So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒトラーの共犯者(下) -12人の側近たち- [ヒトラーの側近たち]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

グイド・クノップ著の「ヒトラーの共犯者(下)」を読破しました。

アイヒマン、シーラッハ、ボルマン、リッベントロップ、フライスラー、メンゲレという
上巻に比べるとややマイナー?なメンバー構成ですが、この本以外では
なかなか主役としてはお目にかかれないメンバーでもあり、大変勉強になりました。

共犯者下.JPG

アイヒマンとメンゲレはホロコースト、特にアウシュヴィッツ関連に良く登場しますし、
シーラッハもヒトラー・ユーゲント関連、ボルマンも「ヒトラー最後の・・」系には欠かさず、
リッベントロップも「ヒトラーの外交官」という本が出ています。

ということで、個人的には裁判所長官のフライスラーがとても興味深く読めました。
映画「白バラの祈り」でも特別に印象的な、サディスティック極まりない裁判官として登場しましたが
(あの役者「アンドレ・ヘンニック」さんは「ヒトラー最後の12日間」ではモーンケSS少将を演じてます。
さらにTVドラマの「GSG-9」でもレギュラーの隊長役です。異常にアクが強い方です)、

白バラ.jpg

この本の写真を見ると、負けず劣らず悪そうな顔をしています。
特に眼つきは尋常じゃありません。
もともとナチ党専属の弁護士としてヒトラーに従い、政権獲得後に長官に登りつめたという人物です。

Freisler.jpg

しかし、ヒトラー側近を含むナチ党員や軍人、国民の誰からも嫌われていたということや
ヒトラー本人からもほとんど相手にされないなかで、良くソコまで出世したものです。
そこら辺の出世欲と策士っぷりもしっかりと書かれてはいますが・・。
結果的には「戦死」してしまいますが、もし、終戦まで生き延び「ニュルンベルク裁判」に立たされたら、
いったい何をどのように喋ったのでしょうか?
自己保身に走ったのか、それとも古参ナチ党員としてプライドを見せたのでしょうか?
いずれにしても「死刑」は免れなかったでしょうが。。。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。