So-net無料ブログ作成

ゲーリング -第三帝国の演出者ー [ヒトラーの側近たち]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

レナード・モズレー著の「ゲーリング」を読破しました。

ゲーリングといえば、ある意味ナチス第三帝国の象徴(一般的イメージのひとつ)でもあり、
それは道楽者、大言壮語、モルヒネ中毒、権力欲、見栄っ張りなどのキーワードに事欠きません。
また、第三帝国関連の数々の著書に登場しますが、常に悪役としてであり、
なかにはかなり辛らつなものも珍しくありません。
この本はそんなゲーリングの伝記であり、著者はイギリスの新聞社のベルリン特派員で
個人的にもゲーリングと面識があり、この伝記を書くにあたっては、ゲーリングの2番目の妻や
義理の息子、ガーランドやミルヒ、シュペーアなどの協力を得ています。

ゲーリング.JPG

上巻は彼の生い立ちから始まり、第一次世界大戦での活躍、敗戦後の放浪と続き
最初の妻となるカーリンとの出会いが大恋愛と発展します。
時同じくして運命的なヒトラーとの出会い、そして病弱な妻を支えながら
ナチ党のために全力を傾けていきます。
しかし、その成功の陰で最愛の妻の死が訪れます。

続く下巻はポーランド侵攻からニュルンベルク裁判における絞首刑前日の服毒自殺までの
彼の絶頂期からその謎の最後までをゲーリングを中心に第三帝国の攻防を描いてます。

ヘルマン・ゲーリング.jpg

個人的な読みどころは、上巻部分のリヒトホーフェン編隊指揮官に任命される過程や
モルヒネ中毒との闘い、そして妻・カーリンとの愛と死というそれほど知られていない
青年期の部分です。
これらの出来事は良くも悪くも、最後まで彼の人生に大きな影響をもたらしていたと感じます。
肯定的でも否定的でもない、非常に良く出来た伝記ではないでしょうか。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。