So-net無料ブログ作成
検索選択

SS‐LEIBSTANDARTE―第1SS師団の歴史 1933‐1945 [武装SS]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ルパート・バトラー著の「第1SS師団の歴史」を読破しました。

独破戦線でも今ひとつ評判の良くない、リイド社出版の武装SS師団シリーズものです。
師団の歴史ですが、ライプシュタンダルテなので、どうしても親衛隊の成り立ちから
始ってしまいますが、これはしょうがないところでしょう。
「長いナイフの夜」事件などに関わったことなど、暗い面にも光を当てています。

第1SS師団の歴史.JPG

武装SSとしてはあまりにも有名な部隊であり、ポーランド侵攻から西方電撃戦、ギリシャ、
バルバロッサ作戦、クルスクの戦車戦やハリコフ、チェルカッシィ包囲陣救出、
ノルマンディ、バルジの戦い、そしてバラトン湖と、有名な戦いに参戦していることから
逆にこれを読めばドイツ軍のヨーロッパにおける戦いや国防軍と武装SSの立場が
理解できるとも言えます。

peiper&wittmann.JPG

前半はフリッツ・ヴィットSS少佐やパンツァー・マイヤー、フーゴ・クラースなど古参の戦い。
クルスク戦車戦からはヴィットマンが再三登場してきます。
ある意味メインとなっているのはバルジの戦いで、ヨッヘン・パイパーの活躍と
マルメディ虐殺事件の関与について解説しています。
また、開戦前にはパイパーがヒムラーの副官を務めていたことなどもしっかり書かれており、
そのような過去からもパイパーの人間性も探っています。

Joachim Peiper_personal adjutant _Himmler.jpg

この本の主役はヒトラーの警護部隊としての発足時からの隊長であったゼップ・ディートリッヒで
師団長の座はテオドール・ヴィッシュ~モーンケに譲るものの
そのライプシュタンダルテを含む第1SS装甲軍団長、そしてSS装甲師団からなる
第6装甲軍司令官として、最後までライプシュタンダルテと共にあったという印象です。
SS全国指導者ヒムラーとの微妙な関係やゲーリングルントシュテット元帥
シュタイナーハウサーといった同僚のディートリッヒ評も非常に楽しく読めます。

sepp_dietrich.jpg

同じ著者によるヒトラー・ユーゲントの「第12SS師団の歴史」よりは大分マシな一冊で、
写真もなかなか良いものが多く、キャプションもしっかりしていて、
気軽に読む師団史としてはちょうど良いんじゃないんでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。