So-net無料ブログ作成
検索選択

ドイツ夜間防空戦 -夜戦エースの回想- [ドイツ空軍]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ヴィルヘルム・ヨーネン著の「ドイツ夜間防空戦」を読破しました。

撃墜数34機の夜間戦闘機エースであるヨーネン大尉の回想録で、非常に面白い1冊です。
原題「星空の決闘」のとおり、英国爆撃機との夜間戦闘の描写がこれでもかと出てきます。

ドイツ夜間防空戦.JPG

レーダーの発達や機種、または戦術の進化により、有利・不利がめまぐるしく変化していき、
また、数百機の爆撃機に対して挑む戦いっぷりも壮絶で、
昼間戦闘機とは違い複座である夜戦は相棒とのやりとりもあって、なにか新鮮です。
ある意味、夜間戦闘機版「始まりと終り」や「Uボート戦史」とも言えるのではないでしょうか。

夜戦のエースパイロットはほとんど知りませんでしたが、著者のヨーネンの騎士十字章をはじめ
剣付柏葉騎士十字章の受章者(宝剣も)も多く、
ヘルムート・レントのようなスーパー・エース達とのちょっとした出会いも随所に出てきます。

wilhelm_johnen.jpg

また、アメリカ軍爆撃機との空中戦の末、中立国スイスへ不時着を余儀なくされた時の話は
特に興味深いものです。
当時のスイス軍の対応や同様に不時着したアメリカ軍爆撃機パイロットとの交流が語られており、
やはりここでもパイロット同士、敵味方を超えた互いの尊敬の念を感じることができます。

sayn-wittgenstein.jpg

そして、ハインリヒ・プリンツ・ツー・ザイン・ヴィトゲンシュタインは2~3頁ほどの登場ですが
なぜか強烈な印象を残します。完全に主役を喰う脇役の典型です。
「Princes of Darkness: Luftwaffe Night Fighter Aces」という洋書が発売されるようで
ぜひ日本版も出してほしいですね。





nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 6

IZM

ヴィトゲンシュタイン様、こんにちは、
昨日歯医者の待合室でこの本を読んでいたら、
ヴィトゲンシュタイン少佐が登場し、一人「おおお!」と椅子から立ち上がりそうになっていました。
なぜこの本をチョイスしたのか、自分でもちょっと謎なのですが
日本(彗星夜襲隊)・ロシア(魔女飛行隊)の後にコレと、あと小説ですがイギリスの「ブラッカムの爆撃機」を読んで、それでもまだ一部しか垣間見ていないのだと思うとつくづく
「巨大な戦争だったなー」と思わされる次第です。
by IZM (2010-11-19 20:30) 

ヴィトゲンシュタイン

ど~も、今日が誕生日の偽ヴィトゲンシュタインです。。。
ハインリヒ・プリンツ・ツー・ザイン・ヴィトゲンシュタインが登場する本は、ホントに少ないんですよねぇ。
自分も出てくると、びっくりします。大抵、前置きなく突然出てきますから・・。
IZM さんのブログにも書かれている「ブラッカムの爆撃機」というは知りませんでした。
ココでは以前に「ワイルド・ブルー」という米爆撃機のノンフィクションを紹介しましたが、英国モノもズバリ「爆撃機」という
レン・デイトンの強烈な小説を近々、読む予定です。
やはり、敵味方双方の苦悩を知りたいですし、もともと、映画でグレゴリー・ペックの「頭上の敵機」やマシュー・モディーンの「メンフィス・ベル」が好きだったということもありますね。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-11-19 21:46) 

IZM

Herzlichen Glueckwunsch zum geburtstag, nachtraeglich!
(遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!)

うちの長男も同じ誕生日ですよー。^^

ブラッカムを読みながら、「メンフィス・ベル」みたいな感じかな???と思っていました。
by IZM (2010-11-20 23:57) 

ヴィトゲンシュタイン

お~と。ありがとうございます。。
1号くんと同じとは、こりゃまた奇遇ですね。

奇遇つながりで言えば、プリンツ・ヴィトゲンシュタインが突然、しかも強烈に出てくる本をちょうど読んでたところだったんで、今回のコメントには焦りました。。なんかバレてんのか??・・なんて。。

週末にでもUP出来るように頑張っています。と言いつつ、ビールに紹興酒と呑んでますが・・・。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-11-22 22:43) 

IZM

昨日電車の中で読破しましたー。
ヴィトゲンシュタイン様がご指摘の通り、
>中立国スイスへ不時着
この箇所は非常に興味深いシーンですね、パイロット同士の交流といい、ゲシュタポの追跡といい。。。。これが実話なところがもう、ツボにはまってしまいます。
あと、個人的にはレーダーを錯乱させるアルミ箔のネタが出てきて「これかあ!」と嬉々としました。
あの細切りのアルミ箔は、ドイツのクリスマスツリーの飾りのルーツになってると、以前旦那が話していまして、そのうち買ってきて、ブログにネタでアプしたいと思っております。
そしてヨーネンがなかなか美しい好青年なのも読んでいて楽しいですね。Ww
過去記事に何度もカキコ失礼いたしました。
by IZM (2010-12-06 18:28) 

ヴィトゲンシュタイン

IZMさん。独破ご苦労様でした。。。
ちょうど今、空軍戦記の感想書いてるとこです。
そして、ココにも 「パイロット同士の交流」が・・。
いつもながら、絶妙なタイミングのコメントでビビります・・。

>ドイツのクリスマスツリーの飾りのルーツ

っていうのも、IZMさんならではのお話ですねぇ。

過去記事も、自分で恥ずかし半分、読み直しが出来るので
遠慮せずにいつでもど~ぞ。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-12-07 20:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。