So-net無料ブログ作成
検索選択

ノルマンディのロンメル [戦記]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

F・ルーゲ著の「ノルマンディのロンメル」を読破しました。

著者はのちに初代ドイツ連邦海軍総監となるフリードリヒ・ルーゲ提督で
1943年11月にロンメルが西方B軍集団司令官に任命されると共に
幕僚部の海軍補佐官として、続く1年間のほとんどをロンメルと共に過ごしました。

単なる個人的な回想録に留まらず、「B軍集団戦争日誌」とロンメルの「日次報告」、
そしてルーゲ提督自身の日記を巧みに組み合わせ、D-DAYを迎えるまでに
ロンメルが日々、何を考え何を行っていたのかが詳細に語られています。

ノルマンディのロンメル.JPG

もともとロンメルに託されたOKW(国防軍総司令部)からの任務とは、
占領している沿岸地域の防御準備状況を調査/研究し、
そこから西ヨーロッパに上陸した敵軍を攻撃するための作戦の研究/立案というものでした。
この沿岸地域とはフランスのみならず、北部のノルウェーからオランダ、デンマークまでに及び、
毎日、とんでもないバイタリティであちこちを訪れては、各防衛陣地の司令官たちと会談し
そのロンメルの計画・・すなわち「連合軍を上陸直後に撃退する」戦術を説いて回ります。

Erwin Rommel mit Admiral Ruge.jpg

これは北アフリカとイタリア戦線で経験した、空からの脅威の前には
後方からの迅速な移動が不可能であるということに端を発したものですが、
西部方面軍司令官であるルントシュテット元帥らは一旦、敵を上陸させ、
内陸に誘い込んでから、装甲部隊により撃滅するという戦術を考えていました。

しかし悲しいかな、調査/研究することが任務のロンメルにはノルマンディを含む
B軍集団隷下の各師団に対しても、防御戦術変更の指示を下す権限もありません。。。

Erwin Rommel inspecting beach defenses in German-occupied.jpg

それなりの師団数や人員はいるものの、中年の師団や空軍、海軍の地上任務部隊、
ロシアなどの捕虜で構成された部隊と、とても精鋭部隊と呼べるレベルからは程遠く、
火器にしても各国の鹵獲品が中心で、口径も様々、数発撃ったら砲弾が無くなるという有様です。

海軍と陸軍の砲兵の切り分けについても、海上の敵は海軍砲兵が、
上陸した敵は陸軍砲兵が受け持つという相変わらず、縦割りな関係です。
著者のルーゲは連合軍の陸海空3軍を統率したアイゼンハワーなどの
方面軍司令官のような考え方がドイツ軍にはまったくなかったことを嘆いています。

Erwin Rommel before D-Day.jpg

列車砲もかなりの数が配備されていたようです。
しかし、これらの列車砲は特定の目標に巨弾をぶち込むことが目的のため、
海上を移動している船舶にはまったく役立たずという話も出てきました。

スーパースターであるロンメル元帥の訪れる先は保安の面からも秘密となっていて
兵員食堂で食事をとっていると、それに気づいた兵士たちから歓声が挙がったり、
第21戦車師団の有名な戦車連隊長ブロニコフスキー大佐は
前夜に夜更かしが過ぎたこともあって「えらいことだ・・・」と呟いていたりと、
実際、ロンメルの知名度というものは、自分の考えていた以上のもののようです。

Erwin Rommel inspecting western German defenses.jpg

日々、あちこちを飛び回るロンメルに少しでも息抜きを・・と考えたルーゲ提督は
次の視察地の近くにある、世界遺産でも有名なモン・サン・ミッシェルをコースに組み込みますが
その戦術を見破られ、あっさり却下されてしまいます。
しかし、のちに同じ部隊を訪れた際には、ロンメルから
「今日はモン・サン・ミッシェルに行こうではないか!」と言われたエピソードは、
本書でほとんど唯一のホノボノした場面です。
それでもロンメルの感想は「素晴らしい地下壕だ!」。

Le Mont Saint-Michel.jpg

西方装甲集団司令官のガイル・フォン・シュヴァッペンブルクとは
装甲部隊の用法を巡り互いに譲らず、毎回、なんの進展もなく物別れに終わります。
グデーリアン装甲兵総監も数回ロンメルを訪れ、装甲部隊をどこに置くかについて
意見を交わしますが、ルーゲによると、この楽しいお客さんは
ロンメルの沿岸近くに配備するという案に賛成だったようです。
OKWもロンメル案に同意したそうですが、結局は優柔不断のまま、
ロンメル案とシュヴァッペンブルク案の中間地点に配備されることに・・。

Leo Geyr von Schweppenburg.jpg

連合軍のノルマンディ上陸後の戦いは概要程度に留めていて、
ルントシュテット元帥に代わり、新たにに西部方面軍司令官となったクルーゲ元帥と
ロンメルのバトルが特別に印象的です。

そして7月20日のヒトラー暗殺未遂事件直前に重傷を負ったロンメルの入院生活。
頻繁に見舞いに訪れたルーゲ提督はロンメルに本を読んで聞かせるなど、
非常に親密な関係が伺え、それゆえ
最後に語られるロンメルの死の真相とその葬儀の様子の後、総括として
もし、ロンメルが重傷を負わなければ、連合軍との交渉が行われたのでないか・・
という著者の推測も、なにか説得力を感じました。

Beisetzung_Rommel.jpg

なかなか勉強になった一冊で、特に著者による海軍側からの視点が新鮮でした。
ロンメルものは「これで読破したかな」と思っていましたが、
学研M文庫から「ロンメル戦記」が出ていますね・・。まさにロンメルは永久に不滅のようです。
内容的には「狐の足跡」的な感じっぽいですが、両方読まれた方いらしたら
教えてください。



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 4

グライフ

こんにちは、ご無沙汰してます、ブログはずっと拝見させていただいて
ました。
山崎氏「ロンメル戦記」ですが、ロンメル著「歩兵攻撃」からの第一次
大戦での戦闘記録が詳しいですね。それとOO子の存在は初耳です。
その後のエピソードはほぼおなじみの物かな?
戦中のプロパガンダや戦後の反ヒトラーの英雄ではなく長所短所のある
人間として描くという内容です。ここらは「狐の足跡」に通じるものがある
かと。
ただカレル本は参考にできないとするのは疑問ですが。

これだけロンメル本読まれたら今度は相手の「モントゴメリー回想録」
をお読みになられるのも良いですよ。
by グライフ (2010-01-15 16:48) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も。グライフさん、お久しぶりです。
山崎氏「ロンメル戦記」の情報ありがとうございます。
そうですか~。まぁ、ロンメル本はまたいつか読みたくなる時まで、休憩しますかね。
しかし「モントゴメリー回想録」・・。実は持ってます・・。チャーチルの「第二次世界大戦」も購入済みで、西側連合軍ものに走る気はマンマンなんですが、なかなかどうしてページが開けない日々が続いています。
実は今回「ノルマンディのロンメル」を読んで、無性に読み返したくなった本があって、感想を明日にでもUPする予定です。
もちろん、あの著者の「アレ」ですよ!
by ヴィトゲンシュタイン (2010-01-15 18:35) 

黄泉音(ヨモツネ)

こんにちは、お初です!!(このメッセージ通じるやろか・・・。)戦う英雄と兵器が好きです!貴方のブログを愛読させて頂いております!遡ってですけどね( ;∀;)こんなこと言うためにしか態々打ってますが、ロンメルと真田幸村(真田丸参考)って似てませんか?良ければご意見お願いします!!
by 黄泉音(ヨモツネ) (2017-01-05 22:39) 

黄泉音(ヨモツネ)

PSです。
思い出したのですがあ宜しければ!貴方と貴方の知人さん、ファンさんからリクエストしたい戦闘シーンや武器、軍人(時代何でも)がいたら、pixivとニコニコ静画やってるので是非コメントで教えて下さい!!
宣伝じゃあありません(ひよっこだし)!純粋にこういう人達はどういうものが好きですかと聞きたかったんです!!
どうか宜しくお願いします(`・ω・´)ゞ

pixiv
http://www.pixiv.net/member.php?id=20823162

ニコニコ静画
http://seiga.nicovideo.jp/user/illust/62261727?target=illust_all

youtube(念のためフリートークに)
https://www.youtube.com/channel/UCwtGTKd7XMeMkhGUtatDsPw

by 黄泉音(ヨモツネ) (2017-01-05 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。