So-net無料ブログ作成
検索選択

暁の七人 -ハイドリッヒの暗殺- [戦争映画の本]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

アラン・バージェス著の「暁の七人」を読破しました。

SD(親衛隊諜報部)、ゲシュタポ、保安警察の全てを含む国家保安本部(RSHA)長官にして
ベーメン・メーレン保護領(チェコ)の事実上の総督として「プラハの虐殺者」と呼ばれた
ラインハルト・ハイドリヒSS大将暗殺のドキュメンタリーです。
その国の最高権力者を暗殺するために潜入し、計画、実行そして最後のとき・・
というストーリーとしては、フォーサイスのデビュー作である「ジャッカルの日」みたいですね。

暁の七人.JPG

英国軍に指導を受けた亡命チェコ軍兵士たちが落下傘降下により潜入し、
ハイドリヒの行動を調査/観察し、具体的な暗殺計画を立案、そしていざ実行に移します。
しかし銃撃は失敗し、手榴弾によりなんとか重症は負わせたものの
暗殺は見事成功という訳には行かず、ナチス・ドイツの威信に賭けての犯人探しが始まります。

The damaged car of Reinhard Heydrich.jpg
模型で再現!.jpg

知らせを受けたSS全国指導者ヒムラー自ら、最高の医師団とともにプラハを訪れますが、
結局、1週間後にハイドリヒは死亡します(ハイドリヒを恐れていたヒムラーによる殺害説も・・)。
一方、暗殺を実行した2人ヤン・クビシュ、ヨゼフ・ガブチックを含むチェコ軍兵士たちは
仲間の裏切りによって、隠れていた教会において壮絶な銃撃戦により命を絶つことになります。

Valcik, Kubis, Opalka & Gabcik.jpg

その後も報復としてヒトラー命令と内務大臣カール・ヘルマン・フランクにより、
有名な「リディツェ村の惨劇」などと続いていきます。

ハイドリヒ暗殺は、連合軍側がナチス高官を暗殺するという戦略が
あまりにリスクが高いことを認識したようで、その後はこのような計画が実践されていません。
もしハイドリヒが暗殺されることがなかったら、「鋼鉄の心臓を持つ男」とヒトラーに言わしめた
この計り知れない権力と野心溢れる人物によって、いくつかの歴史が変わったようにも思えます。

Heydrich_Karl Frank.jpg

1975年に「ジョニーは戦場へ行った」のジョニー役で知られるティモシー・ボトムズ主演で
映画化もされています。観ていないのですが、DVD化されていません・・・残念。

暁の7人.jpg

ハイドリヒを演じた役者さん(アントン・ディフリング)は当時、57歳ですが
実際のハイドリッヒは20歳も年下です。これはSSという組織が如何に若いかを物語っていますね。
現在もそうですが、この映画の公開の時代でも、このような立場の人物が30代後半というのに
観る側も違和感を感じてしまうのでしょう。またはその年齢で演じられる役者がいないか・・。

Heydrich_OPERATION DAYBREAK.JPG

また、戦時中の1943年には「メトロポリス」で有名なドイツ人のフリッツ・ラング監督が
「死刑執行人もまた死す」という、この暗殺事件をヒントにした映画を撮っています。
こっちは20年くらい前の本邦初公開のときに観に行きましたね。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

ハメット

わたしはこの映画を20代のころ映画館で観ています。年がバレますが。
確か本も読んだ記憶もおぼろげに・・。水攻めにされていたかと・・、違うかな?
ああ、読みたいです。でも高いです。再販しなかな、早川さんは。
by ハメット (2015-01-14 22:40) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、ハメットさん。
そうです。ラストは水攻めです。
amazonで7000円ですかぁ。6~7年前にボクが買ったときは1/10の700円でした。

ハイドリヒの人生と暗殺事件をテーマにした「HHhH -プラハ、1942年-」という本が一昨年出ています。本書も参考として抜粋されていて、この事件を詳しく知ることが出来ますよ。古書価格も2000円とお手頃ですし・・。
レビューはこちら ↓

http://ona.blog.so-net.ne.jp/2013-09-09

by ヴィトゲンシュタイン (2015-01-15 07:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。