So-net無料ブログ作成
検索選択

海の狩人・アトランティス [ドイツ海軍]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

W・フランク/ベルンハルト・ローゲ著の「海の狩人・アトランティス」を読破しました。

1940年4月から連続航海記録ともなる1年半に渡る通商破壊作戦において
22隻撃沈という戦果を挙げた「仮装巡洋艦」アトランティスの戦記です。

通商破壊作戦といえば、Uボートやポケット戦艦の活躍が有名ですが、
地味ながらも連合軍から「海のガラガラヘビ」と恐れられた仮装巡洋艦については
この本以外ではなかなか知ることが出来ません。
アトランティス唯一の艦長であった、ローゲ艦長の一人称で、その偽装の過程から
インド洋、太平洋までも暴れまわり、イギリス巡洋艦に撃沈されるまでを描いています。

海の狩人.JPG

「仮装巡洋艦」というものが一般の商船のフリをして、いざとなると偽装を剥ぎ取り
6インチ砲などで敵国商船を撃沈するという程度のことは知っていましたが、
偽装というものがもっと複雑であって、ある時はロシア船、またある時はノルウェー船、
更には日本船と状況と活動水域などによって様々に変身します。
当然、外見からペンキで色を変えたりと、正に獲物を狙うカメレオンのようです。

Atlantis.jpg

そして重要なのが自らの存在を知られないようにするという欺瞞工作で、
機雷設置もUボートの仕業のように見せかけたり、他の通商破壊船を装うことで
情報の混乱を狙います。
このような欺瞞情報は、結局途中で建造中止となった空母グラーフ・ツェッペリンが
作戦中であるという情報がアトランティスにももたされて、思わず苦笑いしてしまいます。

Bernhard Rogge.jpg

そして長い航海のなかでは、ポケット戦艦グラーフ・シュペー
戦艦ビスマルク撃沈の報も入ってきます。
同じポケット戦艦でもアドミラル・シェアとは途中、会合を行うシーンもあって
あちらの戦記と併せて読むと非常に楽しめます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。