So-net無料ブログ作成
検索選択

戦争は女の顔をしていない [女性と戦争]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ著の「戦争は女の顔をしていない」を読破しました。

以前から、かなり気になっていた本書を紹介します。
女性の著者が1978年から、こつこつと取材して集めた、
大祖国戦争で従軍した旧ソ連の女性たちの記録です。
戦後のソ連で語ることが許されなかった、彼女たちの戦場での様子を
場合によっては数ページのものから、たったの数行まで、幅広く収録しています。

戦争は女の顔をしていない.JPG

1941年、「戦争が始まった!」と国中に広まると、16歳から18歳の小娘たちも
「戦わなくちゃ!」と言って、地元の徴兵司令部に駆け込みます。
しかし、戦争がどういうものか・・、前線で自分に何が出来るのか・・、
ましてやこの戦争が4年も続くなど思わず、数日で帰って来れると思っていたり・・。

彼女たちの配属先はさまざまです。
衛生大隊で看護婦として、製パン中隊や洗濯大隊といった後方支援だけでなく、
高射砲部隊、地雷除去の工兵部隊、歩兵に狙撃兵、航空部隊という最前線で
戦争の悲惨さを目の当たりにします。

battle-kursk-russian-women-soviet-soldiers-second-world-war.jpg

支給される軍服は男物でブカブカ・・。下着すら男物で、ブーツは紐を解かなくても
履いたり、脱いだり・・。もちろん、行進などは至難の業でブーツが脱げてすってんころりんです。
航空部隊でも訓練が始まると、長いお下げ髪を全員切ることに・・。
これに「嫌だ!」といって反抗するのは、あのリディア・リトヴァクです。

Lydia Litvyak_02.jpg

「上官には1人1人に敬礼すること」と曹長に教えられると、前から2人の上官が・・。
手に持っていた荷物を置いて、「これしかない」と両手で敬礼。。

ww2 medic with her horse.jpg

伝言を頼まれても、途中で名前どころか「大尉」という難しい階級も忘れてしまいます。
階級章もチンプンカンプンですから、「おじさん、おじさん」と呼ぶ始末です。
みんなと離れて泣いている娘に理由を尋ねると「だって、もう3日もお母さんに会ってない・・」。

19-20.jpg

そして訓練を終えた彼女たちを待つ最前線では男性の大隊のなかに放り込まれ、
目や口に銃剣を突き刺し、喉を絞め合い、ボキボキと骨の折れる音、頭蓋骨の割れる音、
獣のような叫び声といった白兵戦も体験します。
3人のドイツ兵と1人のロシア兵が取っ組み合ったままの姿で凍り付いている光景・・、
その氷も赤く染まっている、というのは忘れられないでしょうね。

燃えるT-34から黒焦げの戦車兵を救い出し「どうか死なないで」と引きずって戻ります。
あるとき2人を交互に引きずっていると、一人はドイツ兵であることに気付き、そして・・。

soviet nurse helping a wounded soldier in the battlefield, WWII.jpg

敵であるファシスト/ドイツ人に対する思いもさまざまです。
その悲惨な死に様を見て「うれしかった」という感想もあれば、捕虜のドイツ少年兵に
パンを分け与えた自分が人間性を保っていることに「うれしかった」という人まで。

野戦病院でもひっきりなしに負傷兵の治療に明け暮れます。
切断した足を本人に気づかれないよう、赤ん坊のようにそっと抱いて捨てに・・。
この野戦病院の裏を通りかかり、切断された足の山を見た男性兵士は卒倒です。

夜中「看護婦さん!尿瓶を!」の声に慌てて持っていくものの、受け取ってくれません。
彼が両手を失っていることに気づいて、彼女はしばし呆然とします。
「やらなくちゃいけないことはわかったけど、見たこともないし、やり方も・・」。

Soviet nurses treating the wound of a captured german SS.jpg

恋の話もいくつか出てきます。
密かに恋焦がれていた少尉が戦死し、その埋葬の際、誰にも知られていないと思っていた
この想いを、実はみんなが知っていたことにビックリ。
ひょっとして彼にも想いが伝わっていたかも・・と思うと嬉しさに自然に笑みがこぼれます。
そして彼の亡骸にキスを・・。そしてこれが彼女のファーストキス。。。

Russian soldier.jpg

夫婦で同じ部隊・・という話では、砲弾の破片に当たって戦死した夫を
そこでの共同墓地への埋葬することを拒み、数千キロ離れた故郷へ連れて帰りたい・・。
彼女は将軍たちに訴えるものの、当然のように尽く拒否され、
挙句の果てには、あろうことか方面軍司令官ロコソフスキー元帥に直訴します。
「無理なら私も一緒に死にます!」と言う彼女に、さしもの元帥も敗北。
特別機で夫の棺とともに帰郷することが出来たのでした。

Konstantin Rokossovsky.gif

昼夜を問わない長い長い行軍では3人が支え合いながら歩きます。
そして順番に真ん中が両端の2人にに支えられながら眠りにつきます。

ソ連の女性兵士といえば、映画「スターリングラード」で女スナイパーを演じた
レイチェル・ワイズをすぐに思い浮かべてしまいますが、
戦果309名という、とてつもない記録を持つ、美貌の女性スナイパーが実在しています。
その名もリュドミラ・パヴリチェンコといい、本書には出てこなかったものの非常に気になっています。
特に彼女は「セヴァストポリ要塞」でもドイツ兵を殺しまくった末、
マンシュタインの怒涛の攻撃により、負傷・・そして病院送りという展開は、
とんでもない映画が作れそうですけどね。

Lyudmila Pavlichenko.jpg

こうしてベルリンへの進軍、そして遂に勝利。勲章を胸に飾り、意気揚々と帰郷する彼女たち・・。
しかし故郷では、「若い娘が男たちの中で何をやってたんだか・・」と冷たい視線にさらされます。
家に帰り着いたのも束の間、「妹たちが結婚できないから、さっさと出て行っておくれ!」。

1945 года в Кенигсберге.jpg

このような戦後の悲惨な話は彼女たちだけではなく、
ドイツの捕虜の身から解放されて家族のもとにやっと辿り着いた父親も・・。
翌日には「みすみす捕虜となった裏切り者」として連行され、数年間の収容所行きです。
他にも、4年間戦い、生き延びたのに故郷の農地で地雷で死亡・・。という話もありました。

Russian soldier is welcomed home.jpg

ドイツ人の女性に対する暴行についても、その男たちの順番待ちの行列と
血だらけになった女性の姿を目撃した女性兵士の感想、方やその経験を語る男性兵士、
「教養のある自分がなぜ、あんなことをやったのか・・」。
このように戦後、数十年経って、うら若き彼女たちの当時と
おばあちゃんとなったインタビュー当時では、その思いには大きな変化があります。

german-people-suffered.jpg

本書は読まれる人、それぞれ印象的な話があるでしょう。
ヴィトゲンシュタインがここに書かなかった話のなかにも、感動的なもの、恐ろしいもの、
衝撃的なもの、まだまだ沢山あります。

Soviet woman soldier.jpg

ちょっと恥ずかしいですが、自分が本書で最も印象に残った話を最後に紹介します。

戦功により一時帰郷していたナターシャがモスクワから戻ってきたとき、
その彼女の匂いをみんなでクンクンと嗅ぎます。
文字通り、行列をつくって順番に匂いを嗅がせてもらいます。
「おうちの匂いがする」と言って・・。



nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 7

しゅり

ヴィトゲンシュタインさん、こんにちは。
私もこの本が読みたくてアマゾンの≪欲しいものリスト≫の中に
入れています。
ヴィトゲンシュタインさんの感想を読んで
ますます読みたくなりました。
ソ連軍に女性の兵士がいたことを恐らくベルリン陥落関係の
本か映画で知ったのですが驚きました。
そのあたりは詳しくないのですが、やはり社会主義国家は
労働に対して平等な面があったからでしょうかね?

軍隊の階級も覚えきれず「おじさん、おじさん」と呼んだ・・・というのに
なんだか心痛みました。

やっぱりこの本、読みたいです!!
by しゅり (2010-10-06 10:42) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。 しゅりさん、こんばんわ。
これは面白いですよぉ。
普通は古書で安く買うんですが、コレは定価で購入・・。
しかし絶対、損はさせません。
そう言う自分も、本棚にしまわずに、まだソファの横に置きっぱなしです。
なにか、お気に入りのエピソードだけでも読みたくなりそうなんで・・。

この1941年のドイツ軍侵攻当時は、危機的な状況もあったので、
赤軍は女性も受け入れたようです。
しかし、強制的な徴集ではなく、本書でもほとんど全員、志願兵です。

これは現代に生きる自分たちと違って、戦争というものを映画などの
映像でも見たことがなく、知っていることと言えば、
父親たちの語った第1次大戦の英雄的な「お話」程度だったんじゃ・・。
女の子に「白兵戦」やら「砲弾直撃」の話はしないですよね。

また、当時のソ連では小学校を卒業したら一人前の大人として
男の子は働きに出たようですから、大所帯の家計を助けるためにも
彼女たちは軍隊を選んだ(一種の出稼ぎですね)のかも知れません。

ぜひ、読んでみてください。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-10-06 20:25) 

IZM

のわああ。。。 レビュー読んだら、気になっちゃう内容ですねえ。
どうしよう。Ww今度帰国の際に、入手出来るかな?

現在だったら、女性兵士も女性自衛官も珍しくはなくなっていますが。。。
やっぱり当時のソ連の体制は異色な感じがします。
しかもロシアは美人が多いじゃないですか!銃口に華、を地で行くってなかなかないですよね。。。
今はまた日本の特攻隊に関する本を読んでいますが、それらが終わったら「ドイツ夜間防空戦」が待っています。
ヴィトゲンシュタイン様、季節の変わり目ですので、お体にお気をつけて。



by IZM (2010-10-09 06:58) 

ヴィトゲンシュタイン

IZMさん。ど~も、お気遣いありがとうございます。
今日は東京も雨で17℃。肌寒いくらいです。

本書は2日間で読破しましたが、ちょっと失敗したかなぁと思っています。
ひとりひとりのインタビューが重く、印象的なので、
一日37ページ位にして、ゆっくり消化しながら読んだほうが良かったと・・。
その意味では、IZMさん向きの1冊かも知れませんね。

次はヨーネンの「ドイツ夜間防空戦」ですか?!
これも面白いですよ。それになんと言っても
「ヴィトゲンシュタイン王子」が登場しますから・・。

by ヴィトゲンシュタイン (2010-10-09 13:54) 

NDB

やっぱ、ロシアじゃ当時文字読めない
人が多かったんだろうか・・・うちの
ばあちゃんはロシア兵に時計の使い
方を教えたとか言ってたな。

最後は衝撃のクンカクンカwww
by NDB (2013-11-17 12:48) 

KJ

どうもこんばんは。今さらですが作者のスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチがノーベル文学賞を受賞しましたね。最初受賞のニュースを見たときには誰?と思いましたが、代表作にこの本が挙げられていてこの作品の作者だったのを思い出し再びレビューを読ませていただきました。
by KJ (2015-10-10 20:29) 

ヴィトゲンシュタイン

ああ、そうですね。昨日からこの記事のアクセス数がとんでもないので知りました。
次作の「ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言」を読もうかどうしようか悩んだことも思い出しましたね。ちょっとキツイかなぁ・・と諦めた記憶が・・。いま、amazonを覗いたら7000円オーバーになってました。。
by ヴィトゲンシュタイン (2015-10-10 20:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。