So-net無料ブログ作成

不屈の鉄十字エース [ドイツ空軍]

ど~も。ヴィトゲンシュタインです。

レイモンド・F. トリヴァー著の「不屈の鉄十字エース」を読破しました。

いかにも昔風の凄いタイトルですが、この本とエーリッヒ・ハルトマンの生涯を良く表わしています。
東部戦線での撃墜数352機で史上最多を誇り、ソ連側からは「黒い悪魔」という異名を頂戴するも
仲間内では「ベイブ」という愛称の童顔な若者ハルトマン。
彼が東部戦線に配属され、先任軍曹から飛行気乗りとしてのイロハを教わるうちに、
独自の撃墜法をみ出していきます。
バルクホルン等の他のエース達と撃墜数を競い合い、終戦間近にはガーランド中将から
あの「第44ジェット戦闘団」への転入を打診されますが、これを断り、
最終的にはソ連側の捕虜となってしまいます。
と、ここまでがタイトルの「鉄十字エース」の部分に当たります。

不屈の鉄十字エース.JPG

そしてここから後半が文字通り「不屈」である捕虜収容所での戦い。
過酷な収容所生活であるのはご多分に洩れないが、将校であり、
偉大な鉄十字エースであるハルトマンを転向させようと、
ソ連側はあの手この手を駆使しますが、同僚のエースが屈する中、
決して帰国を諦めることなく、10年余の歳月を捕虜のエースとして戦い続けます。
上官であり、ハルトマンと同様にダイヤモンド章受賞者であるヘルマン・グラーフ中佐は、
早々に屈服したことで、大エースであるにもかかわらず、
現在も「裏切り者」呼ばわりされていますが、その経緯も書かれています。
戦後生まれの人間がこれを簡単に裏切り行為と言えるのかと正直思います。

ハルトマン.JPG

彼の騎士鉄十字章受勲時の屈託の無い笑顔などを別の本で見ると、
とてもこのような精神力の持ち主とは思えません。
写真が盛り沢山の「空のエースパイロット/エーリッヒ・ハルトマン」と
ぜひ併せて読み返したい名作です。

ちなみに以前は朝日ソノラマから「航空戦史シリーズ」として発行されていましたが、現在、
学研M文庫から「撃墜王エーリッヒ・ハルトマンの半生」という副題が付いて再刊されています。
まぁ、名作ですからね。





nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 3

IZM

ヴィトゲンシュタインさん、こんばんは!
今日やっとこの本を読み終えました。自分は後半の「不屈パート」から読み始め、それから前半の「エースパート」、さらに後半をおさらいでもう一回読み、ハルトマンの不屈っぷりをしっかり堪能しました。私はこういう人間の底力みたいな部分を読みたくて、戦記ものや自伝を読んでいるわけなんですが、かなりの満足度です。
こんな生粋の「ゲルマン魂」って、現在の日常生活では目の当たりには出来ませんから、こんなにすごいドイツ人がかつていたという事が知れて、本当に良かったです。
素敵な言葉が沢山つまった本でしたね。
時々開いてみたくなる一冊になると思います。

by IZM (2010-06-14 05:52) 

ヴィトゲンシュタイン

IZMさん、こんばんわ。
なんか自分もハルトマン読み返したくなってきましたねぇ。

IZMさんのブログ、お邪魔してみました。。。
by ヴィトゲンシュタイン (2010-06-14 18:50) 

通りすがりの町人

はじめまして、大阪南部在住の歴史&兵器マニアなオヤジです。ヘルマングラーフ氏の早期転向については ホンマ戦後生まれのそれも収容所経験もない外野の我々がとやかく言えませんよね。(−_−;)早期でも長期抵抗でも苦難されたのかもです。 夜戦パイロットのハンネ繋がりではないですが ウィルヘルムヨーネン氏の本読みました。
by 通りすがりの町人 (2017-11-19 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。