So-net無料ブログ作成
検索選択

カティンの森 [戦争映画の本]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

アンジェイ・ムラルチク著の「カティンの森」を読破しました。

先日、神保町の古書街をさまよっていた際に、岩波ホールの看板が目に飛び込んできました。
そこには「次回ロードショー カティンの森」。
近寄って見ると「監督/アンジェイ・ワイダ」とあるではありませんか!
更に良く見ると「原作/集英社より発売中」。
とりあえず三○堂に駆け込んで、一件落着・・。

カティンの森.JPG

帰ってくるなり、この本と映画のなんの予備知識もないまま独破を開始し、
数時間後に無事完了しました。

「カティンの森」、または「カチンの森」とも言われるこの有名な事件は
独ソ戦前の1940年にポーランドがドイツ/ソ連それぞれの占領下にあった時、
ソ連側によりポーランド将校、数千人が惨殺され、「カティンの森」に埋められたというものです。
その後、バルバロッサ作戦によりポーランドが完全にドイツに占領されると
この事件が大々的に発表されますが、もちろんソ連、及び連合軍は、
それはドイツ軍によるものだとして全面的に否定していました。

katyn.jpg

この小説は、カティンの森の犠牲者となったポーランド将校の夫を持つ女性と
その娘が終戦後間もないソ連支配下の時代にその真相を探ろうとする
サスペンスも盛り込まれた一冊です。
出版されたばかりで、読まれた方も少ないと思いますので、詳細なストーリーは割愛します。
主人公は女性(母と娘)ですので、ぜひ女性にも読んで欲しい一冊です。

Zbrodnia katyńska.jpg

著者は脚本家でもあるためか、非常に会話が多く、家族や友人、恋人など登場人物の関係も
わかりやすく読ませ、ほとんど未知の世界と言って良い、
この時代のポーランドでも混乱することなく、理解できました。

また、もともとこの「カティンの森」をテーマにしたものを書くようワイダ監督から依頼され、
そして書き上げた短編からワイダ監督はインスピレーションを受けて映画版のストーリーが完成し、
著者はそれとは別にその短編を膨らませたものが、この小説ということだそうです。

KATYN_Andrzej Wajda.jpg

それゆえ、先ほど確認した映画版のストーリーとは登場人物も含め、
まったく別物と言って良いかもしれません。
この小説版では1つの家族の物語に閉じていますが、
映画では複数の家族のエピソードという形のようです。

映画「カティンの森」の公式HPです。

いずれにしても、以前から興味のあったこの「カティンの森事件」を知ることが出来たのは
大きな収穫です。カティン以外にも2箇所にも埋められ、その犠牲者の数は
当時のポーランド将校の半数にあたる1万数千人にも及んだことも知りました。
12月5日公開の映画も楽しみにしています。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。