So-net無料ブログ作成
検索選択

極限に生きる -疎外され死ぬ以外の権利を剥奪された一団の物語- [戦争小説]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

H.G.コンザリク著の「極限に生きる」を読破しました。

第二次大戦中のドイツ国防軍に3個あったとされる通称「懲罰大隊」の悲惨な運命の物語です。
徴兵逃れをしたとして有罪判決を受け、懲罰大隊送りとなったドイッチュマン医師を主人公に
犯罪者の鏡のようなシュヴァネッケ、柏葉騎士十字章を持つ元少佐、
師団長であった元大佐などが一介の2等兵として登場します。
これだけでもゾクゾクしますね。。しませんか?

極限に生きる.JPG

前線での戦闘経験がないにも係わらず、それを隠して威張り散らす上級曹長や
大隊付き副官の猛烈なシゴキと虐めのなかで、
当初は反目していた2等兵の彼らにも徐々に戦友意識が芽生えていきます。
そんな部下たちを犯罪者ではなく、軍人として扱うことすら許されないことに葛藤する
中隊長オーバーマイヤー中尉の軍人としての理想を追求する姿勢は、
後半、ロシア軍背後への全滅必至の斥候作戦直前の訓示に現れ、
自らも中隊長の責務として部下と共に任務に加わります。

そして、今や部下の2等兵であるものの、尊敬するかつての上官であった元師団長との
最後のやりとりには涙に文字が霞みます。。。
主人公たちにも「これでもか!」というほどの不幸が訪れ、まさに「極限に生きる」悲惨さです。
実際、読みながら思わず「うぁ~~・・!」と声を出してしまいました。
たまに泣くことはあっても、こんなことはこの一度だけです。

同じコンザリク著の「第6軍の心臓」同様に人間味溢れる登場人物たちが
キッチリ描き込まれていることで決して派手さはないものの、
無益に死んでゆく彼ら一人一人に切なさを感じます。
ドイツでは映画化されているそうですが、日本版は発売されていません。
ですが心情がこの物語の命なので、この本より面白い映画であることは恐らく無いでしょう。
コンザリクのなかでは最も手に入りづらい本ですが、5000円以内だったら迷わず購入してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。