So-net無料ブログ作成
検索選択

呪われた海 ―ドイツ海軍戦闘記録― [ドイツ海軍]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

カーユス・ベッカー 著の「呪われた海」を読破しました。

第二次大戦におけるドイツ海軍滅亡史とも言える内容で
特に1939~1942までの水上艦における戦いが詳細に書かれています。
勿論、Uボート戦についてや終戦間近の避難民救出まで書かれていますが
この本のテーマは如何にしてドイツ海軍は敗れたのかであり、
それは戦争初期から始まっていたということが良くわかります。

呪われた海.JPG

ヒトラーに振り回される海軍指令レーダー元帥、その元帥も基本は戦艦巨砲主義であり
航空機による戦艦への攻撃や制空権の確保、Uボートの重要性を理解しておらず、
また、その性格において部下の提督との本音でのコミニュケーション不足から
いくつかの作戦が失敗となったことが原因とされています。

erich_raeder.jpg

航空機に関しては海軍航空隊の創設や空軍の偵察などの要望は挙げるものの
やっぱり登場の国家元帥ゲーリングによって水泡に帰してしまいます。
しかし改めて感じたのは、戦争初期の陸海空による兵器生産の重要性です。
この本ではヒトラーは陸のことしか知らず、海図を見ると気分が悪くなるほどだとして
ソ連侵攻を目指して戦車等の生産に比重を置き、
イギリス本土上陸のあしか作戦などはまったくやる気はなし。
ソ連を屈服させることで、イギリスも和解に応じるだろうという考えだったとしています。

このような上層部の軋轢以外にも
巡洋戦艦シャルンホルストとグナイゼナウ
ポケット戦艦アドミラル・シェアグラーフ・シュペー
そして戦艦ビスマルクとティルピッツという有名艦の戦い。
さらには駆逐艦などのマイナー艦の奮戦ぶりも伝わってきます。
巻末の付録もなかなか充実しています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。