So-net無料ブログ作成
検索選択

アウシュヴィッツ収容所 [収容所/捕虜]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

ルドルフ・ヘス著の「アウシュヴィッツ収容所」を読破しました。

史上、最も悪名高き強制収容所、またはユダヤ人絶滅収容所
「アウシュヴィッツ」の所長であったルドルフ・ヘスの手記であり、死刑直前の回想録です。

アウシュヴィッツ.JPG

自身の生い立ちから始まり、ワイマール共和国時代に政治犯として
収容所に収監されたことが、後の彼に多大な影響を与えることとなります。
やがて兵士を志し親衛隊に入隊するも「トーテンコプフ部隊」への配属となってしまい
いくつかの収容所において、強制収容所システムを創りあげた
テオドール・アイケ将軍のもとで心ならずも出世していきます。

ヘスとヒムラー.jpg

そしてSS全国指導者ヒムラーから直々に
巨大収容所「アウシュヴィッツ」の設立を任されます。
やがてユダヤ人絶滅命令が発せられ、責任者であるアイヒマンと共に
様々な効率的な大量殺害方法を検討する様子や、
実際のガス室での大量殺害の模様に立ち会っていた状況も生々しく語られます。

ルドルフ・ヘス.jpg

興味深かったのは、このアウシュヴィッツのような巨大収容所運営という観点から
所長、副所長、或いは各々の部下の役割をいかにもその道のプロの如く
淡々と解説するあたりは、自ら構築した運営方法を見事なものとして
自慢しているようにさえ感じるところです。
また、以前ヘス自身が被収容者であった経験が、
収容者心理を自然に分析できるという強みでもあったようです。

ちなみに彼は、この後「アウシュヴィッツ収容所」で絞首刑に処せられました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。