So-net無料ブログ作成

燃える東部戦線 -独ソ戦の全貌- [ロシア]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ハリソン・E・ソールズベリー著の「燃える東部戦線」を読破しました。

副題の通りの独ソ戦についてをソヴィエト/ロシア側からの視点でまとめたもので、
著者は1944年当時のUP通信のモスクワ支局長を務めていたソールズベリーです。
ソヴィエト側からの視点といってもジャーナリストによる客観的なものであるため、
スターリンはもとより、ヒトラーを含むドイツ軍も誰一人として好意的には書かれていません。
それはルーズベルトやチャーチルにしても同様です。

燃える東部戦線.JPG

ドイツ軍は単なる「敵」として存在しているだけで、その「敵」になすすべなく蹂躙され、
持ちこたえ、反撃するソ連軍という、東部戦線の大局的な戦記として進んで行きます。
バルバロッサ作戦からモスクワ周辺での攻防、レニングラード、ハリコフと続き
スターリングラードからクルスクの戦い、ベルリンへと、更には日本まで・・。
スターリンを中心に軍または軍集団(方面軍)レベルでの戦闘の経緯が述べられており、
第2次大戦におけるソヴィエト/ロシア軍の戦い、主要人物、体制を知るには
入門書とも言えそうです。

Georgy Zhukov.JPG

この本の主役をあえて挙げるとすればジューコフ元帥です。
ほとんどの戦場にスターリンの火消し役として登場してきます。
悪名高いトハチェフスキー元帥などの大粛清を経て、この大祖国戦争を戦うなかで、
その時点では、スターリンが最も(唯一?)信頼した将軍であるように感じます。

Super zhukovman.jpg

ドイツ軍で言えば、ゼップ・ディートリッヒがマンシュタインの戦術論を持っていたら・・とか、
ルントシュテットが生粋の古参ナチ党員の武装SS大将だったら・・
などという、とんでもない妄想をしてしまいます。
もし、ヒトラーの政治的/軍事的戦略を理解し、それを実行する能力と
絶対的信頼を得るような将軍が1人でもいたなら、果たしてどうなったのでしょうか・・。

ドイツ軍によるレニングラードの包囲の詳細についてはあまり知られていませんが
そのぶん、この本では特別印象に残ります。
ドイツ第6軍が包囲されたスターリングラードの様子は
様々な本や映画でうかがい知ることはできますが、
2年半もの間、包囲されていたレニングラードの極限状態は恐るべきものです。
軍人たちの戦いというよりも、百万人以上の一般市民が
飢餓をいかに耐え、生き延びたかは非常に興味深く、
同じ著者による「攻防900日」は、この戦史について詳細に書かれているそうで、
ぜひ読破したくなりました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。