So-net無料ブログ作成
検索選択

鉄十字の騎士 -騎士十字章の栄誉を担った勇者たち- [軍装/勲章]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ゴードン・ウィリアムソン著の「鉄十字の騎士」を読破しました。

1939年~1945年までの間の陸海空の3軍、および武装SSから
著者が独断で選んだ?騎士十字章受章者を写真と共に紹介した一冊です。

鉄十字の騎士.JPG

巻末の資料でわかるように、騎士十字章受章者は7000人強であり、
洋書では販売されていますが、全員を紹介することは殆ど不可能です。
7000人という数が多いか少ないかというと「2150人に1人」という統計が出ています。
陸軍で言えば一個連隊に一人くらいですかね。
この本ではまず、騎士十字章が如何なる物であるかをきっちりと解説しています。

Günther Prien.jpg

興味深い人物としては、さっそく登場のギュンター・プリーンです。
ここでは騎士十字章受章となる戦果を挙げたスカパフローでのロイヤルオーク撃沈が
今日でもサボタージュであった可能性について言及しています。
そんな話知りませんでした。

Erich Topp.jpg

1939~40年にかけてはUボート全盛の時代なので、エーリッヒ・トップや
アダルベルト・シュネーといった名Uボート艦長たちが続々と出てきます。
特にこの2人は主役で書かれた本もないので、写真の格好良さが光ります。

Adalbert_Schnee.jpg

次はユーゴスラヴィア侵攻において首都ベオグラード一番乗りを果たし、
ハッタリによって降伏させて騎士十字章を受章したことで有名な
武装SS「ライヒ」のフリッツ・クリンゲンベルクSS大尉です。
若干、一発屋的な印象がありましたが、彼はその後、SS外国人義勇兵の士官候補生の
育成に従事して大佐まで昇進し、終戦間際の1945年にSS第17装甲擲弾兵師団
「ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン」の師団長として戦死したことを知りました。

Fritz klingenberg.jpg

ボリュームはあまりありませんが、バラエティにとんだ人選なので
なかなか楽しめるのではないでしょうか。



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

f.m.

 この本はカイリング少佐(ここでは大尉になっていますが)の写真が掲載されていたから、買いました。騎士十字章入れの持ち主だったベーメ将軍は継続裁判にかけられた際にニュルンベルクで自殺した人物ですが、取り上げられている人物達は、どちらかと言えば典型的な「英雄」物語として書かれているので、今から見ると平板だなあ、と思います。そこから外れた事がちらほら出て来て、そちらの方が知らない事が出て来るのが却っていい、と思いました。7月20日事件で銃殺されたオルブリヒト将軍が、いつもらったか、という事は書かれていますが、7月20日事件の関係者で騎士十字章の受章者は結構いますし、自由ドイツ国民委員会やドイツ将校同盟に参加したり、ドイツ民主共和国の諸政党(あの国は「人民民主主義」国家という建前上、ソ連と違って、一応、複数政党制ですが、わざわざ国家民主党-NDPD-のような元軍人や元NSDAP党員を対象にした政党を作っていました)や人民軍、人民警察などに参加した人々でも探せばいますし、それこそカイリングのように「東方部隊」の指揮官で、この勲章をもらった人を取り上げてもいいわけで。
by f.m. (2014-02-05 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。