格的に寒くなってきました。もう、毎晩「特製チゲ鍋」作って凌いでいます。ヨーロッパも寒波だと聞いていますので、ご家族共々お大事に。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-12-17 20:52) 

IZM

テオ・ゾンマーさん、ワタシも知りませんでしたが有名な新聞ZEITの編集長でハンブルグの大学講師とかやっているとなると、それなりには有名なんでしょうかねえ。。。。でも自分の名前で出された本が片手の指で数えられるくらいのようなので、もしかしたらこの本はご自分の人生とドイツの近代史への総括だったのではないかと、勝手に想像してしまいますねえ。いろいろな事が書かれている感じはレビューからちゃんと伝わりましたよー。
ワタシ、橋龍亡くなってたの、今年まで知らなかったんですよねー(汗
ヨーロッパ選手権も知らなかったなあ。96年に渡独したので、きっと自分の事で一杯一杯だったんでしょうねえ。。。。。
911の、当日流れたニュースでも、飛行機の突撃映像に「カミカゼアタック」みたいなタイトルが付けられていて、ちょっと気分悪かったのを覚えていますね。
「アンネの日記」、昔ちょっと読んだのですが、その頃アンネの年とリアルに近かったせいか、隠れ家生活の人間関係とかが子ども心にきつくて・・・Ww 最後までは読み終えなかったようなように思います。
あとやっぱりホロコーストものはきついですよね。。。。
ドイツの児童小説だと「あの頃はフリードリヒがいた」という戦時中の話は、読みやすく、ラストがショッキングで印象に残っています。淡々と書かれているのが、よりリアルな感じがしましたね。

本当に寒くて、今年は珍しく11月から雪が降っていますし、気をつけないと、という感じですね。ありがとうございます。
by IZM (2010-12-17 22:41) 

ヴィトゲンシュタイン

う~ん。なるほど・・。大変参考になりました。
「あの頃はフリードリヒがいた」は大人でも読めそうですね。

全然関係ないんですけど、たまたま今、アクセス確認を見たら「エヴァ・ブラウンの日記」のアクセス数が何故かスゴイことに。昨晩ゴールデンタイムに「世界を揺るがせた100人の女たち」というのをやっていて、これにエヴァが紹介されてたようですが、見逃しました。TVの力は恐ろしい・・。

IZMさんのブログにも例のアレの記事でお邪魔しました。
しかし、みなさんコメントって、3行~5行くらい・・。
ココのコメントの長さって、ちょっとおかしいんですかねぇ。
レビューの文言というのは、内容が内容だけに、時間をかけて、言葉も選んで(かつ、素面で・・)書いてますが、コメント文は気楽に思ったことを書けるので、(あんまりコメントもらわないし)ついつい書き過ぎるのかも・・。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-12-18 06:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。