So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュルンベルク・インタビュー (上) [ヒトラーの側近たち]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

レオン ・ゴールデンソーン著の「ニュルンベルク・インタビュー(上)」を読破しました。

1946年の有名なニュルンベルク裁判の公判期間中にアメリカ人の精神科医であった著者が、
拘留されていたほとんどの被告(21人中19人)との面談でのやり取りを
ノートに残しておいたものを編集/出版したものが本書です。
被告とのインタビューもさることながら、個人的には主に検察側の証人として
ニュルンベルクにやってきた十数人の「証人」たちのインタビューが
特別、興味をそそられました。

ニュルンベルク上.JPG

まずはどんな本でも散々にこき下ろされているヴィルヘルム・カイテルです。
ヒトラーを評して「彼は天才だった。また、悪魔のような人物であった」とし、
自らについては「自分は元帥などではない。軍隊を率いたことも無いし、
戦術家でもない」。さらに「5回に渡って辞任を申し出たが、厳しい言葉で
拒否され、後ろめたさから仮病も使えなかった」とイメージどおりの人間性のようです。
ルントシュテット元帥だけは、わざわざ玄関まで出迎えるほど
ヒトラーが尊敬していたという話は楽しめました。

Keitel2.JPG

「私は第2のヒムラーだと思われている。誰も殺していないのに・・」と語る
カルテンブルンナーは国家保安本部(RSHA)の構造についてレクチャーを始めます。
RSHAの長官自らが率先して講義するという貴重な内容で、
特に「ケチな男」と評するヒムラーとボルマンのライバル争いと、
その両者を行ったり来たりしつつ、権力を強大にしていったハイドリヒ
「権力マニア」の裏話のくだりはワクワクします。
また、ハイドリヒ暗殺へのヒムラーの関与は、
「なかったが、彼にとって吉報だったことは確かだ」としています。

Ernst_Kaltenbrunner Nuremberg trials.jpg

インタビュー中にヒステリーを起こしたゲーリング
「ヒトラーが後継者にデーニッツを指名したから、私が嫉妬しているなんてとんでもない。
私はドイツのシンボルであり、ヒトラーにとってあまりにも
重要な存在なので指名できなかったのだ。デーニッツがなんだというのだ。
たかが提督で和平交渉ができただけではないか!」。
美術品のコレクションについて訊ねられると「ヘルマン・ゲーリング師団から
公式のルートで収集した」と話しています。モンテ・カッシーノの品々も
一部ゲーリングに届いたという話もありますね。

Hermann Goering Nuremberg trials in 1946.jpg

証人といってもその後、死刑判決を受けるような強烈な面々が登場します。
アインザッツグルッペンの隊長として1年間に9万人を殺害したオットー・オーレンドルフは
悪いのはハイドリヒで、自分はなにもしていないという態度を崩しません。

Otto_Ohlendorf2.JPG

防諜部長官のヴァルター・シェレンベルクは1943年にヒムラーから
ヒトラーの殺害を相談されたという話や、終戦直前、
「自分がこれまで他の人々にやってきた卑劣な行為を悔やんでいる。そのことを謝る」
とヒムラーが語ったという話はとても印象的です。

Walter_Schellenberg2.JPG

警察長官とベーメン・メーレン保護領でハイドリヒの後任を務めたクルト・ダリューゲ。
ライバルであったヒムラーとは反目しあっていたと語るダリューゲには著者もお手上げで
「武力や暴力を行使し、他人の生命を安易に奪ってきただけに、彼が生命全般、
とりわけ自分自身の生命も尊重しているかどうかも疑わしい」と分析しています。

Kurt Daluege.jpg

国防軍の証人ではフォン・クライストが自らを「フランスで誰よりも活躍した司令官」と語ります。
これをグデーリアンが聞いたらなんと言うでしょうか?
ヒトラーの対しては、「怒鳴られたら、倍の声で怒鳴り返したし、
最高指揮権の返上を求めたことで罷免された」いきさつを述べています。
しかし、「やましい事はなにもない」と自信満々の彼も、
1954年に引き渡されたソ連の収容所で最後を迎えていたというのは、
かわいそうな気がしますね。

Ewald von Kleist.jpg

ケッセルリンクのロンメル評もとても参考になりました。
曰く「彼は優れた軍団司令官だったが、気まぐれ過ぎて、熱中したかと思うと
次の瞬間にはやる気を失い、エル・アラメインでは神経衰弱で、もはや
かつてのロンメルではなく、それ以降、任務に耐えられなくなった」。

その他、この上巻ではフリッツ・ザウケル、ヒャルマー・シャハト、ユリウス・シュトライヒャー、
アルベルト・シュペーア、フォン・シーラッハ、カール・デーニッツ、フォン・ノイラート
といった被告のインタビュー。
証人としては、ヒトラーの通訳だったパウル・シュミットと
ゼップ・ディートリッヒが登場します。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

北欧の鷹

大学の図書館でこの本を読み漁りましたね
凄く面白い本でした。
特にデーニッツとマンシュタインについてのインタビューは私の価値観を根底から覆す衝撃的なものでした。
著者の感想が感情的に感じられましたが、書いてあるインタビューについては公平に行ってると思いますね。

by 北欧の鷹 (2011-06-03 18:37) 

ヴィトゲンシュタイン

北欧の鷹さん。こんばんわ。

この本読んだのは1年半前になりますが、先日ストーリー仕立ての「ニュルンベルク軍事裁判」を読んで、本書もいくつかの部分も読み返しました。

>特にデーニッツとマンシュタインについてのインタビューは私の価値観を根底から覆す衝撃的なものでした。

お~、そうですか。デーニッツのインタビューは忘れてしまったので、もう一度、最初から読んでみようという気になってきました。
by ヴィトゲンシュタイン (2011-06-03 20:44) 

さんけ猫

管理人様、初めまして。
ナチス文化に興味を持ち、コメント致します。

ナチスの関係者の子供や孫の証言を集めた「お父さん、戦争のとき何していたの―ナチスの子どもたち 」という本に、カルテンブルンナーの孫娘らしい女性が出てきます。(証言をしている孫娘の名前しか出てきませんが、「死刑になった」「背が高い」「ハンサム」という言葉が出てくるので多分そうだと思います。)
その本によると、息子夫婦は父親の罪を償うためにナチスが迫害したエホバの証人の熱烈な信者となり、インタビューに応じた孫娘は病んだ家庭と祖父を侮辱する教師に絶望して不良となり、その姉はイスラエル支援に熱心で、年老いて認知症を抱えたカルテンブルンナー夫人を厳しく罵るそうです…。
20数年前に出た本ですが、図書館等にあると思います。
by さんけ猫 (2013-04-04 20:06) 

ヴィトゲンシュタイン

さんけ猫さん。はじめまして。
「お父さん、戦争のとき何していたの―ナチスの子どもたち」ですか。なんとなく、聞いたことがあるような・・。でもカルテンブルンナーの孫娘らしい女性ということであれば、とても興味がありますね。
昨日紹介した「ナチズム下の女たち」にも通じるところがありそうですし、今度、挑戦してみようと思います。ありがとうございました。

戦犯の子供モノだと、「それでも私は父を愛さざるをえな​いのです―『シンドラーのリスト​』に出てくる強制収容所司令官の​娘、モニカ・ゲートの人生」が以前から気になっていますし、本書のニュルンベルク裁判の公判前に独房内のトイレで首吊り自殺をしたロベルト・ライの子供が、ソレを学校で聞いて倒れる・・という本もあったと思います。これ、タイトル忘れちゃって、読むに読めないんですね。。どなたか教えて欲しい・・。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-04-04 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。