So-net無料ブログ作成
検索選択

詳解 独ソ戦全史 -「史上最大の地上戦」の実像 戦略・戦術分析- [ロシア]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

デビッド・M. グランツ, ジョナサン・M. ハウス著の「詳解 独ソ戦全史」を読破しました。

タイトルからはわかりませんが、表紙の「クルスク戦で突撃するソ連軍」写真で
辛うじてわかるように、本書はソ連の崩壊によって公開された当時の大量な公式文書を
整理して検証された、ソ連側から見た「独ソ戦全史」です。
著者の2人は退役米軍将校の研究家で、700ページというボリュームある一冊です。

独ソ戦全史.JPG

「詳解」とあるように、とにかく次から次へと聞いたこともない「第○○軍△△△△将軍」が
登場してきますので、過去に紹介した「燃える東部戦線」がお気に入りという人や
バルバロッサ作戦」や「焦土作戦」などを読んで、敵の全貌を知りたい方
以外にはあまりお勧めできません。

まずは1918年の第一次大戦後の内戦の様子から、その後の赤軍と
スターリンによるトハチェフスキー元帥らの大粛清、スペイン内戦と
1939年、日本軍とのノモンハン事件におけるジューコフ軍団長の活躍、
ポーランドではカティンの森事件・・、
そしてフィンランド戦争での青息吐息っぷりを次々と紹介します。

Talvisota_Soviet T-26 light tanks in action at Tolvajärvi.png

緊張高まる1941年。対峙する独ソ両軍について解説されますが、
ジューコフがポーランドに集結しているドイツ軍100個師団を
152個師団をもって壊滅するという先制攻撃案をスターリンに提言したという文書や、
空軍同士の比較では、当時世界最大の赤色空軍にも大粛清の波が訪れており、
それは開発者や技術者たちも例外ではなく、実験飛行で失敗があると
「破壊行為」として、最低1人の設計者が銃殺されたという話は勉強になりました。

Great Patriotic War2.jpg

いよいよ独ソ戦が始まると、まずはドイツ軍の攻勢を紹介します。
参謀総長のハルダーや各軍集団の様子、グデーリアン
ヘルマン・ホト率いる装甲部隊の活躍も部分的には詳細です。
そして防御側のソ連軍。スターリンを筆頭にヴォロシーロフとジューコフの最高司令部と
ブジョンヌイらの方面軍司令官。8月の1ヶ月間で10個軍を新たにつくり出すという
恐ろしい人的資源と軍需工場の疎開の成功。

Guderian_Hoth.JPG

スターリングラードでドイツ第6軍を包囲/壊滅させた「天王星作戦」からは
ソ連の攻勢計画が詳しく解説されます。
この「天王星作戦」と同時に、ドイツ中央軍集団に対して行われた「「火星作戦」。
ジューコフ立案/指揮によるこの作戦は見事失敗したものの、
「天王星作戦」が首尾よく成功したことで、ソ連の歴史家たちはその「火星作戦」の存在を
なきものにしようと努めたそうです。

Жуков.jpg

「天王星作戦」の成功に続く、「土星作戦」では一気にロストフを目指し、
ドイツA軍集団壊滅を狙いますが、セヴァストポリ要塞を落としたマンシュタイン
コレを阻止。その後もロコソフスキーの「打撃軍」の攻勢をハリコフでの逆襲で凌ぎきり
進撃して来た赤軍に「唖然とするような挫折を味わわせ」ます。

ソ連側から見た本書ですが、このようにソ連「善」、ドイツ「悪」というものではなく、
良いモノは良いという見解で、特にグデーリアンとマンシュタインの回想録も
ベースになっているらしいことから、ドイツ側ではこの2人には好意的な印象ですね。

burning knocked out T-34.jpg

1943年のクルスク戦も、そのソ連軍の陣容が特に後方に控える予備軍なども詳細に書かれ、
もし、コレを知っていたなら「ドイツ側の誰もが怯んだだろう」としています。

さらにこの辺りでは、変化して来たソ連軍の編成にも触れています。
個人的には、歩兵を「狙撃兵」と言うように、ソ連軍独特の部隊名とその違いについて
書かれていたことが楽しめました。
例えば、「機械化騎兵軍団」などという良くわからない軍団の編成や
通常の「軍」と「親衛軍」との違いと、その装備と人員の優先度。
また、特別編成の「打撃軍」(軍レベルの戦闘団?)も「親衛軍」並みの待遇のようです。
ちなみに「カチューシャ・ロケット砲」は「親衛迫撃砲」と言うらしいです。

Катюша03.jpg

偵察などの特殊任務チームは「スペツナズ」だそうで、この名前は現代の
ロシアにおける特殊部隊と同名です。
まったく別物と思いますが、おそらく特殊部隊はロシア語でスペツナズというのかも
知れませんね。

コルスン・シェフチェンコフスキー地区での戦いでは、突然、シュテンマーマン将軍が出てきて
ビックリしましたが、これは「チェルカッシィ」包囲陣のことでした。
この中盤あたり、ちょっと疲れてたので、「くわっ!」と目が覚めました。。
そういえば確かに「コルスン包囲陣」とも言いますね。
なお、このコーネフによる殺戮の犠牲、脱出を図ったドイツ兵の損害は、ドイツ側より
ソ連側の数字の方が信憑性があるとしています。

kol3.jpg

そして1944年夏、泣く子も黙る大攻勢「バグラチオン作戦」が5個正面軍によって開始されます。
ここでは弱冠38歳にして「第3白ロシア正面軍」の司令官に抜擢された
チェルニャホフスキー大将が印象に残りました。
彼はその若さゆえか正面軍司令官という立場ながら、軍の先頭に立って指揮していたようで、
ケーニッヒスベルク要塞戦で致命傷を負い、戦死してしまいます。

chernyahovsky.jpg

これ以降は、お馴染みのドイツ軍の敗走とソ連軍の猛攻が最後まで続きます。
まあ、いつものことながら、この「最終戦」は暗い気持になりますね・・。
おまけに所々に出てくる戦況図を見ても、ソ連の攻勢の矢印は多く、長くなるのに対し、
ドイツ軍は各軍集団司令官の名前(軍集団そのものの名称も)が毎回代わっているという、
必死な状況がそれだけでもわかろうというものです。。。

弱体化していくドイツ軍と対照的に、軍需的にも人的にも大きくなってゆくソ連軍を
非常に詳細に解説している本書ですが、読み終えてみると、結局のところ
まるでドイツ軍を食い殺し、それを栄養にして巨大化していく怪物のような印象が残りました。

anniversary of the victory of Russia's Great Patriotic War during World War II,.jpg



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

かに

こんにちは
お忘れかと思いますが、以前リデルハートのロンメル戦記について質問させていただいた、かにと言います。
あの後、ロンメル戦記を手に入れて読みました。
おかげで面白かったです、ありがとうございました。

実は最近、とある本を手に入れ
ヴィトゲンシュタインさんも読んだかな?と思い感想を読みたく検索しましたが、ひっかからなかったのでお節介ながら紹介にあがりました。
もし読んでいたり、記事があったり興味の無い内容でしたら、すみませんm(_ _)m
その本は「ヒトラーが勝利する世界」です。
内容は英米の19人の専門家による全17章からなる「もしも」あの時、どこどこの国が組織が人物が、他の選択をしていたら?という仮想戦記みたいなものを真面目に研究して書かれた論文集です。
こちらの詳解 独ソ戦全史にコメントを書かせていただいたのは
その論文の中にはデビット・グランツの物もあったからです。
デビット・グランツの書いたものとして
・ドイツが「バルバロッサ」作戦の実施を対英戦の決着後(1942or1943)まで延期していたら
・ドイツの攻撃が切迫しているとの警告に接して、スターリンがジューコフの提案した先制攻撃計画を実行していたら
・スターリンが、スターリン線での防衛に集中すべしとのシャポシニコフの提案を採用していたら
・ヒトラーが真剣にソビエト人民を味方につけようと努力していたら
・ドイツ諜報とソ連の実情
・1941年8月ドイツ中央軍集団がキエフ作戦に加わらずに、そのままモスクワ攻撃を続けたら
・ドイツ軍の1942年夏季攻勢
・日本が1941年12月にソ連を攻撃していたら
・1945年4月、西側連合軍がベルリンに進撃していたら
です。

他の研究者が書いたものとしては西部電撃戦、太平洋戦争や地中海やノルマンディの戦いを扱った物もあります。
私自身まだ全てを読んだわけではないので絶対にオススメできるとは言い切れませんが

ヴィトゲンシュタインさんなら興味を持つかもしれないと思い書き込みさせていただきました。
by かに (2014-05-06 05:55) 

ヴィトゲンシュタイン

かにさん。ど~も。シッカリと憶えてますよ。

さてさて「ヒトラーが勝利する世界」ですか。
この本は3~4年前に読もうとしたことがあります。
ただ、高いし、ページ数も多い・・なんて理由で見送った気がしますね。
本書の著者がタップリ書かれているというのは確かに興味深いです。特に、
・ヒトラーが真剣にソビエト人民を味方につけようと努力していたら
・日本が1941年12月にソ連を攻撃していたら
の2つは考えるだけで面白いですね。
その他の項目も、3~4年前より知識が増えただけに、楽しめそう。
amazonの欲しい物リストに登録しておきます。詳細な情報、ありがとうございました。
by ヴィトゲンシュタイン (2014-05-06 07:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。