So-net無料ブログ作成

ナチからの脱出 -ドイツ軍将校に救出されたユダヤ人- [欧州諸国]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ブライアン・マーク リッグ著の「ナチからの脱出」を読破しました。

1939年のドイツ軍ポーランド侵攻時にその包囲網に取り残された
「超正統派」ユダヤ教指導者をアメリカ側からの要請を受けたドイツ軍が救出したという
ノンフィクションです。

ナチからの脱出.JPG

国防軍防諜本部(アプヴェーア)の本部長のカナリス提督が「やっぱり」という感じで絡んでおり
ユダヤ人の父を持つ、ブロッホ少佐を救出隊長に任命します。
しかし、ポーランド国内でSSを中心としたユダヤ人狩りの嵐が吹き荒れているなかで、
いくら国防軍といえドイツ軍兵士が一般のユダヤ人に「ユダヤ教指導者を助けたいから」と説明して
その隠れ家を聞き出すというのは無理があり、案の定、誰も信じてはくれません。
また、SSに先んじて発見、そして脱出しなければならず
まずベルリンへ行くという意表を付いた脱出行も、途中、数々のSSの検問をかい潜りながらであり
ここら辺はサスペンス物ばりの読み応えがあります。

Wilhelm Canaris.jpg

興味をそそられたのは、このブロッホ少佐のようなユダヤ人の血を持つ軍人でも
ヒトラーの権限により「アーリア化」できたということで、
実際、ブロッホの場合もカナリス提督が申請し「アーリア化」されたとのことです。
しかし戦局の悪化、SDやゲシュタポの権力拡大、さらにヒトラー暗殺未遂事件を頂点として
このようなことはなくなり、ブロッホも当時のロシア戦線における連隊長の地位も
突然解任~退役となっていきます。

なお、著者は前作に「ヒトラーのユダヤ系兵士」という題の本を書いており
邦訳されれば読んでみたいですね。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 3

アナベル・加トー少佐

是非アーサー・ケストラー著「第13支族」=邦題ユダヤ人とは誰か、もあわせてどうぞ。本書を読むと「ユダヤ人狩り」が全く不要な殺戮(でも必要な殺戮って…)であったことに慄然とします、チョビ髭伍長さんが読んでくれてたらねぇ。
ところで自分が明日ユダヤ教徒に改宗したら、自分は「ユダヤ人」ですか?
by アナベル・加トー少佐 (2009-07-11 06:13) 

ヴィトゲンシュタイン

「第13支族」調べてみました。面白そうですね。でも、読むにはまだ自分には勉強が足りなさそうです。
なので代わりではないですが「ナチスになったユダヤ人」という本を買ってしまいました。。。
答え:「ユダヤ人ではない」、いや「日本系ユダヤ人」かな?
by ヴィトゲンシュタイン (2009-07-18 11:52) 

アナベル・加トー少佐

正解=NO、理由:旧約聖書のユダヤ人=本物のユダヤ人=血統的にも宗教的にも正真正銘のユダヤ人を指す。
現代のイスラエルではこの解釈は異なる=単に宗教的なユダヤ人=ユダヤ教徒と表現すべきと思われる=血統的な繋がりはない。
by アナベル・加トー少佐 (2009-07-27 08:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。