So-net無料ブログ作成
検索選択

砂漠の狐を狩れ [戦争小説]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

スティーヴン・プレスフィールド著の「砂漠の狐を狩れ」を読破しました。

たまには気分を変えて「小説」です。
最近、本屋さんで偶然見かけましてタイトルだけで飛びつきました。
実際、北アフリカ戦線では英国軍がロンメル殺害を目論んだものの
見事、失敗に終わったという作戦は有名で、一見その話かとも思いましたが
本書の作戦はまったく別のフィクションでした。

砂漠の狐を狩れ.JPG

英国軍の「長距離砂漠挺身隊」へ配属となった主人公の若者が、
砂漠での様々な困難と葛藤を乗り越え、指揮官として一人前になっていくという物語で
発足間もない「SAS」との共同作戦による特殊部隊ものという見方もできるでしょう。

よく云われる「騎士道精神」に則った両軍の戦い方も伝わってきますが、
やはり、そこは戦争。凄惨な殺し合いになる場面もあり、主人公も苦悩します。

Rommel.jpg

後半は「このタイトルはどうなったの?」と思わせる展開となっていきますが、
最後にはある意味どんでん返しが待っています。
とは言っても、もちろん見事ロンメルを殺害し、ミッション・コンプリートとなるわけがありませんが・・。
できればこの本を読む前に「砂漠のキツネ」や「ロンメル将軍」などを読んでおきたいですね。

すでに有名な映画プロデューサーである、ジェリー・ブラッカイマーが映画化権を獲得し
著者のプレスフィールドと「ブレイブハート」のランドール・ウォレスが脚本を書くということです。
ロンメル役は誰になりますかね?
今なら「エド・ハリス」なんて最高だと思うんですけど・・。

エド・ハリス_スターリングラード.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。