So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒトラーの親衛隊 [SS/ゲシュタポ]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

グイド・クノップ著の「ヒトラーの親衛隊」を読破しました。

親衛隊をテーマにしたものは日本でもいくつか出版されていますが、
この本はある意味「決定版」と言えるかも知れません。
親衛隊の成り立ちから始まり、ヒムラーの異常な思想についても
1章ガッチリ書かれています。
同じクノップの「ヒトラーの共犯者」におけるヒムラーの章よりボリュームもありますが
残念ながら、重複部分もあるのは否めません。

ヒトラーの親衛隊.JPG

次はラインハルト・ハイドリヒです。これも1章まるまるハイドリヒとなっており、
特に奥さんへのインタビューが印象的です。
これによれば、夫ラインハルトはベッドてもロクに眠れないほど苛まれていたことが
あったようで、決して冷酷なサディストではなかったと証言しています。
個人的にハイドリヒは一番興味ある人物なので、このハイドリヒだけで一冊欲しいくらいです。

Reinhard Heydrich.jpg

この本での最大の山場「髑髏部隊」の章では、強制収容所から
アインザッツグルッペによるユダヤ人大量虐殺についてこれでもかと書かれています。
言葉は悪いですが、ホロコーストに対する入門編としては最適かもしれません。

武装親衛隊についても客観的に述べられており、
例えばヴィットマンの戦車撃破数等についても宣伝である可能性に注意とか、
パンツァー・マイヤーやヨッヘン・パイパーの捕虜殺害命令についても言及しています。

Joachim Peiper.jpg

最後には戦後の秘密組織オデッサについて。
フォーサイスが「オデッサ・ファイル」として書いたことでも良く知られていますね。
ムッソリーニ救出で有名なオットー・スコルツェニーがリーダーであるという
噂に対しても調査をしていますが、結論からいえば、やはり謎の組織のままです。

Otto Skorzeny.jpg

しかし、大量のSS隊員が海外逃亡に成功した大きな理由はヴァチカンと国際赤十字にあり、
オデッサがどれだけのことをしたとしても、所詮アマチュアであるとしています。

この本は日本で2003年の出版ですが、原書も最近のもので親衛隊における最新の調査結果と
いえるでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。