So-net無料ブログ作成
検索選択

大西洋の脅威U99 -トップエース クレッチマー艦長の戦い- [Uボート]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

テレンス・ロバートソンの「大西洋の脅威U99」を再度、読破しました。

第2次大戦中、全海軍における最高の撃沈トン数を誇る大エース、サイレンス・オットーこと
オットー・クレッチマーの戦いの記録です。
興味深いのは、当時ウィンストン・チャーチルをして「Uボートは卑劣な悪漢」と言わしめた
そのUボートの最高のエース、即ち「卑劣極まる大悪漢」であるクレッチマーの物語を
終戦からたった10年後にその敵国が発表したということです。

U99.JPG

訓練生時代には、後に戦艦ロイヤルオーク撃沈して一躍名をはせるギュンター・プリーン
同じくエースとなったヨアヒム・シェプケがおり、個性もまちまちな彼らは仲間として、
時にはライバルとして開戦初期に大きな戦果を挙げていきます。

Otto Kretschmer.jpg

特にクレッチマーは夜の闇に紛れて、浮上したまま船団内に突入し、
「一雷一隻」という文字通りの独自の戦術を編み出したことで、Uボート戦術に革命を起こし
(クレッチマー行進曲まで出来る始末)、Uボート指令デーニッツにも高く評価され、
司令部任務を打診されますが、彼は断り続けます。

u_99.jpg

やがて1941年3月の運命の哨戒において、U47のプリーンとU100のシェプケが撃沈されますが、
U99のクレッチマーはなんとか生き延び、英国の捕虜となります。
特にシェプケの戦死は壮絶で、何度読んでも胸が痛くなります。。
後半は捕虜収容所での生活が描かれますが、なにか映画「大脱走」のドイツ版という雰囲気です。

schepke.jpg

Uボート戦記としては入門編とも言えるもので、この道を志す人は必ず一読すべきでしょう。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

アナベル・加トー少佐

数年前にあるオーストラリア人の苗字を知ったとき、まさかと思いつつ(メールで)質問したところ、「そうクレッチュマー艦長は自分の一族のものであるが、直接のではない。自分の父は軍医でロンメルのアフリカ軍団で勤務していた」との回答を得ました。(実話)
質問は「貴殿の苗字を自分は昔から知っている、ある高名なUボート艦長と同名なのだが、家族の方であるか」というものでした。
by アナベル・加トー少佐 (2009-07-11 06:30) 

ヴィトゲンシュタイン

クレッチュマーですか。。。自分も発音的にはそう思っています。
このブログは本のブログなので、極力、当該本の表記を使用していますが、例えば「ガラント」、「ガーランド」や「ヒトラー」と「ヒットラー」、「ハイドリヒ」と「ハイドリッヒ」と統一するのに結構悩みます。
ネイティブに近いのも良いんですが、なるべく現在の日本で一般的なものを選択しています。
でも、アフリカ軍団の軍医とはすごい話ですね。
by ヴィトゲンシュタイン (2009-07-18 11:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。