So-net無料ブログ作成
検索選択

ティーガー戦車隊 -第502重戦車大隊オットー・カリウス回顧録- [パンツァー]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

オットー・カリウス著の「ティーガー戦車隊」を読破しました。

敵戦車150輌を撃破し、最年少にして柏葉付き騎士十字章を受章した
オットー・カリウス中尉の有名な回想録です。
1922年5月生まれのこの華奢な戦車中隊長は終戦時、23歳になろうかという若さです。
原題は「泥まみれの虎」。ロシアの泥道に沈み込みながらも奮戦するティーガー戦車・・
という雰囲気が伝わってきます。

ティーガー戦車隊.JPG

1941年のカリウスの初陣である「バルバロッサ作戦」では、
38(t)戦車の砲手として活躍し、少尉に昇進後、
ティーガー戦車を備えた第502重戦車大隊に配属されて、
戦車長として東部戦線で多数の戦果をあげることになります。

Panzer 38t Russia 1941.jpg

この上巻、カリウス自身による各戦車の紹介では、チビの1号戦車のことを
クルップ製のスポーツカー」と呼んでいたという話や
当初の大隊長であり、その名の知られたヴィリー・イェーデ少佐を
非常に尊敬している様子が伝わってくるなど、
その戦闘以外の部分もなかなか興味深く、
また、苦しい戦局の東部戦線の火消し役としてあちこちの戦場に駆り出され、
様々な指揮官や上官たちと意見も合わないなか、
成功する作戦もあれば、まったくの大失敗も、という周囲から期待される
ティーガー乗りの苦悩というものは、20歳そこそこのカリウスには大変な重圧です。

Major Willy Jähde and crew.jpg

1944年「ナルヴァの戦い」ではグロースドイッチュランド戦車連隊長の
伯爵シュトラハヴィッツ大佐の「シュトラハヴィッツ戦闘集団」に組み込まれ、
この作戦の先鋒としての重要な任務に就きます。
上巻から下巻にかけて語られるこの戦役は、ただの戦車戦以上に楽しめます。

その作戦会議の様子からティーガー中隊と歩兵、砲兵と連動した戦い方など
あくまで寄せ集めである戦闘団の指揮系統の難しさや信頼関係というものを
知ることが出来ます。
特にシュトラハヴィッツ大佐の描写は豊富で、彼が階級よりも「伯爵」と呼ばれることを
好んだという話や、作戦会議中にダイヤモンド章授与の報告を受けたシーンなど
個人的に興味のある人物なので、とても楽しめました。
ちなみにプリンツ・ツー・ザイン・ヴィトゲンシュタインは逆に「王子」と呼ばれることを
嫌っていたようで、このような貴族将校に対しては、接し方が大変ですね。

Graf Strachwitz8.jpg

この戦いの模様については
「シュトラハヴィッツ機甲戦闘団―“泥まみれの虎”の戦場写真集 」というものが
出ているので、一緒に読んだら更に楽しめるでしょうね。
今度、購入してみようと思います。

そして7月、カリウスは偵察中にロシア軍に発見されてしまい
6発もの銃弾を浴びるという重傷を負いますが、奇跡的に一命を取りとめ、
その間に柏葉章を受章することになります。

Otto Carius.jpg

ここでは、よくあるヒトラー総統の自らの手とはならず、当時、予備軍司令官であった
SS全国指導者ヒムラーから直接授与されるという、非常に珍しい話が
特に詳細に語られます。
ヒムラーから武装SSに勧誘されたり、その武装SSと国防軍の軋轢について
その理由を述べたりと、臆することなく長時間会話を交わし、そのカリウスの
ヒムラーに対する個人的な印象(とても良い)は非常に面白いものです。

carius-tiger-crew.jpg

他にも前半、武装SS(ノルトラント師団)との協同作戦時においても
そのSS隊員やSS師団長と、国防軍との違いを描いたやり取りは楽しめますし、
また、武装SSの戦いざまは賞賛しながらも
優先的に最新の兵器が補充されているという事実を
カリウスを含む国防軍兵士が憤りを感じていたという話も
良く言われていることを裏付けるものだと感じました。

Nordland-04.jpg

1945年、傷も癒え、第512重戦車駆逐大隊ヤークトティーガー中隊の
指揮官に任命されると、この128mm砲を備えた75㌧の怪物についても
その扱いの大変さを語ってくれます。
特に今までのティーガーとは違い、回転砲塔を持たない駆逐戦車(突撃砲)であることは
大きな違いであり、柏葉章を持つ戦車長でも苦労が絶えなかったようです。

jagdtiger_02.jpg

しかし、この怪物が投入された時はすでに「ルール包囲網」のなかという状況で、
せっかくのヤークトティーガーもほとんど戦果をあげることなく、終焉を迎えます。
そして最後に語られるアメリカ軍による捕虜収容所の悲惨な様子は、
消えた百万人」の内容を彷彿とさせるものです。

個人の戦車戦記として、非常に貴重な一冊ですが、このように
さまざまな登場人物と組織や、敗戦へと向かうドイツとカリウス青年の苦悩が
良く伝わってくるもので、どなたでも楽しめる回想録じゃないでしょうか。





nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 9

グライフ

こんにちは、カリウス戦記、戦車とはどんなものかを知るのに非常に参考に
なりますね。宮崎駿「泥まみれの虎」でもカリウスの資質を高く評価してます。カリウス氏のインタヴューもあるので一読の価値ありますよ。
シュトラハヴィッツ、なかなかの頑固親父でクルスク戦時、同ランクのデッカー大佐の指揮下に入るのを嫌がり、勝手な行動すると報告されてます。
中世からの名門軍人家系の末裔だそうでプライドの高い人なのでしょう。
同じフォンでもシラーはずっこけてますが、カリウス無能な上司で苦労したでしょう、今にも通じる話です。
by グライフ (2010-03-06 12:37) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。こんにちわ。
そーですか・・。宮崎駿「泥まみれの虎」も良いですか・・。
また一冊増えてしまいました・・。
シュトラハヴィッツとデッカー大佐の話は「クルスクのパンター」にも出てきましたね。
シュトラハヴィッツは「伯爵」と呼ばせることで、上官の将軍に対しても優位に立とうとする意識があったのかも知れませんね。
個人的にはデッカー大佐ももっと知りたいんですが、なかなかお目にかかりません。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-03-06 15:10) 

グライフ

デッカーについての記事、私も探しました。いまのところは略歴しかわかりません。
RK本、柏葉章本、程度です。日本語で読めるのは山崎氏
「ドイツ軍名将列伝」位ですが内容簡単です。
die generale des heer 1939-45 が元ネタですが絶版で超プレミア
です。
余談ですが、パイパーの声聞けます。

http://www.youtube.com/watch?v=VWZT3YKYBzg
by グライフ (2010-03-06 18:57) 

ヴィトゲンシュタイン

パイパーの声聞きました・・。可愛い声でしたね。
youtubeでは、たまにヴィトゲンシュタインやヴィットマンの動画を発見するとドキドキします。
今、気づいたんですが、洋書で以前から欲しいと思っている670ページの大著
「Jochen Peiper: Commander Panzer Regiment Leibstandarte 」の著者は、翻訳されている「ヴィットマン」のパトリック アグテなんですね。あの出版社、頑張ってくれないですかねぇ。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-03-07 08:17) 

ワルキューレ

最近参考にさせていただきます。関心の範囲が同じなので、今後ともよろしくお願いします。
この本、面白かったですね。知識がない3年前に読んだのですが、今読みなおしてみようと思います。
シュトラハビッツなんですが、英語版、日本語版WIKIで書いてあるのですが「予備役」装甲兵大佐、中将と昇進していきますね。
これはドイツの制度なんでしょうか。貴族の荘園領主なので、一回引退したのでしょうか。ごあいさつがわりに質問で、恐縮ですが。
by ワルキューレ (2010-03-07 22:49) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。はじめまして、ワルキューレさん。こちらこそ、よろしくどうぞ。

修行中の身で、ご質問お答えできるほど本当は詳しくないんですが。。

まず「予備役」というのは特に当時のドイツ軍に限った制度ではなく、今でも世界各国で施行されているもので、平時の際には一般市民として生活をし、いざ戦争となると軍務に付く、といったものですね。

軍医などはほとんどが予備役なんじゃないでしょうか?
よく、郷里では学校の先生だったり、弁護士だったりという大隊長も出てきますしね。

シュトラハヴィッツについてですが、
「”グロースドイッチュランド”師団写真史」の人物紹介を見ると、
第1次大戦は尉官として従軍し、平時の1930年代に軍を離れた(予備役に)そうです(近場の訓練にはちょこちょこ参加はしてたそうですが・・)。

そして第2次大戦が勃発すると、予備役少佐として招集され、
本書の「ナルヴァの戦い」当時は少将だったようです。
負傷トータル13回とか、GD師団長と揉めたとかいろいろあって、公式には治療に専念するため帰国などもあったそうですが、さすがにこの時期、勝手に「予備役だからや~めた」と引退はできなかったハズですね。
下手すると「国民突撃隊」に召集されて、自転車にパンツァーファウストで
戦う羽目にもなりませんから・・。

結局、予備役の佐官などは結構多かったとは思いますが、シュトラハヴィッツの凄いところは、予備役にもかかわらず(普段から領地で戦車を乗り回して狩をしてたわけないですよねぇ)、エリート師団GDの戦車連隊長を務めたり、ダイヤモンド賞まで受賞したということなんじゃないでしょうか?

と、こんな感じで回答になったでしょうか?
もし、間違っていれば、どなたかがコメントしていただけると思います。。。

by ヴィトゲンシュタイン (2010-03-08 18:54) 

ありがとうございます

日本戦記の場合の予備役というと、大佐で護送船団指揮官とか、留守連隊長ですから、特別のものがあったのかと思ってしまいます。
ただ、機甲は新しい兵科ですから、できるとなれば、出世しやすかったのかもしれません。
この戦記にも、やらせ取材の話が出てきますが、戦車伯爵「パンツァーグラーツ」はPRもしやすかったでしょうし。
ありがとうございます。またよろしくお願いします。

by ありがとうございます (2010-03-09 12:04) 

トイフェル

こんばんは、プリンツ!
カリウスさん亡くなられたみたいです(T-T)
バルクマンさんも長生きでしたが、あの世でビールでも飲みながら、並んでレオパルトやエイブラムスやチャレンジャーを、くさしてるかもしれませんね。
(ビットマンとは、なんとなく話し合わなさそう(^-^;)
by トイフェル (2015-01-28 22:18) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、トイフェルさん。

カリウス氏が24日に亡くなった・・件、他のコメントでも教えていただいてました。
偶然なんですけど、その4日前にヴィットマンのコメントで、カリウスよりヴィットマンの方が好きだとか書いちゃってて。。嫌な感じですわ・・。

by ヴィトゲンシュタイン (2015-01-29 14:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。