So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒトラーの秘密警察 -ゲシュタポ・恐怖と狂気の物語- [SS/ゲシュタポ]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ルパート・バトラー著の「ヒトラーの秘密警察」を読破しました。

まずは「訳者あとがき」から抜粋すると、
「秘密警察ゲシュタポがタイトルとなっているように、警察国家の恐怖政治を性格を
掘り起こすことが主題ではあるが、ナチ党の政権掌握からニュルンベルク裁判まで
おもだった出来事を時系列に追っているので、ナチス通史として読むことが出来る」
ということに集約された本書です。
著者は「SS‐HITLERJUGEND―第12SS師団の歴史1943-45」等も書いていますが
どうも、たまたまなのか、タイトルが内容に負けているというか、緩い感じがします。

ヒトラーの秘密警察.JPG

ゲーリングが創設し、SSのヒムラーに引き継がれた「秘密国家警察ゲシュタポ」ですが
ナチ党の情報機関である「SD(親衛隊保安情報部)」も存在しており
やがてはその他の刑事警察などと統合されて
「RSHA(国家保安本部)」の一部署となっていきます。
特にSDとの線引きが曖昧なこともあって、その任務の範疇が区別しづらく、
こうなると、ゲシュタポというよりRSHAの物語と化していきます。

Heinrich Müller.jpg

本来、このタイトルならばゲシュタポ長官のハインリッヒ・ミュラーが主役であっても
良いと思いますが、期待するほど登場してきません。
ミュラーが謎の多い人物であり、戦後も行方知れずであることが要因かもしれませんが
だったら、もうちょっと独自の調査や追及をしてみては・・と言いたくなりますね。

Nebe, Huber, Himmler, Heydrich, Müller.JPG

SDおよびRSHA長官のラインハルト・ハイドリヒ
その後任のカルテンブルンナーの出番のほうがずっと多く
結局は特別行動隊(アインザッツグルッペン)からハイドリヒ暗殺の物語、
そして有名な「白バラ」やアイヒマン、ヒトラー暗殺未遂事件まで幅広い内容となっています。

Ernst Kaltenbrunner.jpg

それなりに知られていることを様々な著書から抜粋し、だらだら書いている雰囲気で
新たな発見があるわけでもなく、特別に印象に残るような章があるわけでもありません。
この世界のベテランの方には非常に物足りなく感じるでしょう。
逆に言えば、確かに「ナチス通史」の入門編といえるかも知れません。



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

ヒトラー

 この本2011年2月18日(金)に江南市のアピタに行った時に本屋で見かけました。結局その本では無く、隣のヒトラーの親族を詳しく書いた本の中のアロイスジュニアーの部分を座り読みしただけで終わりましたが。ハインリヒ=ミュラーは詳しく書いてほしいですね、同姓同名が多いらしいですが、ハイドリヒやカルテンブルンナーが主役になるのはしょうがないか、でもハイドリヒはともかく、カルテンブルンナーが詳しいのであればいいような気がする、カルテンブルンナーが意外と知られて居ないような気がするので。
by ヒトラー (2011-02-20 01:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。