So-net無料ブログ作成

ヒトラーの戦艦 -ドイツ戦艦7隻の栄光と悲劇- [ドイツ海軍]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

エドウィン・グレイ著の「ヒトラーの戦艦」を読破しました。

ヒトラー政権時代のドイツ海軍の戦いを、就役した7隻の戦艦を中心に描いた、
英国人の著者による一冊です。
以前に紹介した「呪われた海」と似た感じですが、
本書の主役はあくまで戦艦そのものと言えるでしょう。

ヒトラーの戦艦.JPG

まずは1933年に艦隊に編入されたポケット戦艦「ドイッチュラント」からです。
ポケット戦艦と言えば「グラーフ・シュペー」と「アドミラル・シェア」が特に有名で
これらは戦記も出ていますが、このヒトラーの戦艦第1号のわりには活躍の少ない
ドイッチュラントの地味な戦いと、この帝国の名を持った戦艦が撃沈されてしまうことを
怖れたヒトラーが、勝手に「リュッツォー」と改名してしまう経緯などが
詳細に書かれていてなかなか勉強になりました。
特にこのドイッチュラントは最後まで生き残った戦艦だったんですね。
ひょっとすると改名したことが良かったんでしょうか・・。

1931_Launch of the Deutschland at Deutsche Werke, Kiel.jpg

グラーフ・シュペーもその通商破壊作戦と自沈するまでの過程が
ダイジェスト的ながらしっかとりと書かれていて、
艦長のラングスドルフ大佐が世界中の報道機関から「臆病者」の烙印を押されるなど、
恥を知る男なら到底耐えられない状況に追い詰められていたという、
その自決の真相を解説しています。

1939_ Kapitän zur See Hans W. Langsdorff at Buenos Aires, Argentina.jpg

戦艦「ビスマルク」もフッドとの戦いとその壮絶な最後。
「シャルンホルスト」と「グナイゼナウ」の姉妹艦も
ドーバー海峡突破の「ケルベロス作戦」だけではなく、
「ベルリン作戦」、「ユーノー作戦」でも結構戦っています。

Ernst Lindemann_Hitler.jpg

戦艦「ティルピッツ」は、その知名度のわりには最初からツキの無い艦のようです。
英国の小型潜水艦「X艇」にやられたり、爆撃機から巨大な「トールボーイ」を喰らったりと
散々な目に遭い、転覆してしまいます。
ビスマルクも命は短かったとは言え、パッとひと花を咲かせたのに比べ、
その存在だけが有意義であったという戦艦ですね。

1944_Tirpitz under attack by British aircraft in Kåfjord.JPG

本書はエーリッヒ・レーダー元帥の回想録をかなり頻繁に引用していて、
各々の作戦に伴うヒトラーとのやり取りや、
レーダー元帥の司令官としての考えなども紹介しています。
後半は後任の司令官デーニッツが登場しますが、
全体的に本書は海の戦いを何も知らないヒトラーを筆頭に、
上層部に対しては評価の低い扱いとなっています。

raeder.jpg

7隻の戦艦ごとに章が分かれているわけではなく、
時系列に戦役とその戦艦が登場する本書ですが、
気軽にドイツ海軍水上艦を知るには良いんじゃないでしょうか。
グランドパワーのファイティングシップ・シリーズを大人買いしたくなりました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。