So-net無料ブログ作成

ナチスドイツ支配民族創出計画 [SS/ゲシュタポ]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

キャトリーン・クレイ著の「ナチスドイツ支配民族創出計画」を読破しました。

なにやら仰々しいタイトルですが、いわゆる「レーベンスボルン(生命の泉)」として
知られる計画を扱った一冊です。
この計画とは、人種として優れているとする「北方アーリア人種」を支配人種として
作り上げようという「生殖計画」のことで
ユダヤ人絶滅計画(ホロコースト)の表裏をなすものとされています。

支配民族創出計画.JPG

SS全国指導者ヒムラーの妄想的な構想により1935年に創設された当初は
エリートとして選ばれたSS隊員を対象とし、こちらも厳格な検査をパスした
女性を相手に性交、及び出産から保育までを計画的に行う
「生命の泉」ホームとしてドイツ国内数箇所で運営されていました。
しかし、いくらSS隊員といってもほとんどがキリスト教徒として育っていることもあってか
実際のところヒムラーの求める出産率には遠く及ばず、
しかも部外者からは「SSの売春宿」的なイメージも持たれていたようです。

そして開戦後はポーランドなどの占領国における金髪、青い目等の複数の
人種的要素を満たしている子供を強制的に拉致し、「ドイツ化」して
そうとは知らぬドイツ人夫婦に養子に出すというプランに変更していきます。

Himmler.jpg

この本では、「ドイツ化」された過去を持つ生存者からインタビューを行い、
その実態を暴いていきます。
特に戦後、ポーランドの母親が拉致された子供の行方を突き止め、
現在のドイツ人の親に対し、子供の返還を求めるあたりは双方の親にとって
悲惨な現実であり、いきなり事実を突きつけられた子供もまた然りです。
なにやら北朝鮮の拉致問題を彷彿とさせられました。

また、このような健全な血統で人類を改良しようという「優生学理論」は
ナチ固有のものではなく、19世紀から存在・研究され、
特にアメリカなどでは顕著であったということです。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

IZM

結局年をまたいで数日前にようやっと独破しました。色んな意味でよむのが辛い本で、苦い読後感でございます。。。
冷戦に突入して、各国の政治が優先されて誘拐された子どもの捜索が難航したなんていうのは今の世界の色んな問題もこんな風に対処されているんだなあ、人権ってなんなんだ、と一人悶々としてしまいますね。というわけで、過去記事にカキコ失礼しました。
by IZM (2013-01-16 00:47) 

ヴィトゲンシュタイン

ご苦労様でした。
戦後、ポーランドの母親が拉致された子供の行方を突き止め、
っていうところは、ボクも印象的でしたねぇ。特に女性やお子さんをお持ちの方には、よりシンドイ展開だと思います。
このレーベンスボルンでは「ぼくはナチにさらわれた」という本もあるんですが、なかなか読んでみる気が起きません。。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-01-16 07:00) 

IZM

この本で気になる箇所があったので、記事にしました。こちらにリンクさせて頂きましたのでご報告。
by IZM (2013-02-13 06:55) 

ヴィトゲンシュタイン

記事、拝見しました。
ユダヤ人との混血問題も、結局は、英米のパクリってトコがありますね。
変な人がまた喰いついてこないことを祈ります。。
by ヴィトゲンシュタイン (2013-02-13 07:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。